研究者
J-GLOBAL ID:200901087087408228   更新日: 2020年04月24日

八木田 正人

ヤギタ マサト | Yagita Masato
所属機関・部署:
職名: 部長(学部長含む)
研究分野 (3件): 膠原病、アレルギー内科学 ,  血液、腫瘍内科学 ,  免疫学
研究キーワード (7件): リウマチ膠原病内科学 ,  血液免疫内科学 ,  癌免疫 ,  (免疫学)ヒトNK細胞現象 ,  Hematological and Immunological Disorders ,  Tumor Immunology ,  Human Natural Killer Phenomenon
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • ヒトNK細胞腫瘍化の分子機構
  • ヒトNK細胞腫瘍化の分子生物学的研究
  • ヒト・NK細胞の標的認識機構
  • Molecular mechanism underlying Oncogenesis of human NK cells
  • Molecular mechanism underlying the oncogenesis of human NK cells
全件表示
MISC (54件):
書籍 (5件):
  • NK細胞-研究の進歩と最近の動向"腫瘍免疫-基礎研究と臨床応用"
    中外医学社("腫瘍免疫-基礎研究と臨床応用"内田温士編)Chugai Igakusha(東京) 1992
  • (Natural killer Cells-Recent progress of research in this field In Tumor Immunology-fundamental research and clinical application"ed. by UChida A. )
    1992
  • Grimm, E.A., Et al. (LaK細胞.その誘導と機能。"細胞障害性T細胞:その生物学と疾患における意義"バチスト,J.R.,プレート,J.,シェアラー,G編)
    1988
  • Lymphokine-activated killer cells Induction and function. In"Cytotoxic T cells : Biology and Relevance to Disease"ed. by Battisto. J. , and Shearer, G. (共著) by Grimm, E.A., et al.
    Ann. N. Y. Acad. Sci The New York Academy of Sciences(New York) 1988
  • Current understanding of the lymphokine activated killer (LAK) cell phenomenon. In "Immunomodulation of Neoplana"ed. by Cruise, J. M. and Greenberg, P. D.
    Tumor Research 1988
学位 (1件):
  • (BLANK) (Kyoto University)
所属学会 (7件):
日本リウマチ学会 ,  日本内科学会 ,  日本癌学会 ,  日本血液学会 ,  日本免疫学会 ,  Association of UICC Fellows ,  アメリカ癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る