研究者
J-GLOBAL ID:200901085319839376   更新日: 2020年01月10日

曽根 康雄

ソネ ヤスオ | SONE YASUO
所属機関・部署:
職名: 教授
論文 (19件):
  • 「中国をめぐる国際資本移動:対外資本取引開放の現状と課題」. 国宗浩三編『国際資本移動と東アジアの新興市場諸国 調査研究報告書』アジア経済研究所. 2009. 67-86
  • 「香港・中国経済関係の変容」. 『東亜』2017年8月号. 2017. 30-41
  • 「金融システム市場化改革の行方:交錯する期待とリスク」. 『日中経協ジャーナル』2014年5月号. 2014. 16-19
  • 「金融の対外開放政策と制度」. 『NIHU現代中国早稲田大学拠点WICCS研究シリーズ,改革開放以後の経済制度・政策の変遷とその評価』. 2011. 139-157
  • 「米中経済関係と人民元改革の行方」. 霞山会『東亜』. 2010. 22-32
もっと見る
MISC (3件):
  • 曽根康雄. 「人民元”国際化”の進展と限界」. アジア研究シリーズ『習近平政権第1期総括』. 2019. Mo.100. 93-120
  • 「中国の資本自由化と証券市場」. 『月刊資本市場』2015年3月号(No.355). 2015. 26-34
  • 曽根康雄. 「中国の金融システム改革のジレンマ」. 『東亜』2013年12月号. 2013. 28-37
書籍 (14件):
  • 『中国は先進国か』
    勁草書房 2008
  • 『現代中国を知るための50章』(第3版)
    明石書店 2008 ISBN:978-4-7503-2822-5
  • 『国際資金移動と東アジア新興国の経済構造変化』
    ジェトロ・アジア経済研究所 2010
  • 『現代中国経済論』
    ミネルヴァ書房 2011 ISBN:978-4-623-05876-1
  • 『中国経済の実像とゆくえ』
    ジェトロ 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (17件):
  • 返還10年目の香港経済-その新たな役割
    (日本経済研究センター 2007)
  • 持続的発展を目指す中国
    (日本大学経済学部中国・アジア研究センター,公開シンポジウム「中国・東アジアの成長と日本の展望」 2008)
  • 中国資産バブル崩壊の影響
    (日本経済研究センター 2008)
  • 改革開放30周年を迎える中国経済
    (東外大・外語会合同公開講座/文京区民大学連携講座 2008)
  • 中国の資産価格に関する考察:”バブル”崩壊の影響
    (中国経済学会学術研究会(東日本部会) 2008)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2005 北九州市立大学 社会システム研究科 東アジア社会研究
学位 (2件):
  • 博士(学術) (北九州市立大学)
  • 修士(国際学) (東京外国語大学)
経歴 (9件):
  • 1987/04 - 1990/12 野村総合研究所(株),財務開発部,アジア調査部,研究員
  • 1991/01 - 1998/09 野村総合研究所(香港)有限公司,エコノミスト
  • 1998/10 - 1999/09 中国・清華大学経済管理学院 客員研究員
  • 1999/10 - 1999/12 野村総合研究所(株)経済調査部,主任研究員
  • 1999/12 - 2004/03 野村アセットマネジメント(株),経済調査部,シニア・エコノミスト
全件表示
所属学会 (4件):
中国経営管理学会 ,  中国経済学会 ,  アジア政経学会 ,  日本国際政治学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る