研究者
J-GLOBAL ID:200901085959406336   更新日: 2021年01月07日

川上 竜巳

カワカミ リュウシ | Kawakami Ryushi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 構造生物化学 ,  応用生物化学 ,  応用微生物学
研究キーワード (4件): 遺伝子工学 ,  構造生物学 ,  極限環境生物学 ,  酵素化学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2023 遺伝子発現とアミノ酸動態の解析によるD-アミノ酸誘導性タンパク質発現の解明
  • 2012 - 2014 血清中の外因性プロリン除去技術の開発
  • 2009 - 2010 超好熱アーキアのL-プロリン脱水素酵素複合体の機能構造解析と電子伝達機構の解明
論文 (44件):
  • Hanif Ali, Ryouhei Yamashita, Jun-Ichi Morishige, Katsuya Morito, Naoya Kakiuchi, Junji Hayashi, Mutsumi Aihara, Ryushi Kawakami, Koichiro Tsuchiya, Tamotsu Tanaka. Mass Spectrometric Analysis of Sphingomyelin with N-α-Hydroxy Fatty Acyl Residue in Mouse Tissues. Lipids. 2020
  • Rumana Yesmin Hasi, Dai Majima, Katsuya Morito, Hanif Ali, Kentaro Kogure, Meera Nanjundan, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami, Kaori Kanemaru, Tamotsu Tanaka. Isolation of glycosylinositol phosphoceramide and phytoceramide 1-phosphate in plants and their chemical stabilities. Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences. 2020. 1152. 122213-122213
  • 川上竜巳. 超好熱アーキアのFAD依存性脱水素酵素複合体及びPLP依存性アミノ酸ラセマーゼの研究. ビタミン. 2019. 93. 12. 531-541
  • Rumana Yesmin Hasi, Makoto Miyagi, Katsuya Morito, Toshiki Ishikawa, Maki Kawai-Yamada, Hiroyuki Imai, Tatsuya Fukuta, Kentaro Kogure, Kaori Kanemaru, Junji Hayashi, et al. Glycosylinositol phosphoceramide-specific phospholipase D activity catalyzes transphosphatidylation. Journal of biochemistry. 2019. 166. 5. 441-448
  • Rumana Yesmin Hasi, Makoto Miyagi, Takashi Kida, Tatsuya Fukuta, Kentaro Kogure, Junji Hayashi, Ryushi Kawakami, Kaori Kanemaru, Tamotsu Tanaka. Quantitative Analysis of Glycosylinositol Phosphoceramide and Phytoceramide 1-Phosphate in Vegetables. Journal of nutritional science and vitaminology. 2019. 65. Supplement. S175-S179
もっと見る
MISC (7件):
  • 川上竜巳, 里村武範, 櫻庭春彦, 大島敏久. フラビン含有色素依存性脱水素酵素の機能・構造解析とその応用. バイオサイエンスとインダストリー. 2012. 70. 340-345
  • 大島敏久, 川上竜巳, 櫻庭春彦. フラビン含有アミノ酸脱水素酵素の機能開発. アミノ酸研究. 2010. 3. 29-38
  • 大島敏久, 櫻庭春彦, 川上竜巳, 里村武範, 津下英明. 超好熱性アーキアのフラビン含有アミノ酸脱水素酵素の機能と構造、及び応用. 日本応用酵素協会誌. 2009. 43. 33-44
  • T Hosotani, H Nakagawa, Y Nakano, A Harada, H Sakai, R Kawakami, S Goda, H Sakuraba, T Ohshima, K Nagasaka. Isolation and preliminary characterization of a dorsal lectin from the redfin velvetfish, Hypodytes rubripinnis. JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES. 2006. 100. 289P-289P
  • Hideaki Tsuge, Kenji Aki, Nobuhiko Katanuma, Ryushi Kawakami, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima. Novel diflavin-containing dehydrogenase family: FAD, FMN and ATP-containing L-proline dehydrogenase. Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society. 2006. 78. 41-45
もっと見る
講演・口頭発表等 (54件):
  • 超好熱アーキアThermococcus litoralis DSM5473のアミノ酸ラセマーゼBAR2の機能解析
    (日本ビタミン学会 2020)
  • 超好熱アーキアのFAD依存性脱水素酵素複合体及びPLP依存性アミノ酸ラセマーゼの研究
    (日本ビタミン学会 2019)
  • 超好熱アーキア Pyrococcus horikoshii OT-3 のオルニチンアミノトランスフェラーゼの機能解析と構造解析
    (日本ビタミン学会 2019)
  • Screening and analysis of edible seaweeds in the ability to adsorb Shiga toxin
    (第38回日本日本食品微生物学会学術総会 2017)
  • 食品微生物や発酵食品に含まれるD-アミノ酸検出のためのUHPLC検出系の構築
    (第38回日本日本食品微生物学会学術総会 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 現在 徳島大学大学院工学研究科博士後期課程
学位 (1件):
  • 博士(工学)
経歴 (3件):
  • 2016/04 - 現在 徳島大学生物資源産業学部食料科学コース
  • 2013/04 - 2016/03 徳島大学総合科学部環境共生コース
  • 2006/10 - 2013/03 佐賀大学総合分析センター
委員歴 (2件):
  • 2017/04 - 現在 日本農芸化学会 支部参与
  • 2015/05 - 2017/04 日本生物工学会 西日本支部編集委員
受賞 (2件):
  • 2019/06 - 日本ビタミン学会 日本ビタミン学会奨励賞 超好熱アーキアのFAD依存性脱水素酵素複合体及びPLP依存性アミノ酸ラセマーゼの研究
  • 2013 - 日本農芸化学会西日本支部 支部奨励賞 超好熱アーキアの色素依存性L-プロリン脱水素酵素の機能と構造及び応用
所属学会 (4件):
極限環境生物学会 ,  日本ビタミン学会 ,  日本生物工学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る