研究者
J-GLOBAL ID:200901088216865858   更新日: 2020年03月29日

及川 卓

オイカワ タク | Oikawa Taku
所属機関・部署:
職名: 助手
論文 (31件):
  • 中瀬啓介, 長内和弘, 北楯祥子, 佐久間貴士, 西木一哲, 野尻正史, 加藤 諒, 高原 豊, 齋藤雅俊, 小島好司, 藤本由貴, 及川 卓, 中川 研, 水野史朗, 栂 博久. ラット実験アミオダロン肺障害モデルにおける肺サーファクタント恒常性の変化. 分子呼吸器病. 2018. 22. 1. 99-101
  • Nojiri Masafumi, Mizuno Shiro, Nishiki Kazuaki, Kato Ryo, Nakagawa Ken, Oikawa Taku, Iguchi Masaharu, Osanai Kazuhiro, Ishizaki Takeshi, Toga Hirohisa. ADRB2 gene polymorphism and emphysema heterogeneity can modulate bronchodilator response in patients with emphysema. Pulmonary pharmacology & Therapeutics. 2018. 48. 80-87
  • Masafumi.Nojiri, Shiro.Mizuno, Kazuaki.Nishiki, Ryo.Kato, Ken.Nakagawa, Taku.Oikawa, Masaharu.Iguchi, Kazuhiro.Osanai, Takeshi.Ishizaki, Hirohisa.Toga. ADRB2 gene polymorphism and emphysema heterogeneity can modulate bronchodilator response in patients with emphysema. Pulmonary Pharmacology & Therapeutics. 2017. 48(2018). 80-87
  • 高原 豊, 西木一哲, 中瀬啓介, 加藤 諒, 四宮祥平, 齋藤雅俊, 小島好司, 藤本由貴, 中川 研, 及川 卓, 水野史朗, 長内和弘, 栂 博久. 胸腔鏡下胸膜生検にて診断しえた広範な胸膜進展を伴うEGFR陽性偽中皮腫性肺癌の1例. 気管支学. 2016. 38. 3. 183-189
  • R.Kato, S.Mizuno, M.Kadowaki, K.Shiozaki, M.Akai, K.Nakagawa, T.Oikawa, M.Iguchi, K.Osanai, T.Ishizaki, N.F.Voelkel, H.Toga. Sirt1 expression is associated with CD31 expression in blood cells from patients with chronic obstructive pulmonary disease. Respiratory research. 2016. 17. 1. 139-151
もっと見る
講演・口頭発表等 (220件):
  • 家族内発症を認めた慢性過敏性肺炎の一例(呼)
    (第81回呼吸器合同北陸地方会 2018)
  • 睡眠時無呼吸症候群患者における高炭酸ガス換気応答の検討(呼)
    (第81回呼吸器合同北陸地方会 2018)
  • Propionibacterium acnesによる膿胸の1例(呼)
    (第81回呼吸器合同北陸地方会 2018)
  • ペースメーカー背側に発症した小細胞肺癌の1例
    (第73回日本肺癌学会北陸支部学術集会 2018)
  • 胸部異常陰影を呈した抗SRP抗体陽性多発筋炎の1例
    (第235回日本内科学会北陸地方会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る