研究者
J-GLOBAL ID:200901087573987710   更新日: 2018年11月08日

松岡 和美

マツオカ カズミ | MATSUOKA KAZUMI
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://user.keio.ac.jp/~matsuoka/http://user.keio.ac.jp/~matsuoka/
研究分野 (4件): 言語学 ,  言語学 ,  言語学 ,  外国語教育
研究キーワード (8件): 日本手話 ,  手話言語学 ,  第二言語習得 ,  バイリンガリズム ,  手話類型論 ,  生成文法 ,  言語獲得 ,  統語論
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2014 - 2017 「手話言語の文法における『非手指的要素』の意味的・統語的性質の研究」
  • 2008 - 2010 「自然言語としての日本手話の統語分析:ネイティブサイナーの言語知識」
  • 2006 - 2007 学生のボキャブラリー支援を目的とした自律学習ポータルサイトの構築
  • 2004 - 2007 「言語の発達・脳の成長・言語教育に関する統合的研究」(研究代表者・萩原裕子)バイリンガル発達研究班リーダー
  • 2004 - 2008 焦点表現の獲得と統語・意味のインターフェイス
全件表示
論文 (34件):
  • 矢野 羽衣子・松岡 和美. Numerals and Timelines of a Shared Sign Language in Japan: Miyakubo Sign Language on Ehime-Oshima Island. Sign Languge Studies. 2018. 18. 4. 640-665
  • 松岡 和美・數見陽子・小林信恵. 大学語学科目としての日本手話クラス:カリキュラム開発と授業運営. 慶應義塾大学言語文化研究所紀要. 2018. 49. 219-233
  • 松岡 和美 ダイアン・リロマーティン. Interpretation of bound pronouns by learners of Japanese Sign Language. Studies in Chinese and Japanese Language Acquisition. In honor of Stephen Crain. 2017. 107-126
  • 松岡 和美・矢野羽衣子・赤堀仁美・岡典栄. Notes on Modals and Negation in Japanese Sign Language. Studies in Language Sciences: Journal of the Japanese Society for Language Sciences. 2016. 15. 1-20
  • 内堀 朝子松岡 和美. Split movement of wh-elements in Japanese Sign Language: A preliminary study. Lingua. 2016. 183. 107-125
もっと見る
MISC (8件):
  • 矢野 羽衣子・松岡 和美. 愛媛県大島宮窪町の手話:アイランド・サイン. 科学. 2017. 87. 5. 415-417
  • 矢野 羽衣子・松岡 和美. Island Signs: The Sign Language of Miyakubo in Ehime Prefecture. DISCUSS JAPAN. 2017. 41
  • 松岡 和美. Review Article: Experimental Methods in Language Acquisition Research. ed. by Blom, Elma and Sharon Unsworth. English Linguistics. 2012. 29. 2. 557-566
  • 松岡 和美. 手話言語学への招待. 三色旗. 2010. 757. 20-30
  • 松岡 和美. 書評:長谷川寿一・C・ラマール・伊藤たかね(編)『こころと言葉:進化と認知科学のアプローチ』. 『言語・情報・テクスト』. 2009. 16. 105-107
もっと見る
書籍 (7件):
  • 言語学・英語学用語辞典
    三省堂 1999
  • 生成文法を学ぶ人のために
    世界思想社 2004 ISBN:4-7907-1079-3
  • 英語の構造-その奥に潜む原理-
    金星堂 2004 ISBN:4-7647-0970-8
  • ろう者から見た「多文化共生」:もうひとつの言語的マイノリティ
    東京:ココ出版 2012
  • 生成文法の軌跡と展望
    金星堂 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (48件):
  • Only in Child Language
    (Boston University Conference on Language Development 1992)
  • Case-Marking in Conjoined NPs and Binding Conditions in Young Children’s Grammar
    (Boston University Conference on Language Development 1994)
  • Early and Late in language Acquisition
    (Annual Meeting, Linguistic Society of America 1996)
  • Verb Raising in American Sign Language: A Theoretical Approach
    (Annual Meeting, Linguistic Society of America 1996)
  • Effects of Different Early Input on the Acquisition of ASL Syntax by Deaf Children
    (Fifth International Conference on Theoretical Issues in Sign Language Research 1996)
もっと見る
Works (41件):
  • Amalgamation of Japanese and Foreign Cultures
    <U>松岡 和美</U> 1997 -
  • What Children are Telling to Linguists
    <U>松岡 和美</U> 1998 -
  • Studies of the Acquisition of Syntax and their Implications for Syntactic Theory
    <U>松岡 和美</U> 1999 -
  • 子供の言語習得と統語研究
    <U>松岡 和美</U> 1999 -
  • The acquisition of the particle ni
    <U>松岡 和美</U> 1999 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1984 - 1988 京都外国語大学 外国語学部 英米語学科
  • 1988 - 1990 筑波大学大学院 教育研究科 教科教育専攻英語教育コース (教育学修士)
  • 1991 - 1998 University of Connecticut Linguistics (Ph.D.)
学位 (2件):
  • 教育学修士 (筑波大学大学院教育研究科)
  • Ph.D. (コネチカット大学)
経歴 (14件):
  • 1992/09 - 1995/05 コネチカット大学 (コネチカット州ストアーズ・米国)現代・古典文学部 非常勤講師(日本語)
  • 1995 - 1996 コネチカット大学大学院言語学部(コネチカット州ストアーズ・米国)ハスキンズ言語研究所 (コネチカット州ニューヘブン)研究助手
  • 1996/09 - 1998/06 マウントホリヨーク大学客員講師(アジア研究科)
  • 1998/09 - 2000/03 メンフィス大学助教授(外国語・外国文学部)
  • 2005/03 - 2005/03 筑波大学大学院教育研究科「心理言語学特講」
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2017/03 - 現在 Signed and Spoken Language Linguistics Scientific Committee
  • 2007/11 - 日本英語学会 編集委員
  • 2004/07 - 言語科学会 運営委員
  • 2000 - 日本言語学会 会員
  • 2000 - 日本手話学会 会員
全件表示
所属学会 (5件):
日本英語学会 ,  言語科学会 ,  日本言語学会 ,  日本手話学会 ,  筑波英語教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る