研究者
J-GLOBAL ID:200901087703577616   更新日: 2021年06月10日

佐藤 健

Satoh Ken
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 知能情報学
論文 (211件):
  • Wachara Fungwacharakorn, Kanae Tsushima, Ken Satoh. Resolving counterintuitive consequences in law using legal debugging. Artificial Intelligence and Law. 2021
  • 佐藤 健. 裁判過程における人工知能による高次推論支援の構想. 法社会学. 2021. 87
  • Yunqiu Shao, Jiaxin Mao, Yiqun Liu, Weizhi Ma, Ken Satoh, Min Zhang, Shaoping Ma. BERT-PLI: Modeling Paragraph-Level Interactions for Legal Case Retrieval. Proceedings of the Twenty-Ninth International Joint Conference on Artificial Intelligence. 2021
  • Marco Alberti, Marco Gavanelli, Evelina Lamma, Fabrizio Riguzzi, Ken Satoh, Riccardo Zese. Dischargeable Obligations in the SCIFF Framework. Fundamenta Informaticae. 2020. 176. 3-4. 321-348
  • Wachara Fungwacharakorn, Ken Satoh. Generalizing Culprit Resolution in Legal Debugging with Background Knowledge. Frontiers in Artificial Intelligence and Applications. 2020
もっと見る
MISC (10件):
  • 西貝 吉晃, 佐藤 健. PROLEGを用いた「裁判規範としての刑法」のプログラミング. 情報ネットワーク・ローレビュー. 2020. 19. 0. 81-120
  • 狩野 芳伸, 吉岡 真治, ラベロ ジュリアーノ, キム ミユン, ゴーベル ランディ, 佐藤 健. COLIEE: 法律文書の情報抽出および含意関係認識を行う国際コンペティション. 人工知能学会誌. 2020. 35. 3. 377-384
  • 宍戸 常寿, 大屋 雄裕, 小塚 荘一郎, 佐藤 一郎, 笠木 映里, 佐藤 健. 代替性 : AI・ロボットは労働を代替するか?. 論究ジュリスト. 2019. 31. 174-193
  • 佐藤 健. 法学への人工知能の応用はどこまで進んでいるか. 論座. 2019
  • 佐藤健. 判決推論プログラム開発進む:AIの法律学への応用. ビジネス法務. 2019. 19. 3. 4-5
もっと見る
書籍 (13件):
  • AIと社会と法 パラダイムシフトは起きるか?
    2020
  • AI時代の法学入門 : 学際的アプローチ
    弘文堂 2020 ISBN:9784335358333
  • 人工知能学辞典
    未入力 2005
  • インターネットが電話になった (丸善ライブラリー)
    丸善 2005
  • Handbook of Software Engineering and Knowledge Engineering, Vol. 2
    World Scientific 2002
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • 裁判過程における人工知能による高次推論支援
    (2021年度人工知能学会全国大会 2021)
  • 裁判過程における人工知能による高次推論支援の構想
    (法社会学会ミニシンポジウム「AI・脳科学・ベイジアン:壁を破れ,法社会学のフロンティアを拡げよう!」 2020)
  • AI技術の法学への応用
    (筑波大学エクステンションプログラム, 法学入門・実務編 2020)
  • The current application of AI to the law domain and juris-informatics
    (2020)
  • Legal Tech
    (Summer School 2019 on IT Law and Legal Informatics 2019)
もっと見る
学位 (2件):
  • 博士(理学) (東京大学)
  • 法務博士(専門職)
受賞 (2件):
  • 2019/06 - AIと法国際学会 功労賞
  • 2016/06 - 人工知能学会 功労賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る