研究者
J-GLOBAL ID:200901087366151253   更新日: 2020年07月06日

榎本 信幸

エノモト ノブユキ | Nobuyuki Enomoto
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.ichinai-yamanashi.com/http://www.ichinai-yamanashi.com/
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2019 - 2020 B型肝炎ウイルスの感染複製増殖機構解明による創薬基盤形成に関する研究
  • 2019 - 2020 野生型と薬剤耐性B型肝炎ウイルスに強力な活性を発揮する新規治療薬の研究・開発
  • 2019 - 2020 次世代シークエンス技術を用いたC型肝炎の直接作用型抗ウイルス薬による治療後病態に影響をおよぼす因子に関する研究
  • 2019 - 2020 C型肝炎ウイルス排除治療による肝硬変患者のアウトカムに関する研究開発
  • 2019 - 2020 肝炎ウイルス制御後肝発癌におけるプレシジョンメディシンのための基盤的研究
全件表示
論文 (33件):
  • Harai S, Fukasawa M, Takano S, Shindo H, Takahashi E, Hirose S, Kawakami S, Fukasawa Y, Sato T, Enomoto N. Infectious pancreatic pseudocyst-portal vein fistula treated with percutaneous drainage through the portal vein. 日本消化器病学会雑誌. 2020. 117. 2. 171-177
  • Kuno T, Tsukui Y, Takano S, Maekawa S, Yamaguchi T, Yoshida T, Kobayashi S, Iwamoto F, Ishida Y, Kawakami S, Tanaka K, Fukasawa Y, Muraoka M, Fukasawa M, Shindo H, Inoue T, Nakayama Y, Mochizuki K, Sato T, Enomoto N. Genetic alterations related to endoscopic treatment of colorectal tumors. JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY. 2020. 4. 75-82
  • Shimizu T, Motosugi U, Komatsu N, Ichikawa S, Inoue T, Onishi H, Enomoto N. MRI-based risk factors of hepatocellular carcinoma in patients with chronic liver disease: A prospective observational study. JOURNAL OF MAGNETIC RESONANCE IMAGING. 2020. 51. 389-396
  • Kawaida H, Kono H, Amemiya H, Hosomura N, Watanabe M, Saito R, Maruyama S, Shimizu H, Furuya S, Akaike H, Kawaguchi Y, Sudo M, Matusda M, Itakura J, Shindo H, Takahashi EI, Takano S, Fukasawa M, Satou T, Nakazawa T, Enomoto N, Fujii H, Ichikawa D. Stratification of Prognosis in Patients With Ampullary Carcinoma After Surgery by Preoperative Platelet-to-lymphocyte Ratio and Conventional Tumor Markers. ANTICANCER RESEARCH. 2019. 39. 12. 6923-6929
  • Wang W, Tsuchiya K, Kurosaki M, Yasui Y, Inada K, Kirino S, Yamashita K, Sekiguchi S, Hayakawa Y, Osawa L, Okada M, Higuchi M, Takaura K, Maeyashiki C, Kaneko S, Tamaki N, Nakanishi H, Itakura J, Takahashi Y, Asahina Y, Enomoto N, Izumi N. orafenib-Regorafenib Sequential Therapy in Japanese Patients with Unresectable Hepatocellular Carcinoma-Relative Dose Intensity and Post-Regorafenib Therapies in Real World Practice. Cancers (Basel). 2019. 11. 10. E1517
もっと見る
MISC (3件):
  • 榎本信幸. C型肝炎根絶を目指して 山梨県の取り組み. Pharma Medica. 2018. 36. 11. 61-67
  • S Maekawa, Nobuyuki Enomoto. The "real-world" efficacy and safety of DAAs for the treatment of HCV patients throughout Japan. JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY. 2018. 53. 10. 1168-1169
  • 坂本 穣, 榎本信幸. 肝癌撲滅に向けたわが国の取り組み-厚労省、地方自治体、拠点病院の連携】 山梨県の取り組み 肝炎コーディネーターの育成(解説/特集). 消化器・肝臓内科. 2018. 3. 3. 303-309
講演・口頭発表等 (83件):
  • 80歳以上の高齢者肝癌の特徴と予後
    (JDDW2019 2019)
  • 臨床マーカーとしてのHBV-RNAの特徴
    (JDDW2019 2019)
  • 本県のC型肝炎の現状
    (JDDW2019 2019)
  • 人間ドックから専門施設への効果的な肝線維化症例の絞り込み
    (JDDW2019 2019)
  • 非代償性肝硬変・肝癌合併症例におけるHCVウイルスゲノムの検討
    (JDDW2019 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1996 東京医科歯科大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京医科歯科大学)
委員歴 (29件):
  • 2018/07/12 - 2020/07/11 日本肝臓学会 理事
  • 2018/07/12 - 2020/07/11 日本肝臓学会 欧文誌編集委員会委員
  • 2018/07/12 - 2020/07/11 日本肝臓学会 学術集会審議委員会理事医委員
  • 2018/07/12 - 2020/07/11 日本肝臓学会 欧文誌編集委員会委員
  • 2018/07/12 - 2020/07/11 日本肝臓学会 国際委員会理事委員
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る