研究者
J-GLOBAL ID:200901086518422375   更新日: 2019年12月28日

橋本 智江

ハシモト トモエ | Hashimoto Tomoe
所属機関・部署:
職名: 助教
研究キーワード (4件): 睡眠 ,  高齢者 ,  介護保険施設 ,  入浴
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2019 介護保険施設における援助者の負担軽減に向けた新入浴ケア体制の開発と評価
  • 2013 - 2015 看護と介護のより良い連携に向けた教育デザイン-感染防御策に焦点を当てて-
  • 2010 - 2012 看護と介護の連携に向けた教育デザインに関する研究
論文 (11件):
  • 橋本智江, 川島和代. 介護保険施設における入浴ケア体制の実態調査. 老年看護学. 2017. 22. 1. 115-122
  • 橋本智江, 小泉由美, 岩本陽子, 平松知子. 認知症高齢者理解とコミュニケーション技術習得のための体験演習における看護学生の学び. 日本認知症ケア学会誌. 2017. 15. 4. 848-856
  • 川島和代, 橋本智江. 介護と看護のより良い連携に向けた教育デザイン. 地域ケアリング. 2015. 17. 13. 84-87
  • 橋本 智江. 夜間入浴を実施している介護老人福祉施設の実際と評価. 日本温泉気候物理医学会雑誌. 2014. 77(4);314-323
  • 長井 麻希江, 橋本 智江. 実習指導の受け入れが精神科病院看護職にもたらした変化. 日本看護科学学会誌. 2014. 34:103-112
もっと見る
講演・口頭発表等 (23件):
  • 北陸3県の高齢者施設における入浴ケア体制の実態調査
    (日本老年看護学会第21回学術集会 2016)
  • 認知症高齢者を対象とした回想法演習体験での看護学生の学び
    (日本看護研究学会第40回学術集会 2014)
  • 高齢者の加齢による身体的変化と歩行の関係
    (日本人類学会大会 2013)
  • 看護と介護の連携に向けた教育デザインに関する研究ー喀痰吸引等研修における看護職員の指導場面における判断の特徴と今後の課題ー
    (日本老年看護学会 2013)
  • 看護と介護の連携に向けた教育デザインに関する研究ー喀痰吸引等研修における介護職員の学習効果と今後の課題ー
    (日本老年看護学会 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 金沢大学 医療技術短期大学部 看護学科
  • 石川県立看護大学 大学院
学位 (1件):
  • 修士(看護学)
経歴 (2件):
  • 2007/04 - 2008/03 石川県立看護大学 助手
  • 1987/04 - 2004/03 内灘温泉病院 看護師
所属学会 (1件):
日本未病システム学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る