研究者
J-GLOBAL ID:200901087578721670   更新日: 2020年01月10日

澤田 充

サワダ ミチル | Sawada Michiru
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 経済政策
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2023 金融危機における最後の貸し手機能の評価:歴史データを用いた疑似実験アプローチ
  • 2014 - 2019 政治的要因が企業行動や成果に与える影響に関する実証分析
  • 2011 - 2013 銀行間ネットワークと預金取り付けの伝染効果:戦前期日本の実証分析
  • 2008 - 2010 戦前期日本におけるキャピタルクランチの検証
論文 (9件):
  • Tetsuji Okazaki and Michiru Sawada. Measuring the Extent and Implications ofCorporate Political Connections in Prewar Japan. Explorations in Economic History(Elsevier). 2017. 65. 17-35
  • Michiru Sawada. How does the stock market value bank diversification? :Empirical evidence from Japanese banks. Pacific-Basin Finance Journal (Elsevier). 2013. 25. 40-61
  • 国政選挙と株価収益率のボラティリティー. 産業経営プロジェクト報告書:産業経営一般研究. 2013. 36. 2. 46-61
  • Measuring the effect of postal saving privatization on the Japanese banking industry: Evidence from the 2005 general election. Pacific-Basin Finance Journal (Elsevier). 2013. 21. 1. 967-983
  • Tetsuji Okazaki. Interbank networks in prewar Japan: structure and implications. Industrial and Corporate Change (Oxford University Press). 2012. 22. 2. pp.463-506
もっと見る
MISC (1件):
  • 澤田充. 地域金融機関における業務の分散化:実証研究のからの含意. 商工金融 . 2015. 65. 1. 83-84
講演・口頭発表等 (16件):
  • Bank Merger Wave and Evolution of Financial System: Experience in Prewar Japan
    (NBER Japan project meeting 2003)
  • 銀行統合と金融システムの安定性
    (日本経済学会春季大会 2003)
  • 中小企業向け融資は適切にプライシングされているか?
    (経済産業研究所企業金融研究会コンファランス 2005)
  • 戦前日本における金融システムの進化:機関銀行関係の衰退
    (社会経済史学全国大会 2005)
  • 金融危機下における銀行のポートフォリオ選択:戦前日本のケース
    (日本金融学会 2007)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2002 - 2005 一橋大学 経済学研究科 応用経済
  • 慶應義塾大学 経済学部 経済学科
学位 (1件):
  • 経済学博士 (一橋大学)
経歴 (5件):
  • 2005/04/01 - 2008/03/31 名古屋学院大学 講師
  • 2008/04/01 - 2009/03/31 名古屋学院大学 准教授
  • 2009/04/01 - 2014/03/31 日本大学 准教授
  • 2015/04/01 - 2016/03/31 Stanford University Visiting Scholar
  • 2015/04/01 - 日本大学 教授
所属学会 (4件):
日本経営史学会 ,  日本金融学会 ,  社会経済史学会 ,  日本経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る