研究者
J-GLOBAL ID:200901086381641031   更新日: 2024年07月02日

渡辺 豪

ワタナベ ゴウ | Watanabe Go
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://sites.google.com/view/soft-matter-informaticshttps://www.go-watanabe.com/english.html
研究分野 (2件): ナノ構造化学 ,  生物物理、化学物理、ソフトマターの物理
研究キーワード (5件): ソフトマター物理学 ,  分子シミュレーション ,  液晶 ,  有機半導体 ,  機械学習
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2024 - 2028 材料・理論・物性研究の融合による有機半導体の学理開拓
  • 2022 - 2026 ナノコンポジット材料のマルチスケール解析と絶縁性向上の機序解明
  • 2021 - 2026 2次元性を基盤とするソフトマテリアルサイエンスの開拓
  • 2022 - 2025 有機半導体の全自動結晶構造予測プラットフォームの構築
  • 2021 - 2024 細菌の細胞分裂におけるFtsZ繊維化機構の解明
全件表示
論文 (56件):
  • Qiming Liu, Tianyue Zhang, Yuka Ikemoto, Yudai Shinozaki, Go Watanabe, Yuta Hori, Yasuteru Shigeta, Takemi Midorikawa, Koji Harano, Yoshimitsu Sagara. Grinding-Induced Water Solubility Exhibited by Mechanochromic Luminescent Supramolecular Fibers. Small. 2024
  • Takashi Kato, Junya Uchida, Yoshiki Ishii, Go Watanabe. Aquatic Functional Liquid Crystals: Design, Functionalization, and Molecular Simulation. Advanced Science. 2024
  • Tomoya Enjou, Shimpei Goto, Qiming Liu, Fumitaka Ishiwari, Akinori Saeki, Taro Uemtasu, Yuka Ikemoto, Sora Watanabe, Go Matsuba, Kouichiro Ishibashi, et al. Water-dispersible donor-acceptor-donor π-conjugated bolaamphiphiles enabling a humidity-responsive luminescence color change. Chemical Communications. 2024
  • Craig P. Yu, Shohei Kumagai, Michitsuna Tsutsumi, Tadanori Kurosawa, Hiroyuki Ishii, Go Watanabe, Daisuke Hashizume, Hiroki Sugiura, Yukio Tani, Toshihiro Ise, et al. Asymmetrically Functionalized Electron-Deficient π-Conjugated System for Printed Single-Crystalline Organic Electronics. Advanced Science. 2023. 10. 29
  • Go Watanabe, Akane Yamazaki, Jun Yoshida. The Missing Relationship between the Miscibility of Chiral Dopants and the Microscopic Dynamics of Solvent Liquid Crystals: A Molecular Dynamics Study. Symmetry. 2023. 15. 5. 1092-1092
もっと見る
MISC (21件):
特許 (1件):
講演・口頭発表等 (116件):
  • 分子動力学シミュレーションによる外部刺激応答性らせん高分子の構造解明
    (日本化学会第102春季年会 2022)
  • 分子動力学シミュレーションを用いた生体親和性ポリマーブラシのミクロダイナミクス解明
    (日本化学会第102春季年会 2022)
  • 革新的有機半導体分子創製を目指した計算科学的手法の確立
    (第35回 分子シミュレーション討論会 2021)
  • 有機半導体分子が示す結晶多形を再現する分子動力学手法の確立
    (第11回 CSJ化学フェスタ 2021)
  • 生体分子認識部位を持つ両親媒性メソゲンの水面上単分子膜におけるタンパク質吸着の分子動力学シミュレーション
    (2021年 日本液晶学会討論会 2021)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 2011 早稲田大学 先進理工学研究科 物理学及応用物理学専攻
  • - 2011 早稲田大学
  • - 2008 早稲田大学 理工学研究科 物理学及応用物理学
  • - 2008 早稲田大学
  • - 2006 早稲田大学 理工学部 応用物理学科
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(理学) (早稲田大学)
経歴 (7件):
  • 2023/04 - 現在 北里大学 未来工学部 教授
  • 2022/04 - 現在 特定国立研究開発法人理化学研究所 創発物性科学研究センター 客員研究員
  • 2021/04 - 現在 神奈川県立産業技術総合研究所 非常勤研究員
  • 2022/02 - 2023/03 北里大学 理学部 准教授
  • 2020/04 - 2022/01 北里大学 理学部 講師
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2014/01 - 現在 日本液晶学会 情報委員会
  • 2021 - 2023/09 日本液晶学会 理事
  • 2020/09 - 2022/09 日本液晶学会学会誌 編集委員
  • 2021 - 日本液晶学会討論会 実行委員
  • 2021 - 第19回液晶光科学国際会議(OLC2021) 現地実行委員
全件表示
受賞 (6件):
  • 2022/04 - 文部科学省 令和4年度文部科学大臣表彰 若手科学者賞 計算化学によるソフトマターの微視的描像の理解に関する研究
  • 2020/09 - ChemComm Emerging Investigator 2020
  • 2018/11 - 公益財団法人関記念財団 関博雄記念賞 計算科学によるらせん構造を有する液晶に関する研究
  • 2017/10 - 日本液晶学会 奨励賞 分子動力学シミュレーションによる液晶の構造と物性の解明に関する研究
  • 2007 - 21st century COE Program The Fifth COE Symposium Poster Award
全件表示
所属学会 (5件):
日本液晶学会 ,  分子シュミレーション学会 ,  高分子学会 ,  日本化学会 ,  日本生物物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る