研究者
J-GLOBAL ID:200901086974385759   更新日: 2020年07月13日

牛尾 知雄

ウシオ トモオ | Ushio Tomoo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/site/tomooushioonline/home
研究分野 (3件): 計測工学 ,  大気水圏科学 ,  防災工学
研究キーワード (1件): 電波リモートセンシング
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 地球静止軌道からの雷観測
  • レーダデジタル信号処理の改良
  • 高速スキャンレーダの開発
  • 地球環境計測に関する研究
  • レーダに関する研究
全件表示
論文 (10件):
  • satellite Global Satellite Mapping of Precipitation (GSMaP) - Design and Products. 2019 URSI ASIA-PACIFIC RADIO SCIENCE CONFERENCE (AP-RASC). 2019
  • Optical lightning observations with photometers on the International Space Station and Radio observations from the ground. 2019 URSI ASIA-PACIFIC RADIO SCIENCE CONFERENCE (AP-RASC). 2019
  • Takuji Kubota, Kazumasa Aonashi, Tomoo Ushio, Shoichi Shige, Yukari N, Takayabu, Misako Kachi, Yoriko Arai, Tomoko Tashima, Takeshi Masaki, Nozomi Kawamoto, Tomoaki Mega, Munehisa K. Yamamoto, Atsushi Hamada, Moeka Yamaji, Guosheng Liu, Riko Oki. Global Satellite Mapping of Precipitation (GSMaP) products in the GPM era. Satellite Precipitation Measurements, V. Levizzani, C. Kidd, D. Kirschbaum, C. Kummerow, K. Nakamura, and J. Turk (eds.) Springer. 2018. (submitted)
  • Isoda Fusako, Satoh Shinsuke, Ushio Tomoo. Temporal and Spatial Characteristics of Localized Rainfall on 26 July 2012 Observed by Phased Array Weather Radar. SOLA. 2018. 14. 64-68
  • 宮本裕紀, 森本健志, 中村佳敬, 牛尾知雄, 酒井英男, 清水雅仁, 永田広大. Ku帯広帯域気象レーダで観測された降水エコーの時間変動と雷活動. 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM). 2017. 7. 15
もっと見る
MISC (235件):
  • Daichi Kitahara, Maya Nakahara, Akira Hirabayashi, Eiichi Yoshikawa, Hiroshi Kikuchi, Tomoo Ushio. Nonlinear Beamforming via Convex Optimization for Phased Array Weather Radar. 2018 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference, APSIPA ASC 2018 - Proceedings. 2019. 1831-1835
  • 和田有希, 和田有希, 榎戸輝揚, 松元崇弘, 中澤知洋, 古田禄大, 湯浅孝行, 土屋晴文, 米徳大輔, 澤野達哉, 牧島一夫, 牧島一夫, 鴨川仁, 中村佳敬, 森本健志, 佐藤光輝, 酒井英男, 南戸秀仁, 牛尾知雄. 冬季雷における高エネルギー現象の観測プロジェクトの進展. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2019. 2019. ROMBUNNO.MIS27-10 (WEB ONLY)
  • Hiroshi Kikuchi, Tomoo Ushio, Fumihiko Mizutani, Masakazu Wada. Improving the accuracy of rain rate estimates using X-band phased-array weather radar network. IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing. 2018. 56. 6986-6994
  • Tomoaki Mega, Tomoo Ushio. Recent progress on the GSMaP multi-satellite algorithm. International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS). 2018. 2018-July. 8320-8322
  • 浅井啓太郎, 中村佳敬, 菊池博史, 妻鹿友昭, 牛尾知雄, 吉川栄一, 森本健志. 鉛直観測によるKuレーダの偏波間較正. 大気電気学会誌. 2018. 12. 1. 227
もっと見る
特許 (11件):
Works (2件):
  • ブロードバンドレーダに関する開発研究(総務省 戦略的情報通信研究開発推進制度)
    2002 - 2004
  • 中国内陸高原地帯の雷特性に関する調査
    1997 -
学歴 (2件):
  • 1993 - 1998 大阪大学 大学院工学研究科
  • 1989 - 1993 大阪大学 工学部
学位 (1件):
  • 博士(工学) (大阪大学)
経歴 (6件):
  • 2019 - 現在 大阪大学 教授
  • 2017 - 2019 首都大学東京(東京都立大学) 教授
  • 2006 - 2017 大阪大学 准教授
  • 2003 - 2006 大阪府立大学 講師
  • 2000 - 2003 大阪府立大学 助手
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2019/11 - 現在 AMS Journal of Atmospheric and Oceanic Technology Editor
  • 2018 - 現在 日本学術会議電気電子工学委員会URSI分科会非電離媒質伝搬・リモートセンシング小委員会委員
  • 2017 - 現在 総務省情報通信審議会陸上無線通信委員会気象レーダ作業班X帯サブワーキンググループ リーダ
  • 2019/09 - 2019/09 Co-Chair, AMS (American Meteorological Society) 39th Radar Conference on Meteorology 2019
  • 2018/06 - 2018/06 Co-Chair, 16th International Conference on Atmpsheric Electricity (ICAE) 2018
全件表示
受賞 (5件):
  • 2016 - 電気学会学術振興賞進歩賞
  • 2016 - 大阪科学賞
  • 2014 - NASA表彰
  • 2014 - 文部科学大臣表彰科学技術賞
  • 2012 - 電気学会学術振興賞論文賞
所属学会 (5件):
電子情報通信学会 ,  気象学会 ,  大気電気学会 ,  アメリカ地球物理連合(American Geophysial Union) ,  電気学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る