研究者
J-GLOBAL ID:200901086856365395   更新日: 2017年11月28日

井上 真由美

イノウエ マユミ | INOUE MAYUMI
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 経営学
研究キーワード (1件): 経営学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2015 - 2017 草創期の神戸高等商業学校における倫理教育-内容と成果およびその背景-
  • 2008 - 2009 転換期における日本の経営者と株主の関係
  • 2005 - 2007 貿易商社兼松における従業員持株制度についての研究
論文 (12件):
  • 井上 真由美(共著). 太田市域における機械産業集積の発展要因に関する分析. 日本中小企業学会論集. 2016. 35. 122-134
  • 井上 真由美. 草創期の神戸高等商業学校における道徳教育. 日本経営倫理学会誌. 2015. 22. 121-134
  • 井上 真由美(共著). 出光佐三の理念と神戸高等商業学校の教育者. 産業研究. 2014. 50. 1. 53-69
  • 井上 真由美(共著). 戦前のステークホルダー型企業におけるエージェンシー関係の忌避. 組織科学. 2014. 48. 1. 52-63
  • 井上 真由美(共著). 日本のコーポレートガバナンスとアクティビストファンドの関係. 日本経営学会誌. 2010. 25. 3-14
もっと見る
MISC (7件):
  • 井上 真由美. 「起業大国」化に関するいくつかの論点. 商工金融. 2017. 67. 7
  • 井上 真由美(共著). 中小企業への伴走型支援活動-高崎商工会議所での聞き取り調査記録-. 産業研究. 2016. 51. 1・2
  • 井上 真由美. ゼミナールでの経営倫理研究. 経営人のナビゲーター経営倫理. 2015. 79
  • 井上 真由美(共著). 米国のアクティビストファンドによって株式を大量保有された日本企業9社へのインタビュー調査. RIEB KOBE UNIVERSITY Discussion Paper Series. 2009. J105
  • 井上 真由美. 地域密着型企業にみられる制度的叡智-そのビジネスシステムと人材育成-. RIEB KOBE UNIVERSITY Discussion Paper Series. 2008. J95
もっと見る
書籍 (3件):
  • 地域創生イノベーション
    中央経済社 2016
  • 1からのアントレプレナーシップ
    碩学舎 2017
  • 地方製造業の展開-高崎ものづくり再発見-
    日本経済評論社 2017
講演・口頭発表等 (6件):
  • 戦前期の商社における企業統治
    (日本経済新聞社・企業行動コンファレンス 2006)
  • アクティビストファンドに対する日本企業の反応
    (神戸商工会議所経営講座 2008)
  • 従業員持株制度を利用した自律的ガバナンス-貿易商社兼松の事例から-
    (神戸大学学友会大阪凌霜クラブ7月定例会 2008)
  • 出光佐三の士魂商才・家族主義・大地域小売主義
    (アーリーライザーズ・クラブ 2013)
  • 出光佐三と神戸高商-士魂商才の教えとその背景-
    (企業家研究フォーラム・大阪商工会議所共催 2017年度『講座・企業家学』 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1998 - 2002 同志社大学 文学部 社会学科
  • 2002 - 2004 神戸大学大学院 経営学研究科 博士前期課程
  • 2004 - 2007 神戸大学大学院 経営学研究科 博士後期課程
学位 (2件):
  • 博士(経営学) (神戸大学)
  • 修士(経営学) (神戸大学)
経歴 (5件):
  • 2007/04 - 2007/09 神戸大学大学院 COE研究員
  • 2007/10 - 2009/03 神戸大学 講師
  • 2009/04 - 2011/03 明星大学 助教
  • 2011/04 - 2015/03 高崎経済大学 講師
  • 2015/04 - 現在 高崎経済大学 准教授
委員歴 (3件):
  • 2015/07 - 現在 企業家研究フォーラム 幹事
  • 2014/07 - 現在 群馬県学事法制課 公益認定等審議会委員
  • 2014/04 - 現在 群馬県企業局 経営懇談会委員
所属学会 (6件):
日本中小企業学会 ,  日本経営倫理学会 ,  企業家研究フォーラム ,  組織学会 ,  日本経営学会 ,  経営史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る