研究者
J-GLOBAL ID:200901086638320703   更新日: 2018年04月16日

坂田 裕輔

サカタ ユウスケ | SAKATA Yusuke
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://www.ecofirm.com
研究分野 (3件): 環境影響評価・環境政策 ,  理論経済学 ,  経済政策
研究キーワード (3件): 森林問題 ,  環境経済学 ,  都市経済学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2016 - 2018 結合生産理論による生態系サービスを考慮した森林管理手法の研究
  • ごみ問題の経済分析
論文 (32件):
  • 坂田 裕輔. フェアトレード情報の具体性が購買態度に与える影響. 流通. 2017. 40. 1-14
  • 坂田 裕輔. 手工芸品のフェアトレード~タイ山岳民族の現地調査. アジア市場経済学会年報. 2015. 18. 35-47
  • 坂田 裕輔. 生態系サービスを考慮した林業経営と森林保全. 経営ビジネス学論集. 2015. 4. 73-88
  • 坂田 裕輔, フェアトレードシティくまもと推進委員会. 熊本市と福岡市におけるフェアトレード認知率調査結果. かやのもり : 近畿大学産業理工学部研究報告 : reports of School of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kinki University. 2015. 23. 41-49
  • 坂田 裕輔. 手工芸品のフェアトレード : タイ山岳民族の現地調査. アジア市場経済学会年報. 2015. 18. 35-47
もっと見る
MISC (5件):
  • 依田 浩敏, 金子 哲大, 大木 優, 寺井 仁, 勝瀬 郁代, 坂田 裕輔, 長谷川 徹也, 大箸 純也, 飯島 高雄, 太田 壮哉, 橋冨 博喜, 位田 絵美, W. R. Pellowe. 特集 私の三冊. かやのもり : 近畿大学産業理工学部研究報告 : reports of School of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kinki University. 2015. 23. 52-56
  • 坂田 裕輔. 〈研究室だより〉環境経済学研究室. かやのもり:近畿大学産業理工学部研究報告 = Reports of School of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kinki University. 2013. 18. 50-51
  • 坂田 裕輔. 羅針盤 平成20年度共同研究「自治体における地球温暖化対策」基調講義 気候変動問題と自治体の役割. 自治大阪. 2008. 59. 8. 14-27
  • 坂田 裕輔. 鹿児島県離島地域のごみ処理特性--与論町における調査を中心として. 奄美ニューズレター. 2005. 23. 12-17
  • 坂田 裕輔. 離島地域の持続可能性向上に向けた産業育成手法--屋久島観光業を題材にした検討. 奄美ニューズレター. 2004. 3. 17-22
書籍 (3件):
  • ごみの環境経済学
    晃洋書房 2005
  • ごみ問題と循環型社会
    晃洋書房 2007
  • 価値共創とマーケティング論
    同文館出版 2015
講演・口頭発表等 (7件):
  • ごみ減量化政策の質的選択モデルによる実証分析
    (廃棄物学会研究発表会講演論文集 = Proceedings of the Annual Conference of the Japan Society of Waste Management Experts 1998)
  • ごみ減量化施策の検討
    (廃棄物学会研究発表会講演論文集 = Proceedings of the Annual Conference of the Japan Society of Waste Management Experts 1998)
  • 研究報告セッションR6 環境保全型社会と住民参加 (特集 第22回全国大会(東京大会))
    (計画行政 2000)
  • 市町村の一般廃棄物処理状況に影響する要因と改善方策の提示に関する研究
    (廃棄物学会研究発表会講演論文集 2008)
  • ごみ分別に係る自治会の役割と支援について
    (廃棄物学会研究発表会講演論文集 2008)
もっと見る
Works (8件):
  • 日本におけるCO<sub>2</sub>排出量削減の可能性と日本のエネルギー政策について
    1999 - 2000
  • 気候変動枠組条約第6回締約国会議(COP6 Part2)、2001年7月、ボン(ドイツ)
    2001 -
  • 環境を含んだ政策評価モデルの構築
    2001 - 2002
  • 京都議定書の批准に向けた国内地球温暖化対策の制度設計に関する研究
    2001 - 2003
  • 循環型社会システムの屋久島モデルの構築
    2001 - 2003
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1994 大阪大学 法学部 法学科
  • - 1999 大阪大学 国際公共政策研究科 国際公共政策
学位 (1件):
  • 博士(国際公共政策) (大阪大学)
経歴 (2件):
  • 1999 - 2000 鹿児島大学法文学部 講師
  • 2000 - 2004 鹿児島大学法文学部 助教授
委員歴 (2件):
  • 2016/06 - 現在 福岡県飯塚市 環境審議会委員
  • 2014/07 - 現在 福岡県嘉麻市 森林・林業振興協議会委員長
所属学会 (3件):
環境経済政策学会 ,  廃棄物学会 ,  計画行政学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る