研究者
J-GLOBAL ID:200901086819546622   更新日: 2020年01月20日

佐々木 朗

ササキ アキラ | SASAKI Akira
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.dent.okayama-u.ac.jp/2kouge/index-sc-j.htmlhttp://www.dent.okayama-u.ac.jp/2kouge/index-sc-j.html
研究分野 (1件): 外科系歯学
研究キーワード (1件): 口腔外科学
論文 (113件):
  • Replacing zoledronic acid with denosumab is a risk factor for developing osteonecrosis of the jaw. Oral surgery, oral medicine, oral pathology and oral radiology. 2018. 125. 6. 547-551
  • Matsumoto K, Shimo T, Kurio N, Okui T, Ibaragi S, Kunisada Y, Obata K, Masui M, Pai P, Horikiri Y, Yamanaka N, Takigawa M, Sasaki A. Low-intensity pulsed ultrasound stimulation promotes osteoblast differentiation through hedgehog signaling. Journal of Cellular Biochemistry. 2018. 119. 6. 4352-4360
  • 1. Sento S, Kitamura N, Yamamoto T, Nakashiro K, Hamakawa H, Ibaragi S, Sasaki A, Takamaru N, Miyamoto Y, Kodani I, Ryoke K, Mishima K, Ueyama Y; ORAL CANCER STUDY GROUP OF CHUGOKU-SHIKOKU. Palonosetron Prevents Highly Emetogenic Chemotherapy-induced Nausea and Vomiting in Oral Cancer Patients. Anticancer Research. 2017. 37. 12. 6977-6981
  • Kuroda H, Kurio N, Shimo T, Matsumoto K, Masui M, Takabatake K, Okui T, Ibaragi S, Kunisada Y, Obata K, Yoshioka N, Kishimoto K, Nagatsuka H, Sasaki A. Oral Squamous Cell Carcinoma-derived Sonic Hedgehog Promotes Angiogenesis. Anticancer Research. 2017. 37. 12. 6731-6737
  • Takakura H, Shimo T, Yoshioka N, Yao M, Obata K, Ibaragi S, Okui T, Kunisada Y, Morisawa A, Shibata A, Yoshida S, Murase Y, Kishimoto K, Nishiyama A, Mese H and Sasaki A. Maxillofacial fractures in elderly patients. International Journal of Surgery & Surgical Procedures. 2017. 2. 1-5
もっと見る
MISC (223件):
  • Osteolysis and tumor growth are enhanced in sites of increased bone turnover in vivo. (口答発表). Journal of Bone and Mineral Research. 9. S294
  • Multi-step inhibition of breast concer metastasis to bone by a combination of bisphosphouate and TIMP-2(口答発表). Cancer Research (Proceedings). 37. S611
  • A case of lipema at parofid gland and its radiographic imaging. 45. 5. 739
  • Grouth and osteolytic bone metastasis of human breast cancer is dependent on their SRC tyrosin Kinase(TK)activify (口答発表). Journal Bone and Mineral Research. 10. S177
  • Bone-deruiued growth factors enclcance bneast caneer metartasis to bone(口答発表). J. Bone and Wineral Research. 11. S481
もっと見る
書籍 (26件):
  • 乳癌およびメラノーマの骨転移モデル
    [続]がんの浸潤・転移研究マニュアル(共著) 1997
  • 薬‘06/’07-口腔疾患からみる治療薬と処方例
    クイッテセンス(東京) 2005
  • 薬‘06/’07-口腔疾患からみる治療薬と処方例
    クイッテセンス(東京) 2005
  • 最新 チェアサイドで活用する口腔粘膜疾患の診かた
    ヒョーロン・パブリッシャーズ,東京 2007
  • 最新 チェアサイドで活用する口腔粘膜疾患の診かた
    ヒョーロン・パブリッシャーズ,東京 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (517件):
  • 高齢者の口腔外科領域悪性腫瘍患者の臨床的観察 .根治的治療が行えなかった症例の背景因子に関する検討.
    (第53回日本口腔科学会総会 1999)
  • 唇顎口蓋裂患者の顎裂閉鎖への骨延長法の応用.
    (第44回日本口腔外科学会総会 1999)
  • 当科における顎矯正手術の臨床統計的観察.
    (第9回日本顎変形症学会総会 1999)
  • 顎関節症に対する超音波治療器に有用性について.
    (兵庫県理学療法士学会 1999)
  • 当科における過去17年間の病理組織診断の統計的観察.
    (第47回日本口腔科学会中国・四国地方部会 1999)
もっと見る
学位 (1件):
  • 歯学博士 (岡山大学)
経歴 (11件):
  • 1981/05 - 1983/03 慶応義塾大学病院歯科口腔外科
  • 1992/04 - 1994/03 米国テキサス大学サンアントニオ校ヘルスサイエンスセンター内分泌/代謝部門 博士研究員
  • 1984/04 - 1994/03 岡山大学歯学部口腔外科学第2講座 助教
  • 1994/04 - 2000/12 岡山大学歯学部附属病院第二口腔外科 講師
  • 2001/01 - 2003/04 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 准教授
全件表示
委員歴 (18件):
  • 2009 - 現在 日本口腔外科学会 理事
  • 2004 - 日本口腔腫瘍学会 評議員
  • 2003 - 日本口腔科学会 評議員
  • 2009 - 岡山歯学会 理事・副会長
  • 2008 - 2013 日本口腔外科学会 雑誌編集査読委員会・委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 1993 - Young Investigator Award(米国骨代謝学会)
  • 2000 - 優秀ポスター賞(日本骨代謝学会)
所属学会 (12件):
日本口腔外科学会 ,  日本頭頚部腫瘍学会 ,  日本顎変形症学会 ,  日本口腔腫瘍学会 ,  日本口腔科学会 ,  日本骨代謝学会 ,  米国骨代謝学会(American Society of Bone and Mineral Research) ,  米国癌学会(American Association for Cancer Research) ,  岡山歯学会 ,  日本顎関節学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る