研究者
J-GLOBAL ID:200901088251137369   更新日: 2020年09月01日

手木 芳男

テキ ヨシオ | Teki Yoshio
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): https://researchmap.jp/read0020827/
研究分野 (6件): 機能物性化学 ,  磁性、超伝導、強相関系 ,  基礎物理化学 ,  機能物性化学 ,  基礎物理化学 ,  磁性、超伝導、強相関系
研究キーワード (5件): physical chemistry ,  Cryogenics) ,  Solid-state Physics II (Magnetism Metal Physics ,  Properties and Materials in Chemistry ,  Function
競争的資金等の研究課題 (35件):
  • 2018 - 2021 πラジカルを利用した純有機系フェムト秒系間交差の実現と超高速失活機構の解明
  • 2016 - 2019 励起状態ダイナミクスを利用したπラジカルのスピントロニクス素子への展開
  • 2014 - 2017 励起高スピンダイナミックスの時間領域シミュレーションとスピン偏極
  • 2012 - 2016 光励起高スピンπラジカルのダイナミックスを利用したスピントロニクスへの展開
  • 2014 - 2015 πラジカルの励起状態を利用したスピントロニクスへの展開
全件表示
論文 (256件):
  • Teki Yoshio. Excited-State Dynamics of Non-Luminescent and Luminescent pi-Radicals. CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL. 2020. 26. 5. 980-996
  • Ogawa Rina, Suzuki Takayoshi, Hirotsu Masakazu, Nishi Noriyuki, Shimizu Yuu, Sunatsuki Yukinari, Teki Yoshio, Kinoshita Isamu. Tetra- and dinuclear manganese complexes of xanthene-bridged O,N,O-Schiff bases with 3-hydroxypropyl or 2-hydroxybenzyl groups: ligand substitution at a triply bridging site. DALTON TRANSACTIONS. 2019. 48. 36. 13622-13629
  • Tsukahara Ryuta, Fujiwara Masazumi, Sera Yoshihiko, Nishimura Yushi, Sugai Yuko, Jentgens Christian, Teki Yoshio, Hashimoto Hideki, Shikata Shinichi. Removing Non-Size-Dependent Electron Spin Decoherence of Nanodiamond Quantum Sensors by Aerobic Oxidation. ACS APPLIED NANO MATERIALS. 2019. 2. 6. 3701-3710
  • Kato Ken, Kimura Shun, Kusamoto Tetsuro, Nishihara Hiroshi, Teki Yoshio. Luminescent Radical-Excimer: Excited-State Dynamics of Luminescent Radicals in Doped Host Crystals. ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION. 2019. 58. 9. 2606-2611
  • Tanaka Yuji, Kono Taisei, Teki Yoshio, Shikoh Eiji. Spin Transport in Poly-Acene Films and the Derivative Films by Using the Spin Pumping. IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS. 2019. 55. 2
もっと見る
MISC (59件):
書籍 (13件):
  • 「有機πスピン系のスピン整列とスピン科学の解明」 (電子スピンサイエンス)
    電子スピンサイエンス、電子スピンサイエンス学会、Vol. 15, pp. 4-13. 2017
  • 「励起状態高スピン化学とそのスピントロ二クスへの展望」 (CSJカレントレビュー「スピン化学が拓く分子磁性の新展開: 設計から機能化まで」)
    CSJカレントレビュー「スピン化学が拓く分子磁性の新展開: 設計から機能化まで」、日本化学会、Vol. 16, pp. 55-62. 2014
  • 「電子スピン共鳴」 (大学院講義物理化学 第2版 III.固体の化学と物性)
    東京化学同人・大学院講義物理化学 第2版 III.固体の化学と物性、、第7章 9節 2012
  • 「π共役ラジカルの光励起状態と光誘起スピン整列 -有機ラジカルの励起状態を利用した複合機能発現の基礎研究-」(月刊 機能材料)
    「月刊 機能材料」、シーエムシー出版、Vol. 28-7, pp. 21-29. 2008
  • Design and experimental investigation of high-spin organic systems
    Maynetic properties of Organic materials 1999
もっと見る
講演・口頭発表等 (75件):
  • Construction of wide-field optically detected magnetic resonance method for intracellular temperature imaging
    (3 rd QST International Symposium “Quantum Life Science” 2019)
  • TIPS-ペンタセンおよびペンタセンラジカル誘導体の光電流挙動と電気的検出磁気共鳴測定
    (第58回電子スピンサイエンス学会年会 2019)
  • Spin transport in thermally-evaporated polyacene films and the derivative films induced by the spin-pumping
    (2019 Magnetism and Magnetic Materials Conference 2019)
  • Split-ring-resonator-based microwave antenna for electron spin excitation of diamond NV centers in cultured cells
    (OCU先端光科学シンポジウム -ナノフォトニクスが切り拓く分子運動・化学反応制御の探求 2019)
  • TIPS-ペンタセン蒸着膜の光応答電流と電気的検出磁気共鳴測定
    (OCU先端光科学シンポジウム -ナノフォトニクスが切り拓く分子運動・化学反応制御の探求 2019)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 1985 大阪市立大学 化学
  • - 1985 大阪市立大学 化学
  • - 1985 大阪市立大学
  • - 1980 大阪市立大学 化学
  • - 1980 大阪市立大学 化学
全件表示
学位 (4件):
  • 理学修士
  • 理学博士
  • 理学博士 (大阪市立大学)
  • 理学修士
経歴 (1件):
  • 1985/04/01 - 現在 大阪市立大学 理学研究科 物質分子系専攻 教授
受賞 (3件):
  • 2016/11/11 - 電子スピンサイエンス学会賞
  • 1993 - Research Fellowship from the Alexander von Humboldt Foundation
  • 1991 - 日本化学会 第4回若い世代の特別講演
所属学会 (6件):
米国化学会 ,  電子スピンサイエンス学会 ,  分子科学会 ,  International EPR(ESR) Society ,  日本物理学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る