研究者
J-GLOBAL ID:200901086381641031   更新日: 2022年01月17日

渡辺 豪

ワタナベ ゴウ | Watanabe Go
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (2件): https://www.go-watanabe.com/https://www.go-watanabe.com/english.html
研究分野 (1件): 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理
研究キーワード (2件): ソフトマター物理学 ,  Softmatter Physics
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2023 計算科学による水圏機能材料の設計
  • 2019 - 2022 計算科学と実験科学の連携によるキラル液晶のナノ空間制御
  • 2019 - 2021 キラルな置換活性錯体をエナンチオ選択的に包接する液晶性錯体ホストの開発
  • 2017 - 2020 三次元極小界面における脂質分子ダイナミクスの解明と革新的脂質キュービック法の開発
  • 2016 - 2018 分子動力学を基盤とした剛直キラルドーパントが有するらせん誘起力の理論的予測
全件表示
論文 (45件):
  • Kazuki Fukushima, Kodai Matsuzaki, Masashi Oji, Yuji Higuchi, Go Watanabe, Yuki Suzuki, Moriya Kikuchi, Nozomi Fujimura, Naofumi Shimokawa, Hiroaki Ito, et al. Anisotropic, Degradable Polymer Assemblies Driven by a Rigid Hydrogen-Bonding Motif That Induce Shape-Specific Cell Responses. Macromolecules. 2022. 55. 1. 15-25
  • Atsuya Yaguchi, Mio Oshikawa, Go Watanabe, Hirotsugu Hiramatsu, Noriyuki Uchida, Chikako Hara, Naoko Kaneko, Kazunobu Sawamoto, Takahiro Muraoka, Itsuki Ajioka. Efficient protein incorporation and release by a jigsaw-shaped self-assembling peptide hydrogel for injured brain regeneration. Nature Communications. 2021. 12. 1. 6623
  • Chiharu Ueda, Junsu Park, Kazuya Hirose, Subaru Konishi, Yuka Ikemoto, Motofumi Osaki, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada, Masaru Tanaka, Go Watanabe, et al. Behavior of supramolecular cross-links formed by host-guest interactions in hydrogels responding to water contents. Supramolecular Materials. 2021. 1. 100001-100001
  • Craig P. Yu, Naoya Kojima, Shohei Kumagai, Tadanori Kurosawa, Hiroyuki Ishii, Go Watanabe, Jun Takeya, Toshihiro Okamoto. Approaching isotropic charge transport of n-type organic semiconductors with bulky substituents. Communications Chemistry. 2021. 4. 1. 155
  • Yoshiki Ishii, Nobuyuki Matubayasi, Go Watanabe, Takashi Kato, Hitoshi Washizu. Molecular insights on confined water in the nanochannels of self-assembled ionic liquid crystal. Science Advances. 2021. 7. 31. eabf0669-eabf0669
もっと見る
MISC (20件):
特許 (1件):
講演・口頭発表等 (111件):
  • 二次構造変化を示す自己集合性ペプチドの開発と高強度ゲルの構築
    (日本化学会第101春季年会(オンライン開催) 2021)
  • Development of Benzo[de]isoquinolino[1,8-gh]quinoline Diimide n-Type Organic Semiconductors with Asymmetric Substituents
    (日本化学会第101春季年会(オンライン開催) 2021)
  • 超分子ヒドロゲルの緩和時間と力学特性の関係
    (日本化学会第101春季年会(オンライン開催) 2021)
  • 自己組織化イオン液晶のナノチャネルにおける水和様態の分子動力学解析
    (日本化学会第101春季年会(オンライン開催) 2021)
  • フェニルアルキル側鎖を持つロバストな高移動度n型有機半導体の開発と有機トランジスタへの応用
    (日本化学会第101春季年会(オンライン開催) 2021)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 2011 早稲田大学 物理学及応用物理学専攻
  • - 2011 早稲田大学
  • - 2008 早稲田大学 物理学及応用物理学
  • - 2008 早稲田大学
  • - 2006 早稲田大学 応用物理学科
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(理学) (早稲田大学)
経歴 (4件):
  • 2021/04 - 現在 神奈川県立産業技術総合研究所 非常勤研究員
  • 2020/04 - 現在 北里大学 理学部 講師
  • 2012/01 - 2020/03 北里大学 理学部 助教
  • 2009/04 - 2011/12 早稲田大学 先進理工学部 助手
委員歴 (8件):
  • 2021 - 現在 日本液晶学会 理事
  • 2020 - 現在 日本液晶学会学会誌 編集委員
  • 2014/01 - 現在 日本液晶学会 情報委員会
  • 2021 - 日本液晶学会討論会 実行委員
  • 2021 - 第19回液晶光科学国際会議(OLC2021) 現地実行委員
全件表示
受賞 (5件):
  • 2020/09 - ChemComm Emerging Investigator 2020
  • 2018/11 - 公益財団法人関記念財団 関博雄記念賞 計算科学によるらせん構造を有する液晶に関する研究
  • 2017/10 - 日本液晶学会 奨励賞 分子動力学シミュレーションによる液晶の構造と物性の解明に関する研究
  • 2007 - 21st century COE Program The Fifth COE Symposium Poster Award
  • 2006 - 21st century COE Program The Fourth COE Symposium Poster Award
所属学会 (5件):
日本液晶学会 ,  分子シュミレーション学会 ,  高分子学会 ,  日本化学会 ,  日本生物物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る