研究者
J-GLOBAL ID:200901086578957030   更新日: 2020年01月18日

水野 由多加

ミズノ ユタカ | MIZUNO,Yutaka
所属機関・部署:
職名: 教授
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • マス・マーケティングとマス・コミュニケーションの接点
  • 1998 - 広告の超長期記憶に関する研究と消費者満足に関する研究
  • 2004 - 2005 戦後日本におけるマクロ消費意識に関する研究
論文 (64件):
  • 水野 由多加. 「比較広告の再定義に関する考察-比較広告統計と対象暗示なし比較表現の発見」. 日本広告学会『広告科学』29集. 1994. 59頁-65頁
  • 水野 由多加. 「広告需要の規定要因に関する統計的分析に基づく一考察」単著. 未公刊. 1995. 74頁
  • 水野 由多加. 「計量広告の一視点からの広告予算設定法試論」単著. (社)日本産業広告協会『産業広告』. 1995. Vol. 27, No. 10 16頁-20頁
  • 水野 由多加. 「広告表現の演出要素についての評価と計画に関する一考察」単著. 日本広告学会『広告科学』. 1996. 第33集77頁-84頁
  • 水野 由多加. 「広告表現計画における表現効果に関する実践的示唆のための一考察」単著. 日本広告学会『広告科学』第35集. 1997. 165頁-171頁
もっと見る
特許 (1件):
  • 砂風呂装置
書籍 (25件):
  • 「新商品開発技法ハンドブック」共著
    日本ビジネスレポート 1986
  • 「宗教化する生活者と企業サイドの対応」単著
    『宣伝会議』 1987
  • 『経営戦略百科(V)マーケティング戦略の活性化』共著
    ぎょうせい 1988
  • 『マーケティング技法ハンドブック』編集委員共著
    日本ビジネスレポート 1989
  • 「IMC及びインタラクティブコミュニケーション研究のアメリカ最新動向」共著
    日経広告研究所『日経広告研究所報』 1995
もっと見る
講演・口頭発表等 (31件):
  • 「比較広告の再定義に関する考察ー比較広告統計と対象暗示なし比較表現の発見ー」単著
    (日本広告学会24回全国大会(於広島修道大学) 1993)
  • 「広告需要の近過去・近未来」単著
    (日本広告学会25回全国大会(於東京経済大学) 1994)
  • 「インタラクティブ広告の今後の展開に関する一視点」単著
    (日本広告学会関東部会(於東洋大学) 1995)
  • 「広告表現の演出要素についての計画プロセスに関する一考察」単著
    (日本広告学会26回全国大会(於関西大学) 1995)
  • 「広告需要の規定要因に関する統計的分析に基づく一考察」単著
    (日本マーケティング・サイエンス学会第60回研究大会(於学習院大学) 1996)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1979 慶應義塾大学 文学部 社会・心理・教育学科、社会学専攻
  • 1999 - 青山学院大学 経営学研究科 経営学
学位 (2件):
  • 修士(国際経営学)
  • 博士(商学)
経歴 (3件):
  • 2000-2002 (株)電通研究開発本部研究部長
  • 2002-2004 京都工芸繊維大学 教授 2004- 関西大学 社会学部 教授
  • 2004 - 関西大学 社会学部 教授
委員歴 (2件):
  • 2007 - 副会長・関西部会運営委員長
  • 2005 - 2007 理事
受賞 (2件):
  • 2000 - 日本広告学会 学会賞
  • 2004/11/01 - 日本広告学会 学会賞 学術図書部門
所属学会 (2件):
日本広告学会 ,  日本広報学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る