研究者
J-GLOBAL ID:200901087177918012   更新日: 2019年11月29日

井上 克也

イノウエ カツヤ | Inoue Katsuya
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 機能物性化学
研究キーワード (1件): 分子磁性
論文 (443件):
  • Hayami, Shinya; Motokawa, Natsuko; Shuto, Aya; Masuhara, Naoji; Someya, Takehiro; Ogawa, Yoshihiro; Inoue, Katsuya; Maeda, Yonezo. Photoinduced spin transition for iron(II) compounds with liquid-crystal properties. INORGANIC CHEMISTRY. 2007. 46. 5. 1789-1794
  • Hayami, Shinya; Moriyama, Reiko; Shuto, Aya; Maeda, Yonezo; Ohta, Kazuchika; Inoue, Katsuya. Spin transition at the mesophase transition temperature in a Cobalt(II) compound with branched alkyl chains. INORGANIC CHEMISTRY. 2007. 46. 19. 7692-7694
  • yoshimi oka. Structures and Magnetic Properties of a New Cobalt(II)Linear Trimer with Phenylcinnamic Acid. Chem. Lett. 2004. 33. 402-403
  • 速水 真也 kazutoshi danjobara yoshihiro ogawa naohide matsumoto yonezo maeda. A Photoinduced Spin Transition Iron(II) Complex with Liquid-Crystal Properties. Adv. Mater. 2004. 16. 869-872
  • sinya hayami koichiro hashiguchi gergely juhasz masaaki ohba hisashi okawa yonezu maeda kenichi kato keiichi osaka masaki takeda. 1-D Cobalt (II) Spin Tamsition Compound with Strong Interchain Interaction: [C0(pyterpy)Cl2]・X. Inorg. Chem. 2004. 43. 4124-4126
もっと見る
書籍 (6件):
  • An Approach to Organic Ferromagnets. Synthesis and Characterization of Polymers due to 1-Phenyl-1,3-butadiynes Carrying a Substituent in Doublet or Triplet State on the Phenyl Ring
    NATO ASI Series= Kluwer Academic Publishers 1991
  • Assemblage of Organic Polyradicals With the Aid of Magnetic Metal Ions and Ordering of Their Spins in Macroscopic Scales
    Olivier Kahn Ed. Magnetism: A Supermolecular Function= NATO ASI Series 1996
  • Design, Synthesis, and Characerization of p-Cross-Conjugated Polycarbenes with High-Spin Ground States
    Mark M. Turnbull= Toyonari Sugimoto= Laurence K. Thompson (Ed.):Molecule-based Magnetic Materials= 1996
  • Magnetism: Molecules to Materials
    wiley-vch 2001
  • Structure & Bonding Vol. 100 pi-Electron Magnetism
    Springer-Verlag 2001
もっと見る
講演・口頭発表等 (35件):
  • キラル磁性体の磁気光学効果と 磁気キラリティ
    (日本化学会特別シンポジウム 2006)
  • 磁気物性と合成化学の接点
    (有機合成化学協会シンポジウム 2006)
  • Chiral Spin Ordering and Dynamics of Structurally Chiral Molecule-based Ferrimagnets
    (International Conference on Molecle-based Magnets 2006)
  • Magnetic and Crystal Chirality-Structures and Properties of Transparent Chiral Magnets-
    (1st Russian-Japanese Workshop"Open Shell Compounds and Molecular Spin Devices" 2007)
  • Magnetic and crystal chirality
    (Molecular and Biophysical Magnetoscience 2007)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1990 - 1993 東京大学 理学系研究科 化学専攻
学位 (2件):
  • 博士(理学) (東京大学)
  • 理学修士 (東京大学)
経歴 (12件):
  • 1992/04/01 - 1993/03/31 日本学術振興会特別研究員-DC その他の高等教育機関
  • 1993/04/01 - 1994/03/31 日本学術振興会特別研究員-PD その他の高等教育機関
  • 1994/04/01 - 1995/12/31 北里大学理学部 他大学・短大・高専講師
  • 2002/04/01 - 2002/05/30 フランス、ストラスブール固体科学研究所、招へい研究員 その他の高等教育機関
  • 2002/10/01 - 2002/12/31 フランス、ルイパスツール大学客員教授 他大学・短大・高専教授
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2013/12 - 2014/03 九州工業大学 研究業績学外審査委員
  • 2013/01 - 2014/03 放送大学学園 分担協力講師
  • 2014/04 - 2015/03 放送大学学園 分担協力講師
受賞 (7件):
  • 1996/10 - 井上科学研究財団 井上研究奨励賞 pi共役有機分子を用いた分子磁性体の構築研究
  • 2007/04 - 日本物理学会 JPSJ論文賞 Possible Magnetic Chirality in Optically Chiral Magnet [Cr(CN)6][Mn(S)-pnH(H2O)](H2O) Probed by Muon Spin Rotation and Relaxation
  • 1997/04 - 日本化学会 若い世代の特別講演賞 キラル磁性体の構築
  • 1996/10 - 日本化学会 若い世代の特別講演賞 分子磁性体の合理的構築
  • 1997/09 - 森野分子科学奨励賞 高次元分子磁性体の構築研究
全件表示
所属学会 (9件):
アメリカ化学会 ,  分子科学会 ,  大型放射光施設利用者懇談会キラル磁性研究会 ,  日本化学会 ,  日本化学会 ,  日本化学会中四国支部 ,  日本物理学会 ,  電子スピン科学会 ,  日本中間子学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る