研究者
J-GLOBAL ID:200901086604647894   更新日: 2020年08月31日

名波 敦

ナナミ アツシ | Nanami Atsushi
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/site/nanamiatsushihomepage/home
研究分野 (2件): 水圏生産科学 ,  生態学、環境学
研究キーワード (9件): 産卵集群 ,  海洋保護区 ,  サンゴ礁魚類 ,  砂浜海岸 ,  サンゴ礁 ,  Habitat association ,  Ecology ,  Behavior ,  Coral reef fish
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 サンゴ礁魚類の摂餌行動の多様性:サンゴ礁生態系の健全性との関連
  • 2015 - 2019 サンゴ礁を対象とした生態系動態モデル体系の革新とレジリエンス強化策への貢献
  • 2011 - 2014 ハタ科魚類の繁殖機構の解明:資源維持管理に向けての生理生態学的研究
論文 (44件):
  • 名波 敦. Spatial distribution and feeding substrate of butterflyfishes (family Chaetodontidae) on an Okinawan coral reef. 2020. 8. e9666
  • 名波 敦. Spatial distributions, feeding ecologies, and behavioral interactions of four rabbitfish species (Siganus unimaculatus, S. virgatus, S. corallinus, and S. puellus). PeerJ. 2018. 6. e6145
  • 名波 敦. Diel variation in home range size and precise returning ability after spawning migration of a coral reef grouper Epinephelus ongus: implications for effective marine protected area design. Marine Ecology Progress Series. 2018. 606. 119-132
  • Atsushi Nanami, Taku Sato, Yuuki Kawabata, Junichi Okuyama. Spawning aggregation of white-streaked grouper Epinephelusongus: spatial distribution and annual variation in the fish density within a spawning ground. PEERJ. 2017. 5. e3000
  • A. Nanami, K. Saitoh, M. Sekino. Development of 18 microsatellite markers for the white-streaked grouper, Epinephelus ongus (Bloch, 1790). JOURNAL OF APPLIED ICHTHYOLOGY. 2017. 33. 1. 121-123
もっと見る
MISC (25件):
もっと見る
書籍 (4件):
  • 海洋保護区で魚を守る-サンゴ礁に暮らすナミハタのはなし (水産研究・教育機構叢書)
    恒星社厚生閣 2018 ISBN:4769916264
  • Fishes out of water: Biology and Ecology of Mudskippers.
    CRC Press 2017
  • 最新ダイビング用語事典-安全管理、活動の実例から医学、教育情報まで
    成山堂書店 2012 ISBN:4425954815
  • 魚類環境生態学入門-渓流から深海まで、魚と棲みかのインターアクション (東海大学自然科学叢書)
    東海大学出版会 2006 ISBN:4486017293
講演・口頭発表等 (20件):
  • Species-specific spatial distribution of butterflyfishes (family Chaetodontidae) in an Okinawan coral reef
    (SCESAP Biodiversity Symposium 2019)
  • Foraging substrates of butterflyfishes (family Chaetodontidae): what types of corals are important?
    (SCESAP Biodiversity Symposium 2019)
  • サンゴ礁に生息するアイゴ科4種の空間分布•摂餌生態•行動特性
    (日本魚類学会 2018)
  • Spawning aggregation of white-streaked grouper Epinephelus onus: Spatial distribution, annual variation and sex-specific arrival timing.
    (13th International Coral Reef Symposium 2016)
  • 繁殖集団をつくる生物の保全生態学的研究 -サンゴ礁魚類のナミハタを例にして-
    (日本生態学会大会 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2000 東北大学 生物学専攻
  • 東北大学
学位 (1件):
  • 理学博士
経歴 (2件):
  • 2014/04 - 現在 長崎大学連携大学院 准教授
  • 2000/04 - 現在 国立研究開発法人 水産研究教育機構
所属学会 (1件):
The Society for Coastal Ecosystems Studies - Asia Pacific
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る