研究者
J-GLOBAL ID:200901086968699059   更新日: 2020年05月24日

山本 泰望

ヤマモト タイボウ | Yamamoto Taibo
所属機関・部署:
職名: 助教授
研究分野 (3件): 細胞生物学 ,  分子生物学 ,  動物生理化学、生理学、行動学
研究キーワード (6件): Muscle contrdction ,  Bioenergetics ,  Biomembrane ,  生体膜 ,  生体エネルギー変換 ,  生体内カルシウム動態 筋収縮制御
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 冷海水動物の筋収縮制御機構
  • 筋小胞体によるCa2+-能動輸送の分子機能
  • Molecular mechanism of active transport by SR
MISC (48件):
書籍 (11件):
  • 筋小胞体Ca-ATPaseの化学修飾および部位特異的変異導入による温度感受性の変化
    2000
  • Change in the thermal sensitivity of sarcoplasmic reticulum Ca-ATPase by chemical modifications and mutagenesis of specific Cys residues
    "Na/K-ATPase and Related ATPase" 2000
  • 分子生理学ノート
    学会出版センター 1995
  • Reconstitution of calcium transport from monomeric ATPase of sarcoplasmic reticulum. In "Perspectives of Biological Energy Transduction"eds. S, Fleischer et al.
    Academic Press : New York. 1987
  • The sarcoplasmic reticulum ATPase. In 'Energy transducing ATPase -Structure and Kinetics' ed. Y. Tonomura
    Cambridge University Press : London, New York 1986
もっと見る
Works (3件):
  • 重点領域研究「血管系の機能および病変の基礎としての内皮平滑筋連関」牛大動脈平滑筋からのCa<sup>2+</sup>-ポンプATPaseの単離およびその性質(研究成集報告書103-105貢)
    1993 -
  • 学会報告 大動脈平滑筋マイクロソーム分画抽出物によるカルシウム取り込み活性の阻害(「日本生体エネルギー研究会19巻174頁)
    1993 -
  • 生化学会発表 筋小胞体によるCa輸送のバナデート及び紫外線照射による脱共役(「生化学」65巻8号947頁)
    1993 -
学歴 (4件):
  • - 1969 大阪大学 生理学
  • - 1969 大阪大学
  • - 1964 島根大学 生物学
  • - 1964 島根大学
学位 (2件):
  • 理学博士 (大阪大学)
  • 理学博士
経歴 (11件):
  • 1980 - - 大阪大学理学部 助教授
  • 1980 - - Associated Professor, Faculty of Science, Osaka Univ.
  • 1977 - 1979 ナショナル科学ファンデーション研究員米, コーネル大学研究員
  • 1977 - 1979 Post Doc. Fellow, National Science Foudation, Cornell Univ.
  • 1973 - 1977 大阪大学理学部 助手
全件表示
所属学会 (2件):
日本生物物理学会 ,  日本生物化学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る