研究者
J-GLOBAL ID:200901085644817729   更新日: 2021年03月13日

越後屋 朗

エチゴヤ アキラ | Echigoya Akira
所属機関・部署:
職名: 博士後期課程教授
研究分野 (1件): 宗教学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2002 - 2005 メキドにおけるVI層-AとV層-A-IV層-Bの年代決定についての研究
  • Study on the Formation of the Book of Isaiah
  • イザヤ書の成立に関する研究
論文 (7件):
  • 越後屋 朗. 「エフド物語(士師記3章12-30節)解釈 -エフドによるエグロン殺害状況についての一考察-」. 『基督教研究』. 2008. 70. 2. 17-33
  • 越後屋 朗. ヘブライ語聖書の史実性-テル・メギドでの発掘調査から-. 基督教研究. 2002. 64. 2. 1-16
  • 越後屋 朗. イザヤ書36-39章と列王記下18:13-20:19、どちらが先か?. 基督教研究. 2002. 64. 1. 1-13
  • 越後屋 朗. ヘブライ語聖書とコンコーダンス. 基督教研究. 1999. 60. 2. 43480
  • 越後屋 朗. イザヤ書48:1-11の編集形態. 基督教研究. 1995. 56. 2. 11-31
もっと見る
MISC (4件):
  • The Hebrew Bible and the Concordance. Studies in the Christian Religion. 1999. 60. 2. 43480
  • The Redaction Process in Isaiah 48 : 1-11. Studies in the Christian Religion. 1995. 56. 2. 11-31
  • The Book of Isaiah in Recent Research. Studies in the Christian Religion. 1993. 55. 1. 18-37
  • A Brief History of the Studies on the Book of Deutero-Isaiah (Isaiah 40-55). Studies in the Christian Religion. 1992. 54. 1. 26-54
書籍 (4件):
  • トイレ学大事典
    柏書房 2015 ISBN:9784760146086
  • (翻訳)『発掘された聖書 -最新の考古学が明かす聖書の真実-』
    教文館 2009
  • 『ユダヤ教・キリスト教・イスラームは共存できるか -一神教世界の現在-』
    明石書店 2008
  • 新共同訳 旧約聖書注解 I
    日本基督教団出版局 1996
講演・口頭発表等 (2件):
  • 「エフド物語(士師記3章12-30節)の翻訳について」
    (日本聖書翻訳研究会 2008)
  • 「『ダビデ王宮』について -エイラート・マザールによる発掘調査報告書から-」
    (日本基督教学会近畿支部会 2008)
学歴 (8件):
  • - 1994 ヴァンダービルト大学 ヘブライ語聖書専攻
  • - 1994 Vanderbilt University
  • - 1992 同志社大学
  • - 1992 同志社大学
  • - 1985 同志社大学
全件表示
学位 (2件):
  • Ph.D. (ヴァンダ-ビルト大学)
  • 神学修士 (同志社大学)
所属学会 (3件):
聖書学会 ,  旧約聖書学会 ,  SOCIETY OF BIBLICAL LITERATURE
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る