研究者
J-GLOBAL ID:200901086802884516   更新日: 2020年01月20日

比嘉 吉一

ヒガ ヨシカズ | HIGA Yoshikazu
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • (一社)衝撃波応用技術研究所  理事
ホームページURL (1件): http://onctmscsml.web.fc2.com/
研究分野 (5件): 社会システム工学・安全システム ,  科学教育 ,  工学基礎 ,  機械材料・材料力学 ,  複合材料・物性
研究キーワード (8件): 計算力学 ,  マイクロメカニクス ,  固体力学 ,  ナノインデンテーション ,  水中衝撃波 ,  マルチスケール計算固体力学 ,  マルチフィジックス ,  SEM/EBSD
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2022 不発弾海中爆破処理の影響評価と積極的環境負荷低減化手法の構築
  • 2016 - 2019 不発弾の処理時等における安全対策等検討業務-数値シミュレーションによる検討
  • 衝撃波処理による高効率精油抽出効果の評価
  • 衝撃波前処理による高効率香気成分抽出技術を利用した沖縄県アロマアイランド化構想
  • 瞬間的高圧による低コスト高品質米粉製造システムの商業生産技術の普及
全件表示
論文 (29件):
  • Ken SHIMOJIMA, Yoshikazu HIGA, Osamu HIGA, Ayumi TAKEMOTO, Hirofumi IYAMA, Toshihiro WATANABE, Hideyuki KAWAI, Kazuyuki HOKAMOTO and Shigeru ITOH. Design and production of pressure vessel for food processing machine using underwater shock using measurement of particle velocity and results of numerical analysis. The International Journal of Multiphysics. 2019. 13. 3. 283-293
  • Hirofumi IYAMA, Yoshikazu HIGA, Masatoshi NISHI and Shigeru ITOH. Magnesium alloy forming using underwater shock wave by wire electric discharge. The International Journal of Multiphysics. 2019. 13. 3. 269-282
  • Yoshikazu HIGA, Hirofumi IYAMA, Ken SHIMOJIMA, Osamu HIGA and Shigeru ITOH. Experimental observation for dynamic characteristics of "Shimajiri Mahji" and its evaluation using computational simulation. The International Journal of Multiphysics. 2019. 13. 3. 241-251
  • Matej BOROVINŠEK, Matej VESENJAK, Yoshikazu HIGA, Ken SHIMOJIMA and Zoran REN. Characterization of Geometrical Changes of Spherical Advanced Pore Morphology (APM) Foam Elements during Compressive Deformation. Materials. 2019. 12. 7. 1088
  • Miran ULBIN, Matej VESENJAK, Matej BOROVINŠEK, Isabel DUARTE, Yoshikazu HIGA, Ken SHIMOJIMA and Zoran REN. Detailed Analysis of Closed-Cell Aluminum Alloy Foam Internal Structure Changes during Compressive Deformation. Advanced Engineering Material. 2018. 20. 4. 1800164
もっと見る
MISC (27件):
  • Ken SHIMOJIMA, Yoshikazu HIGA, Osamu HIGA, Ayumi TAKEMOTO, Hideaki KAWAI, Kazuyuki HOKAMOTO, Hirofumi IYAMA, Toshiaki WATANABE and Shigeru ITOH. Experimental Study for the Tenderness of Meat using Underwater Shock Waves Generation by Wire Electrical Discharges. Explosion Shock Waves and High Strain Rate Phenomena, Materials Research Proceedings. 2019. 13. 35-40
  • 比嘉 吉一,井山 裕文. 計算力学的視点による不発弾の安全化処理-地中・地表面爆発問題の数値シミュレーション-. 設計工学. 2019. 54. 2. 91-98
  • Hirofumi IYAMA, Masatoshi NISHI and Yoshikazu HIGA. Influence of Pressure Vessel Shape on Explosive Forming. ASME 2018 Pressure Vessels & Piping Division Conference PVP2018. 2018. PVP2018-84476
