研究者
J-GLOBAL ID:200901085351673048   更新日: 2020年05月12日

大石 高志

オオイシ タカシ | Oishi Takashi
所属機関・部署:
研究分野 (3件): 国際関係論 ,  地域研究 ,  アジア史、アフリカ史
研究キーワード (21件): 環インド洋地域 ,  グローバル・ヒストリー ,  イスラーム ,  燐寸(マッチ) ,  移民 ,  近代アジア ,  タバコ ,  嗜好品 ,  食糧 ,  ガラス製品 ,  プランテーション ,  装身具 ,  ジェンダー ,  消費 ,  神戸 ,  アジア間貿易 ,  ナショナリズム ,  ムスリム ,  インド人商人 ,  植民地主義 ,  インド
論文 (11件):
  • 大石 高志, 神田 さやこ. 問題提起:20世紀前半におけるインド社会経済の変容と日印貿易関係:消費、表象、アイデンティティ. 社会経済史学. 2016. 82. 3. 3-9
  • 大石 高志. 近代インドの社会動態と日本製輸出雑貨との連関:摸倣・模造・差別化の中の装身品. 社会経済史学. 2016. 82. 3. 11-34
  • 大石 高志. 近現代インドにおけるビーディー:歴史と文化. 公益財団法人たばこ総合研究センター(TASC)『公益財団法人たばこ総合研究センター助成研究報告書(平成27年度)』. 2016. 108-131
  • 大石 高志. 「ヒラーファト運動とムスリム商人・起業家のネットワーク」. 『南アジアとイスラーム:知的ネットワークと民衆運動』(NIHU Research Series of South Asia and Islam 1)人間文化研究機構「南アジアとイスラーム」. 2013. 51-66
  • 大石 高志. 「ムスリムにおけるアイデンティティの複合性とその物象化:マッチ・ラベルからの検証」. 『南アジア研究』(Journal of the Japanese Association for South Asian Studies). 2010. 22. 327-342
もっと見る
書籍 (4件):
  • 田辺明生・杉原薫・脇村孝平編『現代インド第1巻:多様性社会の挑戦』
    東京大学出版会 2015
  • 遠藤乾編『グローバル・ガバナンスの最前線:現在と過去のあいだ』(学振選書:未来を拓く人文社会科学7)
    東信堂 2008
  • 秋田茂編著『パクス・ブリタニカとイギリス帝国<イギリス帝国と20世紀1>』
    ミネルヴァ書房 2004
  • 黒崎卓・子島進・山根聡編『現代パキスタン分析:民族・国民・国家』
    岩波書店 2004
講演・口頭発表等 (15件):
  • 「近代日本のマッチ製造業とアジア市場との接続:兵庫県中西部の中小工場群に関する社会経済史的分析」
    (社会経済史学会 第87回全国大会(大阪大学) 2018)
  • 「インド人移民・商人の広域ネットワークと環インド世界における還流:環境・生存問題への端緒的アプローチ」
    (地球環境学総合地球環境学研究所平成29年度インキュベーション研究(IS)「環インド洋熱帯地域における複数発展径路と自然環境-比較と連関」第四回研究会 2018)
  • 「神戸/兵庫県における輸出地場産業としてのマッチ製造業:外国人商人との連携」
    (神戸華僑華人研究会創立30周年記念シンポジウム「グローバル神戸の越境力」(於:中華会館(神戸)) 2017)
  • 「国内市場志向型商品の台頭と近代インド:資源・環境、産業、消費」&「国内市場志向型商品としてのビーリー(bidi)の台頭:製造、流通、消費」
    (NIHU「南アジア地域研究」京都大学中心拠点(KINDAS)研究グループ1-B「南アジアの開放経済」研究会:「開放性と多様性のなかの経済・社会:植民地期インドを焦点にして」(於:京都大学) 2017)
  • “Western, Indian and Chinese Merchants in Modern Kobe: Gendered Cultures in the Sojourner life”
    (神戸大学海港都市研究センター&ポーツマツ大学PTUC「交差する海港都市:神戸、ポーツマス、その歴史と可能性」(於:神戸大学) 2017)
もっと見る
経歴 (1件):
  • - 現在 神戸市外国語大学
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る