研究者
J-GLOBAL ID:200901087819537336   更新日: 2019年10月23日

若山 大樹

ワカヤマ ダイキ | WAKAYAMA Daiki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 感性情報学・ソフトコンピューティング
研究キーワード (5件): 価格知覚(プライシング・サイエンス) ,  マーケティング・サイエンス ,  消費者行動 ,  社会調査 ,  感性情報
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 評価の曖昧性と購買意図の研究
  • マーケティング諸活動に関する科学的研究
  • 調査協力行動の感性工学的研究
論文 (14件):
  • 若山 大樹. 特売機会における買逃しと購買関連行動. 駒大経営研究. 2019. 50. 1. 137-156
  • D. Wakayama. The Effect of Prices in Red on Mental Simulation. International Symposium on Affective Science and Engineering 2018 (ISASE-MAICS 2018). 2018. 1-3
  • 若山 大樹. 製品の向きが消費者の価格知覚に及ぼす影響. 駒大経営研究. 2018. 49. 3. 115-128
  • 若山 大樹. 女性消費者目線による最低価格保証制度利用活性化. 駒大経営研究. 2015. 47. 1. 25-48
  • 若山 大樹. 最低価格保証店舗における顧客の他店チラシ利用型値下げ要請行為. 駒澤大学経営学研究紀要. 2014. 43. 19-39
もっと見る
MISC (4件):
  • DEA-Based Green Positioning Strategy by Unified Efficiency Measure for the US Coal-fired Electricity Products. The IAFOR International Conference on Sustainability, Energy & the Environment - Hawaii 2017 Official Conference Proceedings. 2017. 1-19
  • Wakayama D. Problems in Evaluating Attitudes of Residents on the Merger of Municipalities for Local Governments. Proceedings of International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research 2009 (KEER2009), 11F-03. 2009. 1-10
  • Fuzzy Purchase Intention Model :An Extension of Fishbein & Ajzen Model (Wakayama D. and Takemura K.). The Proceedings of Joint 2nd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 5th International Symposium on Advanced Intelligent Systems. 2004. WE8-4, 1-6
  • 評価の曖昧性と購買意図の研究. 筑波大学大学院社会工学研究科博士(経営学)学位論文. 2003
書籍 (2件):
  • APA心理学大辞典 G. R. ファンデンボス監修 繁桝算男・四本裕子監訳
    培風館 2013
  • 精密性効果~精密な数値表現が日常的判断にどのような影響を及ぼすか~ (in 竹村和久, 高橋英彦(監訳).神経経済学と意思決定 心理学,神経科学,行動経済学からの総合的展望 第6章の翻訳)
    北大路書房 2019
講演・口頭発表等 (17件):
  • A Detection Method of Influential Observations and Outliers in Possibilistic Linear Regression Analysis for Fuzzy Input-Output Data and Its Application
    (International meeting of the psychometric society 2001)
  • On some problem concerning multi-item inventory policy
    (The 13th International Symposium on Inventories 2004)
  • How does cash flow volatility affect cost of debt and corporate earning management?
    (Advanced Computing in Financial Markets (AFCM'2005), Istanbul Turkey 2005)
  • Situations of Populations in EU countries
    (35th Annual Conference of the Regional Science Association International 2005)
  • Inventory Policy Which Maintains Inventory Level,
    (The 14th International Symposium on Inventories 2006)
もっと見る
Works (1件):
  • 広告受容の数理心理モデルとデータ解析法の開発(日本広告学会研究プロジェクト助成金、二年間、若手研究者グループ、竹村・若山・堀内)
    2002 - 2004
学歴 (1件):
  • - 2003 筑波大学大学院 博士課程社会工学研究科 計量ファイナンス・マネジメント専攻修了
学位 (2件):
  • 博士 経営学 (筑波大学)
  • 修士 社会工学 (筑波大学)
経歴 (3件):
  • 2008/04 - 2010/03 駒澤大学 専任講師
  • 2010/04 - 2016/03 駒澤大学 准教授
  • 2016/03 - 2017/03 New Mexico Institute of Mining & Technology Visiting Scholar
委員歴 (5件):
  • - 2018 日本マーケティング・リサーチ協会 HRマネジメント委員会 教育分科会 委員
  • - 2017 日本行動計量学会 運営委員
  • - 2013 日本行動計量学会 2013年度統計連合大会プログラム委員
  • - 2012 日本行動計量学会広報委員
  • 日本知能情報ファジィ学会関東支部運営委員
受賞 (1件):
  • 2003 - 日本感性工学会論文賞
所属学会 (3件):
日本行動計量学会 ,  日本感性工学会 ,  日本知能情報ファジィ学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る