  • Yoshikazu HIGA, Hirofumi IYAMA, Ken SHIMOJIMA, Osamu HIGA and Shigeru ITOH. Numerical Simulation for Soil Surface Explosion Problem, - A study of fragments controlling effect using liner plate application -. Proceedings of the 3rd International Conference on Engineering Science and Innovative Technology (ESIT2018). 2018. 480-485
  • Ken SHIMOJIMA, Osamu HIGA, Yoshikazu HIGA, Ayumi TAKEMOTO, Atsushi YASUDA, Hirofumi IYAMA, Toshiaki WATANABE and Shigeru ITOH. Development of food processing machine for practical use by underwater shock waves using a wire explosion of aluminum. Proceedings of the 3rd International Conference on Engineering Science and Innovative Technology (ESIT2018). 2018. 468-472
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (3件):
  • Multiscale Characterization of Deformation Behavior of Metal-Matrix Composite under Plane Strain Conditions
    SOLID MECHANICS AND ITS APPLICATIONS, Vol.108, IUTAM Symposium Computational Mechanics of Solid Materials at Large Strains 2003
  • Computational Modeling and Characterization of Materials with Periodic Microstructure Using Asymptotic Homogenization Method
    SOLID MECHANICS AND ITS APPLICATIONS, Vol.115, Mesoscopic Dynamics of Fracture Process and Materials Strength, Kluwer Academic Pub. 2004
  • 実践的高度溶接技術者育成コース 教材
    2006
講演・口頭発表等 (74件):
  • 微視構造を有する材料の応答の均質化法によるモデル化とその応用
    (日本材料学会第48期第5回塑性工学部門委員会(第1回塑性力学分科会) 1999)
  • 均質化法によるNi基単結晶合金の変形解析
    (第191回材料力学談話会 2000)
  • 有限要素法によるメゾスコピックレベル組織材質予測手法の検討
    (第3回スーパーメタルシンポジウム 2001)
  • 有限要素法によるメゾスコピック組織材質予測のためのマルチスケールモデリング
    (第4回スーパーメタルシンポジウム 2001)
  • 結晶塑性均質化法による超微細複相組織鋼の変形挙動解析
    (日本機械学会計算力学講演会 A-TS01-15 マルチスケール計算固体力学研究会 2003)
もっと見る
Works (2件):
  • 超微細複相組織鋼の材質予測手法の開発
    1999 - 2002
  • 微細多結晶体マクロ変形特性発現の原子素構造ダイナミックスからの検討
    2001 - 2003
学歴 (3件):
  • 1991 - 1995 琉球大学 工学部 エネルギー機械工学科
  • 1995 - 1997 琉球大学大学院 工学研究科 機械工学専攻
  • 1997 - 2000 神戸大学大学院 自然科学研究科 生産科学専攻
学位 (3件):
  • 博士(工学) (神戸大学)
  • 修士(工学) (琉球大学)
  • 学士(工学) (琉球大学)
経歴 (5件):
  • 2000/11 - 2004/10 大阪大学大学院工学研究科 助手
  • 2004/11 - 2005/03 大阪大学大学院工学研究科 学内講師
  • 2005/04 - 2007/03 沖縄工業高等専門学校 助教授
  • 2007/04 - 2014/03 沖縄工業高等専門学校 准教授
  • 2014/04 - 現在 沖縄工業高等専門学校 教授
委員歴 (7件):
  • 2019/10 - 現在 International Conference on Food and Environmental Sciences Technical Committee
  • 2019/07 - 現在 日本機械学会九州支部 沖縄講演会 委員
  • 2017/10 - 現在 (一社)衝撃波応用技術研究会 理事
  • 2019/03 - 2019/09 The International Journal of Multiphysics Guest Editor on Special Issue
  • 2017/03 - 2018/02 日本機械学会九州支部 沖縄地区長
全件表示
受賞 (4件):
  • 2019/09 - International Conference on Design, Mechanical and Electrical Engineering (DMEE2019) Best Presentation Award
  • 2018/04 - ESIT2018 Best Paper Award
  • 2016/04 - ESIT2016 Best Paper Award
  • 1995 - 日本機械学会畠山賞
所属学会 (2件):
日本機械学会 ,  日本材料学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る