研究者
J-GLOBAL ID:200901086580210457   更新日: 2020年08月29日

細矢 剛

ホソヤ ツヨシ | Hosoya Tsuyoshi
所属機関・部署:
職名: グループ長
研究分野 (1件): 多様性生物学、分類学
研究キーワード (2件): 分類 ,  菌類
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • ヒアロスキファ科を中心としたビョウタケ目菌類の系統分類
  • チャワンタケ類の分類学的研究
論文 (83件):
  • 細矢 剛. 自然史情報デジタルアーカイブと社会的問題への利用-地球規模生物多様性情報機構GBIFの機能とそのデータの活用-. デジタルアーカイブベーシックス3. 2020. 112-132
  • Tochihara Y, Hosoya T. Type study of Lachnum japonicum: a new combination proposal with lectotypification. Phytotaxa. 2020. 434. 3. 203-207
  • Gasca J, Velez P, Hosoya T. Phylogeography of post-Pleistocene population expansion in Dasyscyphella longistipitata, an endemic fungal symbiont ofFagus crenata in Japan. Mycokeys. 2019. 65. 1-24
  • Hosoya T, Tochihara Y, Itagaki H. Ascomycete Japonicae Exsiccati, Fascicle 1, Nos. 1-10. Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Series. B. 2019. 45. 3. 103-106
  • 中江 雅典・細矢 剛. 日本国内における自然史標本資料の電子化情報アンケート調査結果. デジタルアーカイブ学会誌. 2019. 3. 3. 345-349
もっと見る
MISC (11件):
  • 山岡裕一, 岡根泉, 小野義隆, 細矢剛, 升屋勇人, 安藤裕萌, 安藤裕萌, 藤森祥平, 鈴木浩之, 糸澤千尋. 不完全サビキンおよび内生型サビキンの系統分類学的所属の決定ならびに生活環進化の解明のための情報基盤構築. Institute for Fermentation, Osaka. Research Communications. 2017. 31. 17-35
  • 中村 慎崇, 細矢 剛, 田中 千尋, 竹内 祐子. ブナ科樹木の根から検出されるビョウタケ目菌の多様性とその分類学的位置づけ. 第127回日本森林学会大会学術講演集. 2016. 132
  • 大澤 剛士, 鎌内 宏光, 細矢 剛, 伊藤 元己. LTER、GBIFにおける国際的な生物多様性データベースの動向と日本国内の課題 : 国際ワークショップ参加報告. 日本生態学会誌. 2013. 63. 2. 269-273
  • 細矢剛, 保坂健太郎. 菌類標本の作成・利用・管理. 2010. 26. 11-17
  • 佐藤 大樹, 伴 さやか, 升屋 勇人, 細矢 剛. 小林義雄博士により記載されたCordycepsのタイプ標本について-甲虫寄生菌-. 日本菌学会大会講演要旨集. 2010. 54. 0. 38-38
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1986 - 1988 筑波大学 生物科学研究科 生物学
  • 1982 - 1986 筑波大学 生物学類 生物学(基礎)
委員歴 (21件):
  • 2017/04 - 2019/03 日本菌学会 ホームページワーキンググループ委員
  • 2017/04 - 2018/03 日本菌学会 平成29年度〜30年度 編集委員
  • 2013/04 - 2017/03 日本菌学会 平成21年度〜22年度 企画教育普及担当理事
  • 2011/04 - 2015/03 日本菌学会 平成23年度〜26年度 編集委員
  • 2011/04 - 2013/03 日本菌学会 平成23年度〜24年度 評議員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2019/06 - 日本菌学会 日本菌学会賞 ビョウタケ目の系統分類ならびに利用に関する研究
  • 1997 - 日本菌学会奨励賞
所属学会 (3件):
英国菌学会 ,  米国菌学会 ,  日本菌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る