研究者
J-GLOBAL ID:200901086325470453   更新日: 2020年06月06日

Mashimo Takashi

マシモ タカシ | Mashimo Takashi
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 麻酔科学 ,  神経科学一般
研究キーワード (4件): 疼痛学 ,  麻酔科学 ,  Pain Medicine ,  Anesthesiology
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 神経因性疼痛の病態解明、治療法の開発
  • 麻酔の作用機序の解明
  • 稀ガス、キセノンの薬理作用と麻酔薬としての臨床的開発
  • 神経因性疼痛の病態解明と治療
  • 麻酔の作用機序の解明
全件表示
MISC (115件):
  • Hagihira S, Takashina M, Mori T, Ueyama H,Mashimo T:Electroencephalographic bicoherence is sensitive to noxious stimuli during isoflurane or sevoflurane anesthesia. Anesthesiology. 2004. 100: 818-825
  • Maeda Y, Fujio Y, Uchiyama A, Matsuura N, Mashimo T, Nishimura M:Effects of peak inspiratory flow on development of ventilation-induced lung injury in rabbits. Anesthesiology. 2004. 101:722-728
  • Watanabe I, Takenoshita M, Sawada T, Uchida I, Mashimo T:Xenon suppresses nociceptive reflex in newborn rat spinal cord in vitro: comparison with nitrous oxide. Eur J Pharmacol. 2004. 496: 71-76
  • Shibata M, Abe K, Jimbo A, Shimazu T, Mihara M, Sadahiro S, Yoshikawa H,Mashimo T:Complexregional pain syndrome type I associated with amyotrophic lateral sclerosis. Clin J Pain. 2003. 19: 69-70
  • Ueta K, Takeda K, Ohsumi H, Haruna J, shibuya H,Mashimo T:A small preoperative test dose of intravenous fentatanyl can predict subsequent analgesic efficacy and incidence of side effects in patients due to receive epidural fentanyl. Anesth Analg. 2003. 96: 1079-1082
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1973 大阪大学 医学
  • - 1973 大阪大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (大阪大学)
委員歴 (14件):
  • 2006 - 日本麻酔学会 評議員、会長
  • 2006 - -: 日本麻酔学会 評議員、会長
  • 2005 - 国際麻酔メカニズムカンファレンス 会長
  • 2005 - The 7th International Coference on Mechanisms of Anesthesia President
  • 2005 - -: 国際麻酔メカニズムカンファレンス 会長
全件表示
所属学会 (12件):
国際麻酔メカニズムカンファレンス ,  日本局所麻酔学会 ,  日本集中治療医学会 ,  国際疼痛学会(IASP) ,  麻酔メカニズム研究会 ,  米国麻酔学会(American Society of Anestheidogists) ,  日本疼痛学会 ,  日本臨床麻酔学会 ,  日本ペインクリニック学会 ,  日本生物物理学会 ,  日本麻酔学会 ,  The 7th International Coference on Mechanisms of Anesthesia
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る