研究者
J-GLOBAL ID:200901086585383864   更新日: 2024年02月03日

森 拓郎

モリ タクロウ | MORI TAKURO
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 建築構造、材料
研究キーワード (1件): 建築構造・材料、木質構造
競争的資金等の研究課題 (30件):
  • 2021 - 2026 中規模構造への木質材料の構造利用に対する耐久設計ガイドラインの提案
  • 2022 - 2025 木材の組織構造を考慮した劣化予測モデルに関する研究
  • 2022 - 2025 新規木質材料と制振技術を融合した木造建物用損傷分散型構造システムの開発
  • 2022 - 2025 木造接合部における木材側の耐力発現に係わるせん断、割裂、支圧強度の長期性能の解明
  • 2020 - 2025 力学的エネルギー解析に基づく古材および生物劣化材の木材耐久性評価
全件表示
論文 (81件):
  • Hiroshi Isoda, Tokikatsu Namba, Akihisa Kitamori, Takuro Mori, Tatsuya Miyake, Takafumi Nakagawa, Solomon Tesfamariam. Experimental Behavior of L-Shaped and T-Shaped Cross-Laminated Timber to Evaluate Shear Walls with Openings. Journal of Structural Engineering. 2023. 149. 5
  • Ryo Inoue, Takuro Mori, Shinya Matsumoto. Effect of Numerous Small Deformations Due to Moderate Earthquakes on Seismic Response of Wooden Houses. Buildings. 2023. 13. 4. 1062-1062
  • Kaito Yamagata, Ryo Inoue, Takuro Mori, Shoichi Nakashima, Yasuhiro Araki, Takafumi Nakagawa, Hiroshi Isoda. Effects of shear performance by shear span and stress direction in cross laminated timber. AIP Conference Proceedings. 2023. 2609
  • Inoue, Ryo, Mori, Takuro, Matsumoto, Shinya. Effect of numerous small deformations caused by moderate earthquakes on shear performance of wooden walls. CONSTRUCTION AND BUILDING MATERIALS. 2023. 364
  • Ryo Inoue, Takuro Mori, Shinya Matsumoto. EFFECT OF SMALL DEFORMATION DUE TO MODERATE EARTHQUAKES ON THE SHEAR PERFORMANCE OF SHEAR RESISTING WALL. World Conference on Timber Engineering (WCTE 2023). 2023
もっと見る
MISC (318件):
  • 有木 彩乃, 豊岡 佳樹, 井上 涼, 森 拓郎, 中谷 誠, 玉置 教司, 中川 美幸, 原田 浩司, 腰原 幹雄. 継手接合部を有するCLTの面外曲げ性能に関する研究(その1)LSBを接合具とした場合. 2021. 44. 189-192
  • 山田翔子, 瀧野敦夫, 森拓郎, 中谷誠. ラグスクリューボルト押込み実験時における応力伝達機構の解明. 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM). 2021. 2021
  • 井上 涼, 森 拓郎, 角田 功太郎, 田中 圭, 五十田 博. 22224 大地震後の継続使用を想定した木造住宅の要求耐震性能. 構造III. 2020. 2020. 447-448
  • 井上 涼, 森 拓郎, 角田 功太郎, 田中 圭, 五十田 博. 地震後の継続使用を想定した戸建木造住宅の必要耐震性能-Seismic performance requirement of conventional wooden houses for continued use after earthquake. 日本建築学会中国支部研究報告集 = Proceedings of annual research meeting, Chugoku Chapter, Architectureal Institute of Japan (AIJ) / 日本建築学会中国支部 編. 2020. 43. 209-212
  • 山田翔子, 瀧野敦夫, 森拓郎. LSB接合を用いた木質ラーメン構造接合部実験の解析的研究. 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM). 2020. 2020
もっと見る
講演・口頭発表等 (164件):
  • 集成材に用いたラグスクリューボルトの圧縮性能
    (日本木材学会年次大会 2023)
  • ベイマツ強制腐朽材の実大部分横圧縮-その2 疲労挙動-
    (日本木材学会年次大会 2023)
  • 再加力までの期間における釘接合部せん断性能の回復傾向
    (日本木材学会年次大会 2023)
  • 屋外暴露環境下でのCLT・集成材の内部含水率に関する研究
    (日本木材学会年次大会 2023)
  • 木質構造の大規模化に伴う構造実験に用いる試験体縮小の影響 -モーメント抵抗接合部の場合の検討-
    (日本木材学会年次大会 2023)
もっと見る
所属学会 (2件):
日本木材学会 ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る