研究者
J-GLOBAL ID:200901087703577616   更新日: 2020年01月17日

佐藤健

Ken Satoh
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 知能情報学
論文 (177件):
  • Baldoni, M., Giordano, L., Satoh, K. Renvoi in Private International Law: A Formalization with Modal Contexts. Proceedings of JURIX 2019. 2019. 157-162
  • Sinh, V.T., Nguyen, L.M., Satoh, K. Legal Text Generation from Abstract Meaning Representation. Proceedings of JURIX 2019. 2019. 157-162
  • Serrano, E., Satoh, K.,. An ABM for Exploring Pension Law and Social Security Policies. Proceedings of JURISIN 2019. 2019. 103-116
  • Fungwacharakorn, W., Satoh, K.,. Culprit Resolution for Legal Debugging in First-Order PROLEG. Proceedings of JURISIN 2019. 2019. 117-130
  • Rabelo, J., Kim, M-Y., Goebel, R., Yoshioka, M., Kano, Y., Satoh, K. A Summary of the COLIEE 2019 Competition. Proceedings of JURISIN 2019. 2019. 69-82
もっと見る
MISC (6件):
書籍 (11件):
  • 知識プログラミング
    共立出版 1988
  • Methodologies for Intelligent Systems
    North-Holland 1989
  • Machine Learning, Meta-Reasoning and Logics
    Kluwer Academic Publishers 1990
  • Logical Foundations of Artificial Intelligence, 邦題「人工知能基礎論」(翻訳)
    オーム社 1993
  • コンパクト・エンサイクロペディア情報処理
    未入力 1993
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • AIによる要件事実論に基づく民事裁判支援システムの開発
    (司法アクセス学会理事会兼学術大会 2017)
  • Juris-Informatics and PROlog-based LEGal reasoning system: PROLEG
    (The 9th International Conference on Knowledge and Systems Engineering (KSE 2017) 2017)
  • AIによる要件事実論に基づく民事裁判支援システムの開発
    (刑法学会「AIと刑法」ワークショップ 2018)
  • AIと法-その到達点と展望
    (企業法学サロン及び秋期社員総会・研究報告会 2018)
  • AIの法学への応用研究の現状
    (日本学術会議公開シンポジウム: AIによる法学へのアプローチ 2019)
学位 (2件):
  • 博士(理学) (東京大学)
  • 法務博士(専門職)
受賞 (2件):
  • 2019/06 - AIと法国際学会 功労賞
  • 2016/06 - 人工知能学会 功労賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る