研究者
J-GLOBAL ID:200901086381641031   更新日: 2020年09月09日

渡辺 豪

ワタナベ ゴウ | Watanabe Go
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (2件): https://www.go-watanabe.com/https://www.go-watanabe.com/english.html
研究分野 (1件): 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理
研究キーワード (2件): ソフトマター物理学 ,  Softmatter Physics
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2024 計算科学による水圏機能材料の設計
  • 2019 - 2023 計算科学と実験科学の連携によるキラル液晶のナノ空間制御
  • 2019 - 2022 キラルな置換活性錯体をエナンチオ選択的に包接する液晶性錯体ホストの開発
  • 2017 - 2021 三次元極小界面における脂質分子ダイナミクスの解明と革新的脂質キュービック法の開発
  • 2017 - 2020 三次元極小界面における脂質分子ダイナミクスの解明と革新的脂質キュービック法の開発
全件表示
論文 (29件):
  • Toshihiro Okamoto, Masato Mitani, Craig P. Yu, Chikahiko Mitsui, Masakazu Yamagishi, Hiroyuki Ishii, Go Watanabe, Shohei Kumagai, Daisuke Hashizume, Shota Tanaka, et al. Alkyl-Substituted Selenium-Bridged V-Shaped Organic Semiconductors Exhibiting High Hole Mobility and Unusual Aggregation Behavior. Journal of the American Chemical Society. 2020. 142. 35. 14974-14984
  • Yoshiaki Uchida, Go Watanabe, Takuya Akita, Norikazu Nishiyama. Thermal Molecular Motion Can Amplify Intermolecular Magnetic Interactions. The Journal of Physical Chemistry B. 2020. 124. 28. 6175-6180
  • Nanami Uemura, Tsubasa Kobayashi, Shintaro Yoshida, Ya-Xin Li, Karel Goossens, Xiangbing Zeng, Go Watanabe, Takahiro Ichikawa. Double-Gyroid Nanostructure Formation by Aggregation-Induced Atropisomerization and Co-Assembly of Ionic Liquid-Crystalline Amphiphiles. Angewandte Chemie (International ed. in English). 2020. 59. 22. 8445-8450
  • Toshihiro Okamoto, Shohei Kumagai, Eiji Fukuzaki, Hiroyuki Ishii, Go Watanabe, Naoyuki Niitsu, Tatsuro Annaka, Masakazu Yamagishi, Yukio Tani, Hiroki Sugiura, et al. Robust, high-performance n-type organic semiconductors. Science Advances. 2020. 6. 18. eaaz0632-eaaz0632
  • Katsuhiro Maeda, Mai Nozaki, Kengo Hashimoto, Kouhei Shimomura, Daisuke Hirose, Tatsuya Nishimura, Go Watanabe, Eiji Yashima. Helix-Sense-Selective Synthesis of Right- and Left-Handed Helical Luminescent Poly(diphenylacetylene)s with Memory of the Macromolecular Helicity and Their Helical Structures. Journal of the American Chemical Society. 2020. 142. 16. 7668-7682
もっと見る
MISC (16件):
  • 吉田純, 原光生, 渡辺豪. 八面体型金属錯体をメソゲンとするキラルカラムナー液晶の開発と内部構造解析. 錯体化学会討論会講演要旨集. 2019. 69th. 51
  • 山崎茜, 吉田純, 渡辺豪, 米田茂隆. 分子動力学計算による液晶分子に対するキラル金属錯体の相溶性に関する制御因子の解明. 日本液晶学会討論会講演予稿集(CD-ROM). 2018. 2018. ROMBUNNO.2A10
  • 渡邊秀代, 渡辺豪, 吉田純, 弓削秀隆. 八面体型金属錯体のΔ,Λキラリティーを利用した二成分系カラムナー液晶の構築. 日本液晶学会討論会講演予稿集(CD-ROM). 2018. 2018. ROMBUNNO.3A10
  • 吉田純, 田村秀平, 弓削秀隆, 山崎茜, 渡辺豪. キラルネマチック液晶における逆らせん誘起現象の説明:金属錯体ドーパントの場合. 日本液晶学会討論会講演予稿集(CD-ROM). 2018. 2018. ROMBUNNO.PA13
  • 横井愛香, 松本俊英, 渡辺豪, 橋村美紀, 三枝信. 卵巣癌のタンパク発現プロファイルによる再発・予後予測システムの構築. 日本病理学会会誌. 2018. 107. 1. 390
もっと見る
特許 (1件):
講演・口頭発表等 (69件):
  • Molecular dynamics study for understanding of host- and guest-dependent helix inversion in chiral nematic liquid crystals
    (The 4th Asian Conference on Liquid Crystals 2019)
  • Estimating the number of molecules needed to realize nematic- isotropic phase transition by molecular dynamics simulation
    (XXII Conference on Liquid Crystals 2018)
  • キラルネマチック液晶における逆らせん誘起現象の説明:金属錯体ドーパントの場合
    (日本液晶学会討論会講演予稿集(CD-ROM) 2018)
  • 八面体型金属錯体のΔ,Λキラリティーを利用した二成分系カラムナー液晶の構築
    (日本液晶学会討論会講演予稿集(CD-ROM) 2018)
  • 分子動力学シミュレーションにおいてネマチック一等方相転移を高精度に再現可能な分子数の見積もり
    (日本液晶学会討論会講演予稿集(CD-ROM) 2018)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 2011 早稲田大学 物理学及応用物理学専攻
  • - 2011 早稲田大学
  • - 2008 早稲田大学 物理学及応用物理学
  • - 2008 早稲田大学
  • - 2006 早稲田大学 応用物理学科
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(理学) (早稲田大学)
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 北里大学 理学部 講師
  • 2012/01 - 2020/03 北里大学 理学部 助教
  • 2009/04 - 2011/12 早稲田大学 先進理工学部 助手
委員歴 (3件):
  • 2017/09 - 現在 日本液晶学会 代議員
  • 2014/01 - 現在 日本液晶学会 情報委員会
  • 2013/01 - 2016/12 日本液晶学会 編集委員会
受賞 (4件):
  • 2018/11 - 公益財団法人関記念財団 関博雄記念賞 計算科学によるらせん構造を有する液晶に関する研究
  • 2017/10 - 日本液晶学会 奨励賞 分子動力学シミュレーションによる液晶の構造と物性の解明に関する研究
  • 2007 - 21st century COE Program The Fifth COE Symposium Poster Award
  • 2006 - 21st century COE Program The Fourth COE Symposium Poster Award
所属学会 (2件):
日本液晶学会 ,  Japan Liquid Crystal Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る