研究者
J-GLOBAL ID:200901087202884071   更新日: 2021年04月16日

小笠原 伸

オガサワラ シン | Ogasawara Shin
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/site/assamtealab/
研究分野 (5件): デザイン学 ,  経営学 ,  建築計画、都市計画 ,  美術史 ,  美学、芸術論
研究キーワード (10件): 知的対流拠点 ,  コワーキングスペース ,  サードプレイス ,  ソーシャルメディア ,  地域メディア ,  ソーシャルデザイン ,  地方創生 ,  イメージ論 ,  芸術諸学 ,  都市計画・地域デザイン
論文 (15件):
  • 小笠原 伸. 遠隔授業とアクティブラーニング〜都市屋の遠隔授業奮戦記〜. 白鴎ビジネスレビュー. 2021. 30. 17-23
  • 小笠原 伸. 茨城県結城市 テレワークに地域交流の核にyuinowaを! -コロナのもとでのサードプレイスの挑戦ー. 月刊地方議会人. 2021. 43-46
  • 小笠原伸. コロナ禍の先の地域をどうデザインするか〜「new normal」の意味と都市の交流とその変化. ガバナンス. 2020. 233. 26-28
  • 小笠原伸. サードプレイスの都市的側面と今日的課題. 月刊地域づくり. 2020. 373. 12-15
  • 小笠原 伸. サードプレイスと都市との関係. アーバン・アドバンス. 2019. 71. 2019年3月. 5-12
もっと見る
MISC (8件):
書籍 (2件):
  • ソーシャルメディア論 改訂版
    青弓社 2019
  • ソーシャルメディア論
    青弓社 2015
講演・口頭発表等 (5件):
  • 地方都市の持続可能性と、 若者と知的対流拠点の関わりについて
    (栃木県議会次期プラン及び次期地方創生総合戦略検討会 2019)
  • 国土計画における知的対流拠点の重要性について
    (国土計画シンポジウム「Tokyo-Osaka-Fukuoka INNOVATION RELAY」 2019)
  • コワーキングスペースサミット2018~さらなる対流を目指して~
    (2018)
  • 新しい産業と都市・地域の成長に向けた「場」づくり
    (国土計画協会 情報社会における国土・地域の成長と進化の あり方研究会 2014)
  • 街を歩くことから始まる、 建築・都市の読み解きと未来への構想
    (2011年日本建築学会大会(関東) 2011)
Works (2件):
  • 日本建築学会にて都市フィールドワーク「東京ウォッチング」企画運営
    1995 - 2015
  • 愛知万博 中部千年共生村・岐阜県ブース上映映像
    小笠原 伸 2005 - 2005
学歴 (2件):
  • 1995 - 1997 早稲田大学大学院 建設工学専攻建築学専修
  • 1991 - 1995 早稲田大学 経済学科
学位 (1件):
  • 修士(工学) (早稲田大学)
経歴 (10件):
  • 2018/04 - 現在 白鴎大学 ビジネス開発研究所 所長
  • 2014/04 - 現在 白鴎大学 経営学部 教授
  • 2012/04 - 2018/03 山口県立大学 非常勤講師
  • 2011 - 2015 日本映画大学 映画学部 非常勤講師
  • 2012/04 - 2014/03 白鴎大学 ビジネス開発研究所 専任研究員
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2020 - 現在 第2期小山市シティプロモーション5カ年計画策定委員会 委員長
  • 2017/04 - 現在 エフエム栃木放送番組審議会 委員
  • 2017 - 現在 結城市まち・ひと・しごと創生推進会議 議長
  • 2015/03 - 現在 栃木県商工会連合会 商工会認証システム審査委員会 委員
  • 2012 - 現在 日本建築学会 情報ネットワーク委員会 委員
全件表示
所属学会 (2件):
社会・経済システム学会 ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る