研究者
J-GLOBAL ID:200901087902143595   更新日: 2020年04月22日

内堀 朝子

ウチボリ アサコ | Uchibori Asako
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 言語学
研究キーワード (11件): fNIRS ,  subjunctive補文 ,  格交替 ,  ミニマリスト・プログラム ,  JSL ,  日本手話 ,  Minimalist Program ,  Syntax ,  手話言語学 ,  言語理論 ,  統語論
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2019 - 2024 手話言語における空間と語順のインターアクション:言語学的特徴とその発達
  • 2018 - 2021 日本手話における空項の統語研究
  • 2017 - 2020 日本手話における文末指さしの指示対象に関する統語研究
  • 2014 - 2018 手話言語の文法における「非手指的要素」の意味的・統語的性質の研究
  • 2014 - 2017 日本手話におけるWH疑問文の統語研究
全件表示
論文 (33件):
  • Generative Procedure Revisited. 慶應義塾大学言語文化研究所紀要. 2019. 50. 269-283
  • 中條清美, 水本篤, 西垣知佳子, 内堀朝子, 横田賢司, キャサリン・オヒガン. DDL 実践を評価するためのテストと質問紙の開発. 日本大学生産工学部研究報告B. 2016. 49. 45-61
  • Asako Uchibori, Kazumi Matsuoka. Some Observations on wh-clauses in Japanese Sign Language. Journal of Japanese Linguistics. 2013. 29. 19-30
  • Kiyomi Chujo, Laurence Anthony, Kathryn Oghigian, Asako Uchibori. Paper-Based, Computer-Based, and Combined Data-Driven Learning Using a Web-Based Concordancer. Language Education in Asia. 2012. 3. 2. 132-145
  • 内堀朝子, 松岡和美, 南田政浩, 矢野羽衣子. 日本手話における動詞補文の統語特性-直接引用文との相違点を中心に. 手話学研究. 2011. 20. 67-88
もっと見る
MISC (4件):
  • Maki, Hideki, Lina Bao, Wurigumula Bao, Qing-Yu Wu, Asako Uchibori, Fumikazu Niinuma, Megumi Hasebe, Juri Yoshimura. Deep Genitive in Modern Inner Mongolian. Proceedings of GLOW in Asia VIII 2010: Universals and variation. 2011. 282-288
  • Asako Uchibori, Hideki Maki, Yin-Ji Jin. The origin of the 'ga'/'no' conversion in the history of the Japanese language. 日本言語学会第141回大会予稿集. 2010. 10-15
  • Hideki Maki, Lina Bao, Wurigumula Bao, Quing-Yu Wu, Sarenqimuge, Megumi Hasebe, Naohiro Takemura, Keiichiro Kobayashi, Asako Uchibori, Fumikazu Niinuma, Shigeki Taguchi. Accusative Subjects in Mongolian and Old Japanese. Proceedings of SICOL 2010: Universal Grammar and IndividualLanguages. 2010. no page numbers
  • Asako Uchibori. Head-Internal Relatives in Japanese. KLS (Proceedings of Kansai Linguistics Society), Kansai Linguistics Society. 1991. 11. 81-90
特許 (1件):
  • 機能的近赤外分光装置の信号解析装置,機能的近赤外分光装置並びにプログラム
書籍 (2件):
  • Ga/No Conversion, "The Oxford Handbook of Japanese Linguistics"
    New York: Oxford University Press 2008 ISBN:9780195307344
  • モダリティ要素による認可の(非)不透明領域-「こと」「よう(に(と))」が導く命令・祈願表現をめぐって (『日本語の主文現象』長谷川信子(編))
    ひつじ書房 2007
講演・口頭発表等 (55件):
  • 日本手話の統語分析:WH,指さし,動詞句などを例として
    (慶應言語学コロキアム「手話言語学夏期講座」 2019)
  • 日本手話における非手指副詞,動詞,目的語の語順について
    (日本言語学会第158回大会 2019)
  • Some Notes on Syntactic Functions of Finger Pointing in Japanese Sign Language
    (シンポジウム「手話言語と言語進化」 2018)
  • 併合手続きを再考する
    (日本英語学会第36回大会ワークショップ 2018)
  • ラベルに寄与する素性について-手話言語研究から
    (慶應言語学コロキアム「人に生まれながらにして具わる言語の仕組み:基礎仮説の再考」 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1992 - 2000 University of Connecticut Ph.D. Program, Department of Linguistics 言語学
  • 1991 - 1995 大阪大学 言語文化研究科 博士後期課程 言語文化学
  • 1989 - 1991 大阪大学 言語文化研究科 博士前期課程 言語文化学
  • 1985 - 1989 慶應義塾大学 文学部 文学科 国文学専攻
学位 (3件):
  • 修士(言語文化学) (大阪大学)
  • M.A. (Linguistics) (University of Connecticut)
  • Ph.D. (Linguistics) (University of Connecticut)
経歴 (11件):
  • 2014/04/01 - 2017/03/31 慶應義塾大学非常勤講師
  • 2015/04/01 - 日本大学生産工学部教授
  • 2009/04/01 - 2015/03/31 日本大学生産工学部准教授
  • 2014/04/01 - 2014/09/30 東北大学大学院国際文化研究科非常勤講師
  • 2012/09/01 - 2013/08/31 Visiting Scholar, Department of Linguistics and Philosophy, Massachusetts Institute of Technology
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2019/10 - 現在 日本言語学会 夏期講座委員
  • 2013/07/01 - 2017/12/01 日本英語学会 English Linguistics 編集委員
  • 2007/12/01 - 2010/12/01 日本英語学会 大会運営委員
所属学会 (4件):
大阪大学言語文化学会 ,  日本手話学会 ,  日本英語学会 ,  日本言語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る