研究者
J-GLOBAL ID:200901086078398760   更新日: 2020年08月26日

関澤 剛

セキザワ ツヨシ | Sekizawa Tsuyoshi
研究分野 (3件): 神経内科学 ,  免疫学 ,  ウイルス学
研究キーワード (8件): vii)HSV 分子疫学。 ,  iv)ヒトヘルペス脳炎の抗ウィルス剤とのステロイド併用療法並びにIL-6の検討。v)免疫組織学的手法によるHSV急性感染時の早期アストログリアの消失(病理学的検証)。vi)ヒトHSVの再活動化感染による動眼神経麻痺と急性網膜炎の発症 ,  ii)薬物による経軸策的潜伏感染の除去(根治治療)。iii)再活動化によるヘルペス脳炎の実験的研究 ,  運動神経核の潜伏と再活動化の機構 ,  ウイルス学.. 単純ヘルペスウィルス(Herpes simplex virus--HSV)の潜伏感染と再活動化機構に関する基礎的臨床的研究i) 知覚神経節 ,  免疫学 ,  神経内科学 ,  Neuro immuno virology
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 1977 - 2008 1.Immunological mechanisums of herpes simplex virus(HSV) latency,maintenance and reactivation. Skin(virus innoculated site) trauma induced reactivation. Mechanisms of occurance of HSV encephalitis. Sensory neuron, Motor nuclei, Elimination of latent HS・・・
  • 1970 - 2005 Studies of tumor genetic viruses: 1)Epstein-Barr virus(EBV) and malignant tumor, EBV-induced-new-antigen's reactivity of sera from patients with leukemia. Investigation on membrane antigen of EBV infected cells. 2) Epidemiology of human T cell leukemi・・・
  • 1978 - I. Herpes simplex virus(HSV) の潜伏感染の確立、維持、再活動化に関する免疫学的研究 II. HSVの潜伏感染と再活動化機構に関する基礎的臨床的研究i) 知覚神経節 運動神経核の潜伏と再活動化の機構 ii)薬物による経軸策的潜伏感染の除去(根治治療)。iii)再活動化によるヘルペス脳炎の実験的研究 iv)ヒトヘルペス脳炎の抗ウィルス剤とのステロイド併用療法並びにIL-6の検討。v)免疫組織学的手法によるHSV急性感染時の早期アストログリアの消失(病理学的検証)。vi)ヒトHSVの再活動・・・
  • 1970 - 1976 .腫瘍源性ウィルス、Epstein-Barr virus(EBV), 蛍光抗体法、HTLV-1 レトロウィルスに関する研究 i)白血病に関するEBV新抗原の検出 ii)EBV感染細胞に出現する膜抗原の研究。 iii)HTLV-1 associated myelopathy(HAM)の臨床的研究、特にInterleuki-6(IL-6)の検討
  • 1970 - 1976 免疫学的研究 i)膜免疫蛍光法によるヒトBリンパ球の検証 ii)多発性硬化症(MS)のBリンパ球の増加、進行性多巣性白質脳症(PML)のTリンパ球の著明な減少、悪性リンパ腫のモノクロナルBリンパ球の検証 iii)各種神経難病のIL-6の検証
全件表示
MISC (60件):
もっと見る
書籍 (12件):
  • 家庭医学大全科 脳、神経、筋の病気:脳や神経の感染症 ー 脳炎とは、ヘルペス脳炎、コクサッキー脳炎、日本脳炎、クロイツフェルト・ヤコブ病、亜急性硬化性前脳炎、神経ベーチェット病ー
    法研 1996
  • HSV潜状感染と再活性化による疾患
    メディカルトリビューン 1995
  • Diseases on latency and reactivating of HSV
    Medical Tribune 1995
  • 眼とヘルペス
    医学書院 1990
  • 最新の治療情報 1988-ヘルペスウィルス感染症:神経系のヘルペスウィルス感染症 医科学大辞典補遺
    講談社 1988
もっと見る
講演・口頭発表等 (25件):
  • ヘルペス脳炎の抗体による診断並びに各種神経疾患の髄液内抗体の検出
    (日本神経感染症学会 1996)
  • 要望演題:HSV潜状感染と再活性化による疾患
    (第1回ヘルペス感染症フォーラム(札幌) 1995)
  • HTLV-1 associated myelopathy (HAM) における髄液および血清中のBSF-2/IL-6の検討
    (ミエロパチーの発現機構と病因に関する研究 ー厚生省 精神・神経疾患研究委託費ー summerised in平成元年3月 1988)
  • 各種神経疾患の髄液IL-6の検討
    (日本神経学会 1985)
  • Localization of latent herpes simplex virus in trigeminal ganglia
    (World Congress of Virology (Sendai,Japan) 1984)
もっと見る
Works (27件):
  • 神経内科という科
    2009 -
  • What is ”Neurology (Shinkeinaika)” in Japan?
    2009 -
  • 老化って何?
    2003 -
  • 単純ヘルペスウイルスと痴呆との関連性の有無
    1998 -
  • ヘルペス脳炎の多様性
    1998 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1971 - 2009 東北大学 神経内科
  • - 1970 東北大学 医学科
  • - 1970 東北大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (東北大学)
経歴 (17件):
  • 2004/04 - .~ 退職後病院非常勤医
  • 2004/04 - -: continued therapeutic study of herpes simplex encephalitis.
  • 2004/04 - retirement above.
  • 1997/04 - 2004/03 Professor of Yamagata Prefectual University of Health :Continued above 2 studies and therapeutic study of herpes simplex encephalitis
  • - 2004/03 1997.4.-2004.3 山形県立保健医療大学教授,東北大学医学部非常勤講師(兼務)
全件表示
委員歴 (6件):
  • 1988/10/26 - 第31回日本神経化学会 1988. 10. 26. ~ 10. 28. (仙台)
  • 1988 - General Secretay:31th Neurochemistry meetng(1988)
  • 1975 - 日本癌学会 プログラム委員 1975年頃
  • 日本神経学会 評議員
  • General secretary(総括実務):
全件表示
受賞 (2件):
  • 1992 - 顕功賞
  • 1992 - Kenkoh Prize
所属学会 (16件):
日本臨床免疫学会 ,  日本細菌学会 ,  日本内科学会 ,  日本神経感染症学会 ,  日本免疫学会 ,  日本臨床ウィルス学会 ,  日本ウィルス学会 ,  日本神経学会 ,  Japan Society of Internal Medicine ,  Japan Clinical and immunological Association ,  Japan Neuro-Immunorogical Association ,  Japan Neuro-Infection Association ,  Japan Immunological Association ,  Japan Clinico-Virological Association ,  Japan Virogical Association ,  Japan Neurological Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る