研究者
J-GLOBAL ID:200901085722705819   更新日: 2020年09月01日

甲斐 雅亮

カイ マサアキ | Kai Masaaki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): その他 ,  薬系分析、物理化学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 1998 - 核酸、タンパク質、ペプチド、アミノ酸の高感度分析と解析法
  • -
MISC (147件):
特許 (1件):
書籍 (21件):
  • [第3版]薬学物理化学演習
    (株)廣川書店 2011
  • 改訂六版 分析化学便覧
    丸善出版(株) 2011
  • 薬学物理化学[第5版]
    (株)廣川書店 2010
  • ベーシック分析化学
    (株)化学同人 2006
  • 薬学物理化学演習[第2版]
    (株)廣川書店 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (109件):
  • Inhibition of HIV-1 Protease Expression in T cells Using CD4 aptamer-siRNA Chimeras
    (第28回日本薬学会九州支部大会 2011)
  • タンパク質マルチラベル化高分子の合成及び化学発光検出プローブとしての応用
    (生物発光化学発光研究会第28回学術講演会 2011)
  • 3-メチルベンズアミドオキシムを用いた尿中ウラシル定量法およびジヒドロピリミジン脱水素酵素欠損症診断への応用
    (日本分析化学会第60年会 2011)
  • Determination of collagen in mammalian tissue by a novel fluorescence reaction
    (日本分析化学会第60年会 2011)
  • カスパーゼ3および8活性の新規蛍光測定法の開発
    (日本分析化学会第60年会 2011)
もっと見る
Works (5件):
  • エイズウイルスの変異と薬剤耐性を識別する検査法の開発
    2011 - 2013
  • 発光性アプタマーを用いる異常プリオンタンパク質の新検査法の開発
    2007 - 2011
  • プロテインチップに用いる新しい蛍光検出反応の開発
    2005 - 2007
  • 生体アミン関連物質の解析と機能
    2002 -
  • 発光検出法の開発と応用
    2000 -
学位 (1件):
  • 薬学博士 (九州大学)
経歴 (4件):
  • 1998 - 2002 長崎大学薬学部 教授
  • 1998 - 2002 Professor,School of Pharmaceutical Sciences,Nagasaki University
  • 2002 - 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科(薬学系) 教授
  • 2002 - Professor,Graduate School of Biomedical Science,Graduate School of Biomedical Sciences,Nagasaki University
委員歴 (8件):
  • 2011 - 2012 日本分析化学会 九州支部 支部長
  • 2010 - 2011 日本分析化学会 九州支部 次期支部長
  • 2011 - 日本薬学会 学会費等審査委員
  • 2008 - 2009 日本分析化学会 九州支部 常任幹事
  • 2004 - 2007 日本薬学会 代議員
全件表示
受賞 (1件):
  • 1986 - 日本分析化学会奨励賞
所属学会 (9件):
日本クロマトグラフィー科学会 ,  日本生化学会 ,  日本化学会 ,  アメリカ化学会(American Chemical Society) ,  日本臨床化学会 ,  日本分析化学会 ,  日本薬学会 ,  The Japan Society for Analytical Chemistry ,  The Pharmaceutical Society of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る