研究者
J-GLOBAL ID:200901086287169019   更新日: 2020年08月31日

小松 康雄

コマツ ヤスオ | Komatsu Yasuo
所属機関・部署:
職名: 副部門長
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): https://unit.aist.go.jp/cmb5/
研究分野 (5件): 薬系化学、創薬科学 ,  分子生物学 ,  生体化学 ,  機能物性化学 ,  生物分子化学
研究キーワード (8件): antisense ,  nucleic acid ,  ribozyme ,  oligonucleotide ,  核酸医薬 ,  microRNA ,  RNA ,  DNA
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2020 - 2023 RNA分解酵素・アンチセンスの細胞内分子複合体化と長鎖RNA機能制御への応用
  • 2019 - 2023 高分子間相互作用を制御する合成機能分子を論理的・効率的に創出する方法論の確立
  • 2019 - 2022 損傷塩基が誘発する遠隔作用変異:損傷部位から離れた塩基に生じる変異の生成機構
  • 2015 - 2019 三次元多様性を分子設計上の鍵概念とする論理的創薬方法論の確立
  • 2016 - 2018 遠隔作用変異の生成・抑制の分子機構
全件表示
論文 (91件):
  • Yoko Akazawa-Ogawa, Yasuo Komatsu, Yoshihiro Nakajima, Naoshi Kojima, Yoshihisa Hagihara. PCR-based approach for site-specific conjugation of long double-stranded DNA to a single-domain VHH antibody. Journal of biochemistry. 2020
  • Suzuki T, Katayama Y, Komatsu Y, Kamiya H. Large deletions and untargeted substitutions induced by abasic site analog on leading versus lagging strand templates in human cells. Mutagenesis. 2019. 34. 5-6. 421-429
  • Inhibition of breast cancer cell proliferation with anti-microRNA oligonucleotides flanked by interstrand cross-linked duplexes. Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids. 2019
  • Ikegami, Masiki, Hirano, Yu, Mie, Yasuhiro, Komatsu, Yasuo. Adsorptive Stripping Voltammetry for the Determination of Dissolved Oxygen Using a Mesoporous Pt Microelectrode. JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY. 2019. 166. 6. B542-B546
  • Nakamura A, Wang D, Komatsu Y. Molecular mechanism of substrate recognition and specificity of tRNAHis guanylyltransferase during nucleotide addition in the 3'-5' direction. RNA (New York, N.Y.). 2018. 24. 11. 1583-1593
もっと見る
MISC (27件):
  • 小松康雄. 分子構造制御による高活性なmiRNA阻害核酸の構築. BIO Clinica. 2018. 33. 1. 58-60
  • 小松康雄. オリゴヌクレオチドの合成後の化学修飾. 核酸医薬の創製と応用展開. 2016. 104-112
  • 遠藤秀幸, 水野彰, 阿部洋, 福田隼, 小松康雄, 周東智. 疎水性相互作用による相補的塩基対に基づく機能性核酸の開発. 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM). 2014. 134th. ROMBUNNO.28Y-PM07
  • 小綿恵子, 小島直, 宮岸真, 小松康雄. オリゴの合成後修飾に適したアミノリンカー固相担体の開発. アンチセンスシンポジウム講演要旨集. 2013. 23rd. 61
  • 小松康雄. 合成オリゴヌクレオチドに対する機能性分子の部位特異的導入法. Pharm Tech Japan. 2013. 29. 8. 85-90
もっと見る
特許 (19件):
書籍 (4件):
  • Environmentally Responsive and Bright Fluorescent Probes Possessing Dansyl-modified Oligonucleotides under Hybridization of DNA and RNA.
    Springer 2015 ISBN:9783319173054
  • Hydroxylamine, Oxime and Hydroxamic Acid Derivatives of Nucleic Acids.
    WILEY 2010 ISBN:9780470682531
  • Regulation of ribozyme activity by oligonucleotides
    Humana Press 2004 ISBN:9781592597468
  • Chemical RNA synthesis (Including RNA with unusual constituents).
    Oxford 1999 ISBN:9780080431581
学位 (1件):
  • 博士(薬学)
経歴 (9件):
  • 2019/04 - 現在 独立行政法人産業技術総合研究所 創薬基盤研究部門 副部門長
  • 2015/04 - 現在 北海道大学 生命科学院 客員教授
  • 2018/04 - 2019/03 独立行政法人産業技術総合研究所 生命工学領域研究戦略部研究企画室 室長
  • 2017/04 - 2018/03 同研究所 生命工学領域研究戦略部研究企画室 総括主幹
  • 2010/04 - 2017/03 同研究所 生物プロセス研究部門生体分子工学研究グループ 研究グループ長
全件表示
受賞 (1件):
  • 2002/03 - 日本薬学会 薬学会奨励賞 RNA酵素の構造活性相関に関する研究と新規RNA酵素の開発
所属学会 (4件):
RNA学会 ,  日本核酸化学会 ,  日本核酸医薬学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る