研究者
J-GLOBAL ID:200901086073757428   更新日: 2019年11月20日

大月 典子

オオツキ ノリコ | OTSUKI Noriko
所属機関・部署:
職名: 博士研究員
ホームページURL (1件): https://www.researchgate.net/profile/Noriko_Otsuki
研究分野 (3件): 免疫学 ,  細胞生物学 ,  分子生物学
研究キーワード (6件): 脊髄性筋萎縮症 ,  神経変性疾患 ,  末梢血単核球 ,  共刺激分子 ,  BTLA ,  PD-L1
論文 (21件):
  • Otsuki N, Arakawa R, Kaneko K, Aoki R, Arakawa M, Saito K. A new biomarker candidate for spinal muscular atrophy: Identification of a peripheral blood cell population capable of monitoring the level of survival motor neuron protein. PloS one. 2018. 13. 8. e0201764
  • Akiyama H, Nose M, Ohtsuki N, Hisaka S, Takiguchi H, Tada A, Sugimoto N, Fuchino H, Inui T, Kawano N, Hayashi S, Hishida A, Kudo T, Sugiyama K, Abe Y, Mutsuga M, Kawahara N, Yoshimatsu K. Evaluation of the safety and efficacy of Glycyrrhiza uralensis root extracts produced using artificial hydroponic and artificial hydroponic-field hybrid cultivation systems. J Nat Med. 2017. 71. 1. 265-271
  • Arakawa R, Arakawa M, Kaneko K, Otsuki N, Aoki R, Saito K. Imaging Flow Cytometry Analysis to Identify Differences of Survival Motor Neuron Protein Expression in Patients With Spinal Muscular Atrophy. Pediatric neurology. 2016. 61. 70-75
  • Otsuki N, Iwata S, Yamada T, Hosono O, Dang NH, Hatano R, Ohnuma K, Morimoto C. Modulation of immunological responses and amelioration of collagen-induced arthritis by the novel roxithromycin derivative 5-I. Modern rheumatology. 2015. 25. 4. 562-570
  • Akiyama T, Yamazaki T, Tada A, Ito Y, Otsuki N, Akiyama H. Classification of microbial α-amylases for food manufacturing using proteinase digestion. Food science & nutrition. 2014. 2. 5. 571-577
もっと見る
MISC (4件):
  • 穐山浩 大月典子. 食物アレルゲンの特徴. 日本医師会雑誌. 2014. 143. 3. 519-523
  • 穐山浩 大月典子. カロテノイド摂取と食物アレルギー発症の予防. Functional Food: 機能性食品の基礎から臨床へ. 2013. 6. 3. 191-197
  • 大月典子. 生薬甘草の有効成分であるグリチルリチン酸の疾患治療への展望について 近年の知見より. 和漢薬. 2013. 726. 13-17
  • 大月典子、 野沢尚久、東みゆき. B7ファミリー分子群. 臨床免疫 特別増刊号. 2000. 34. 206-216
特許 (1件):
書籍 (1件):
  • 免疫学キーワード辞典 第二版
    医学書院 2003
講演・口頭発表等 (11件):
  • スーパー抗原SEBおよびYPMにより修飾されるT細胞-血管内皮細胞間相互作用に関わる機能分子の解析
    (日本免疫学会学術総会 1997)
  • TCR/CD3 非依存性の CTLA-4 シグナルと CD86 発現制御に関する解析.
    (日本免疫学会学術総会 1998)
  • 活性化 CD4+T 細胞の維持に関わるノンプロフェッショナル抗原提示細胞上の CD80/86 分子の機能について
    (日本免疫学会学術総会 1999)
  • ヒト癌細胞におけるICOSLの発現とCTL誘導における役割
    (日本癌学会学術総会 2002)
  • Immuno-modulatory effects of roxithromycin and its analogs
    (アジア太平洋リウマチ学会議 2008)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士 (東京医科歯科大学)
受賞 (1件):
  • 2015 - 日本食品化学学会 論文賞 化粧品・医薬部外品中の乳アレルゲンタンパク質の分析
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る