研究者
J-GLOBAL ID:200901086800310946   更新日: 2020年09月03日

清水 邦彦

シミズ クニヒコ | Shimizu Kunihiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (6件): 常態系口腔科学 ,  成長、発育系歯学 ,  遺伝学 ,  発生生物学 ,  分子生物学 ,  実験動物学
研究キーワード (4件): マウス ,  遺伝子単離 ,  骨格異常 ,  プロモーター
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2016 - 2019 染色体置換マウスを用いた唾液分泌能の個体差と齲蝕感受性に関与する遺伝因子の探索
論文 (39件):
  • Chihiro Watanabe, Daisuke Orino, Kuknihko Shimizu. Investigation of the effects of the chromosomalregions of mouse chromosome 2 on susceptibilityto dental caries using congenic strains. Pediatric Dental Journal. 2019. 29. 1. 11-16
  • Yuri Kiguchi, Yuri Aono, Yuriko Watanabe, Seiko Yamamoto-Nemoto, Kunihiko Shimizu, Takehiko Shimizu, Yasuhiro Kosuge, John L. Waddington, Kumiko Ishige, Yoshihisa Ito, et al. In vivo neurochemical evidence that delta1-, delta2-and mu2-opioid receptors, but not mul1opioid receptors, inhibit acetylcholine efflux in the nucleus accumbens of freely moving rats. EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY. 2016. 789. 402-410
  • Chika Endo, Seiko Yamamoto, Kunihiko Shimizu. Study on factors that affect caries susceptibility in mice. Pediatric Dental Journal. 2014. 24. 1. 39-45
  • 遠藤智佳, 嶋田理菜, 石井かおり, 榎本豊, 清水邦彦, 前田隆秀. 色素失調症患児の口腔内管理の1例. 日大口腔科学. 2013. 39. 2. 95-101
  • Terukazu Kokubun, Kunihiko Shimizu. Comprehensive Analysis of Gene Expression Associated with Caries Susceptibility in Chromosome 2-substituted Mice. International Journal of Oral-Medical Sciences. 2013. 11. 4. 242-248
もっと見る
MISC (5件):
  • 眞田奈緒美, 嶋田理菜, 岡田裕莉恵, 山口茜, 木村奈緖, 根本(山本)晴子, 清水邦彦, 清水武彦. 横紋筋肉腫の治療後に認められた顎骨の発育不全および歯の形成障害の1例. 小児歯科学会雑誌. 2018. 56. 4. 466-473
  • Akiko Hiraki, Kunihiko Shimizu. Analysis of genetic factors influencing susceptibility to dental caries by using a chromosome 2 substitution mouse strain. Pediatric Dental Journal. 2016. 26. 1. 8-15
  • Nao Ogawa, Kunihiko Shimizu. Fgf20 and Fgf4 may contribute to tooth agenesis in epilepsy-like disorder mice. Pediatric Dental Journal. 2016. 26. 1. 21-27
  • Abo Norioki, Ogawa Kei, Shimizu Kunihiko. Craniofacial Development in Rats Fed on Powdered Diet Following Extraction of All Upper Molars. International Journal of Oral-Medical Sciences. 2013. 12. 3. 129-140
  • 韓 娟, 清水武彦, 清水邦彦, 前田隆秀. コルチゾン投与によるマウス唇顎口蓋裂の遺伝形式の検討. 小児歯科学雑誌. 2004. 42. 4. 512-517
特許 (1件):
  • エナメリン遺伝子機能不全マウス
書籍 (2件):
  • 歯科に役立つ遺伝学
    わかば出版 2014 ISBN:9784898240731
  • 子どもの歯に強くなる本
    クインテッセンス出版(株) 2012
講演・口頭発表等 (55件):
  • CLINICAL RESPONSE TO DENTAL TRAUMA IN DECIDUOUS TEETH
    (第8回アジア外傷歯学会学術大会 2018)
  • 齲蝕感受性に関わる染色体領域の限定
    (第56回日本小児歯科学会大会 2018)
  • エナメリン遺伝子変異マウスにおけるエナメル質の検討
    (第56回日本小児歯科学会大会 2018)
  • 新医局員の教育 特に小児への対応について
    (第56回日本小児歯科学会大会 2018)
  • 外傷による幼若永久歯の完全脱臼の2例
    (第8回日本外傷歯学会東日本地方会大会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2000 日本大学大学院 歯学
  • - 1996 日本大学 歯学科
学位 (1件):
  • 博士(歯学) (日本大学)
経歴 (4件):
  • 2008/10 - 日本大学松戸歯学部 准教授
  • 2006/12 - 2008/09 日本大学松戸歯学部 専任講師
  • 2002 - 2006/11 日本大学松戸歯学部 講師(専任扱)
  • 2000 - 2002 日本大学松戸歯学部 助手
委員歴 (15件):
  • 2019/09/05 - 2021/06 一般社団法人 日本学校歯科医会 国際渉外委員会
  • 2019/01/01 - 千葉県国民健康保険診療報酬審査委員会 千葉県国民健康保険診療報酬審査委員会委員
  • 2014/04/27 - 2017/04/27 日本外傷歯学会東日本地方会 会計担当理事
  • 2016/08 - 第32回日本小児歯科学会関東地方会 大会副準備委員長
  • 2013/07/20 - 2016/07 日本外傷歯学会 理事
全件表示
受賞 (1件):
  • 2000 - International Mouse Geneme Conference Poster award
所属学会 (4件):
日本実験動物学会 ,  日本外傷歯学会 ,  日本小児歯科学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る