研究者
J-GLOBAL ID:200901087028234542   更新日: 2019年11月28日

川村 康文

カワムラ ヤスフミ | KAWAMURA Yasufumi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www2.hamajima.co.jp/~elegance/kawamurahttp://www.rs.kagu.tus.ac.jp/~elegance/
研究分野 (5件): マルチメディア・データベース ,  科学教育 ,  教育工学 ,  教科教育学 ,  エネルギー学
研究キーワード (5件): たのしい理科実験・サイエンスショー ,  イー・ラーンニング ,  マルチメディア情報,WWW ,  理科の教育 ,  色素増感太陽電池,サボニウス型風車風力発電
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 科学教育
論文 (82件):
  • 川村康文・吉田加津哉・島田英俊・藤原清. 色素増感太陽電池で模型自動車を動かす実験教材の開発. 物理教育. 2008. 56. 1. 21-24
  • 川村康文・多田恭子. 教員養成系学部大学生にみる小・中学校理科学習の実態と問題点. 物理教育. 2006. 54. 2. 116-120
  • 川村康文. 色素増感太陽電池を作って発電実験をしてみよう-SPPでの授業実践を通して-. 遺伝Vol.59,No.6pp.15-19. 2005. 59. 6. 15-19
  • 川村康文. 地球温暖化デモンストレーション実験器. 物理教育. 2004. 52. 3. 233-236
  • 孫暁萌 酒井徹朗 川村康文. インターネットを利用する環境教育のための教材作成法に関する研究ー酸性雨をテーマとした高校化学の実践授業を例として. 教育システム情報学会誌. 2004. 21. 3. 287-295
もっと見る
MISC (67件):
  • 松森弘治・石川正昭・川村康文・桜井昭三・藤山周治・福田佳子・松井真由美・松林昭. 環境NGOサイエンスEネットの2004年度の活動. 京都教育大学環境教育研究年報 第13号pp.77-101. 2005. 13. 777-101
  • 松森弘治・松井真由美・長濱聖・川村康文. 環境NGOサイエンスEネットの2003年度の活動. 京都教育大学環境教育研究年報 . 2004. 12. 69-89
  • 松森弘治・西山佳奈・川村康文. 環境NGOサイエンスEネットの2002年度の活動. 京都教育大学環境教育研究年報 . 2003. 11. 19-35
  • 川村康文. 環境NGOサイエンスEネットの2001年度の活動. 京都教育大学環境教育研究年報 . 2002. 10. 29-42
  • 川村康文. 環境NGOサイエンスEネットの2000年度の活動. 京都教育大学環境教育研究年報 . 2001. 9. 109-122
もっと見る
書籍 (128件):
  • 学習情報研究(学習情報研究所) p.67 PARABOLA <登録番号S2000434>
    自作ソフトウェア 1986
  • エレガンス物理
    自費出版 1989
  • 教育ソフトらいぶらり --No.1 p.26放物運動シミュレーション <登録番号 No.12-142-001>
    数研出版 1991
  • 数研ソフト総合カタログ p.34運 動 の 法 則 <登録番号 No.11-142-006>
    数研出版 1994
  • 数研ソフト総合カタログ p.34放物運動シミュレーションVer.2 <登録番号 No.11-142-005>
    数研出版 1994
もっと見る
講演・口頭発表等 (136件):
  • サイエンス・コミュニケーションの1つの方法論-温暖化星人から地球をもる宇宙船にっぽん号のたたかい-
    (日本科学教育学会・第31回年会 2007)
  • 色素増感太陽電池を用いたエネルギー環境教育教材の開発とその学習効果-その2
    (日本物理学会 第63回年次大会 2008)
  • 色素増感太陽電池を用いたエネルギー環境教育教材の開発とその学習効果-その1
    (日本物理学会 第63回年次大会 2008)
  • サイエンス・コミュニケーション活動の1つの方法(30分)
    (応用物理学会 2008年春季 第55回応用物理学関係連合講演会 応用物理教育分科会企画「物理のおもしろさを生徒や学生にいかに伝えるか?~中学、高校、大学における"力学"の授業を中心にして~」 2008)
  • 授業「講義実験」における教材開発およびその研究
    (第5回東京理科大特定研究助成金(平成19年度)研究成果報告会 2008)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1983 京都教育大学 教育学部 特修理学科
  • - 2003 京都大学 エネルギー科学研究科
学位 (3件):
  • 修士 (京都教育大学)
  • 博士前期(社会学) (龍谷大学)
  • 博士(エネルギー科学) (京都大学)
経歴 (5件):
  • 京都教育大学附属高校 理科(物理)教諭
  • 信州大学教育学部(理科教育) 助教授
  • 2006 - 東京理科大学理学部第一部 助教授
  • 2007 - 東京理科大学理学部第一部 准教授
  • 2008 - 現職
委員歴 (30件):
  • 2017/04/01 - 2018/03/31 日本物理学会 日本物理学会年次大会実行委員会委員
  • 2016/01/01 - 2019/12/31 応用物理学会応用物理教育分科会 学会員
  • 2014/07/01 - 2018/06/30 日本科学教育学会 代議員
  • 2013/04 - 2015/03/31 日本風力エネルギー学会 学会員
  • 2012/07/01 - 2014/06/30 日本科学教育学会 日本科学教育学会年会企画委員
全件表示
受賞 (10件):
  • 2011/06/22 - 独立行政法人大学入試センター 感謝状
  • 2009/03/18 - 第40回(平成20年度)東レ理科教育賞佳作
  • 2008/04/15 - 文部科学省 科学技術賞(理解増進部門)
  • 2001/03 - 第49回全日本教職員発明展特別賞(入選)
  • 2000/06 - 2000年アースディ・イベント 奨励賞
全件表示
所属学会 (22件):
エネルギー環境教育学会 ,  エネルギー環境教育研究フォーラム ,  サイエンスEネット ,  京都教育大学教育学部附属環境教育実践センター・環境教育研究年報 ,  全国附属学校研究発表大会 ,  応用物理学会応用物理教育分科会 ,  日本エネルギー学会 ,  日本物理学会 ,  日本物理教育学会 ,  日本物理教育学会 ,  日本物理教育学会近畿支部 ,  日本物理教育学会近畿支部 物理教育を考える会 PartII ,  日本物理教育学会近畿支部年報及び物理教育近畿支部特集 ,  日本理科教育学会 ,  日本理科教育学会近畿支部大会 ,  日本科学教育学会 ,  日本科学教育学会 ,  日本科学教育学会第30回年会 ,  日本風力エネルギー学会 ,  関西テクノアイデアコンテスト02 ,  NPO法人コテクみらい研究所 ,  NPO法人サイエンスEネット
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る