研究者
J-GLOBAL ID:200901085499566933   更新日: 2019年11月29日

竹野 幸夫

タケノ サチオ | Takeno Sachio
所属機関・部署:
職名: 教授
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2013 - 2015 鼻副鼻腔における一酸化窒素のバイオモニタリングによる好酸球性炎症の解析
  • 2010 - 2012 自然免疫応答からみた好酸球性副鼻腔炎の病態と一酸化窒素産生機構の解析
  • 2006 - 2007 転写因子の制御機構を介した好酸球性副鼻腔炎に対するステロイドの有効性に関する解析
  • 2003 - 2004 アレルギー性炎症が鼻副鼻腔炎の難治化に及ぼす影響についての分子生物学的解析
  • 2002 - 2003 転写因子制御からみた鼻副鼻腔炎における好酸球浸潤機構の解析
全件表示
論文 (205件):
  • 竹野 幸夫. Maxillary sinus hypolasia -Embryology and radiology-. 1993. 119. 1353-1357
  • 竹野 幸夫. Carboplatin ototoxicity : an animal model. 1993. 107. 585-589
  • 竹野 幸夫. Developmental plasticity of central auditory pathways : frequency representation after neonatal high frequency hearing loss. 1993. 21. 129-130
  • 竹野 幸夫. Tissue culture of middle ear epithelium using fibroblast-reorganized collagen gels. 1993. 22. 380-384
  • 竹野 幸夫. Cochlear function after selective inner hair cell degeneration inducecl by carboplatin. 1994. 75. 93-102
もっと見る
書籍 (35件):
  • スギ花粉症に対するCO2レーザーによる下鼻甲介粘膜焼灼術の治療効果-鼻腔容積変化率による検討。
    アレルギーの臨床
  • 気道における一酸化窒素(NO)の産生とその機能的意義。
    第1回鎌倉カンファレンス記録集
  • 鼻アレルギーの病態と治療。
    安佐医師会会報
  • 副鼻腔粘膜におけるサイトカイン発現と好酸球浸潤との関連についての検討。
    第19回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会発表抄録集
  • 副鼻腔粘膜における一酸化窒素合成酵素(NOS)の発現と分布。
    第19回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会発表抄録集
もっと見る
講演・口頭発表等 (33件):
  • 「鼻と花粉症・アレルギーについて」
    (日本アレルギー協会中国支部開催 アレルギー週間の集い 2018 in広島)
  • シンポジウム「小児副鼻腔炎の変遷と最近の治療の現況」 1.疫学的にみた変遷と病態の変化。
    (第33回日本小児耳鼻咽喉科研究会 1995)
  • シンポジウム「鼻粘膜における防御反射のメカニズム」 線毛上皮における局所防御機能とNO -生理的局所防御反射のdynamics-。
    (第35回鼻科学基礎問題研究会 1999)
  • シンポジウム「鼻アレルギー ?難治化とその背景-」 副鼻腔炎合併例。
    (第13回日本アレルギー学会春季臨床大会 2001)
  • シンポジウム「エビデンスに基づいたエアロゾル療法」 副鼻腔陰影に及ぼすエアロゾル療法の効果。
    (第25回日本医用エアロゾル研究会 2001)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1981 - 1987 京都大学 医学部
  • 1987 - 1991 広島大学 医学系研究科 耳鼻咽喉科学専攻
  • 1992 - 1994 トロント大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (広島大学)
経歴 (4件):
  • 2004/01/01 - 2005/03/31 広島大学 講師
  • 2005/04/01 - 2018/03/31 広島大学 准教授
  • 2018/04/01 - 2019/03/31 広島大学 教授
  • 1996/04/01 - 帝京大学 助手
委員歴 (3件):
  • 2013/04 - 日本耳鼻咽喉科学会 日本耳鼻咽喉科学会代議員
  • 2013/08 - 2017/07 日本鼻科学会 日本鼻科学会 代議員
  • 2018/04 - 日本耳鼻咽喉科学会 広島県地方部会
受賞 (4件):
  • 2004 - 日本鼻科学会 第11回日本鼻科学会賞 受賞 (2004年度)
  • 1994 - University of Toronto The Best Presentation in the category of Work undertahen by Post-Residency Research Fellows. The Annual Departmental Aca
  • 2002 - 広仁会 第20回広仁会賞 受賞 (2002年度)
  • 1995 - University of Toronto The Best Presentation in the category of Work undertahen by Post-Residency Research Fellows. The Annual Departmental Aca
所属学会 (6件):
日本耳鼻咽喉科学会 ,  日本アレルギー学会 ,  ARO ,  日本鼻科学会 ,  日本耳科学会 ,  日本頭頸部外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る