研究者
J-GLOBAL ID:200901088492221891   更新日: 2021年02月26日

西小森 隆太

ニシコモリ リュウタ | Nishikomori Ryuta
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 胎児医学、小児成育学
研究キーワード (7件): アレルギー学 ,  リウマチ膠原病学 ,  自己炎症性疾患 ,  原発性免疫不全症 ,  炎症 ,  小児科 ,  免疫学
論文 (165件):
  • Tomoko Matsuda, Naotomo Kambe, Yoko Ueki, Nobuo Kanazawa, Kazushi Izawa, Yoshitaka Honda, Atsushi Kawakami, Syuji Takei, Kyoko Tonomura, Masami Inoue, et al. Clinical characteristics and treatment of 50 cases of Blau syndrome in Japan confirmed by genetic analysis of the NOD2 mutation. Annals of the Rheumatic Diseases. 2020. 79. 11. 1492-1499
  • Daisuke Nakajima, Yusuke Kawashima, Hirofumi Shibata, Takahiro Yasumi, Masahiko Isa, Kazushi Izawa, Ryuta Nishikomori, Toshio Heike, Osamu Ohara. Simple and Sensitive Analysis for Dried Blood Spot Proteins by Sodium Carbonate Precipitation for Clinical Proteomics. Journal of Proteome Research. 2020. 19. 7. 2821-2827
  • Tomonori Kadowaki, Hidenori Ohnishi, Norio Kawamoto, Saori Kadowaki, Tomohiro Hori, Kenichi Nishimura, Chie Kobayashi, Tomonari Shigemura, Shohei Ogata, Yuzaburo Inoue, et al. Immunophenotyping of A20 haploinsufficiency by multicolor flow cytometry. Clinical Immunology. 2020. 216. 108441-108441
  • Yael Shinar, Isabella Ceccherini, Dorota Rowczenio, Ivona Aksentijevich, Juan Arostegui, Eldad Ben-Chétrit, Guilaine Boursier, Marco Gattorno, Hasmik Hayrapetyan, Hiroaki Ida, et al. ISSAID/EMQN Best Practice Guidelines for the Genetic Diagnosis of Monogenic Autoinflammatory Diseases in the Next-Generation Sequencing Era. Clinical chemistry. 2020. 66. 4. 525-536
  • Yukiko Hidaka, Kyoko Fujimoto, Norikazu Matsuo, Takuma Koga, Shinjiro Kaieda, Satoshi Yamasaki, Munetoshi Nakashima, Kiyoshi Migita, Manabu Nakayama, Osamu Ohara, et al. Clinical phenotypes and genetic analyses for diagnosis of systemic autoinflammatory diseases in adult patients with unexplained fever. Modern Rheumatology. 2020
もっと見る
MISC (534件):
  • Yue Yu, Rei Watanabe, Kana Shibao, Yoshiyuki Ishii, Ryuta Nishikomori, Toshio Heike, Yasuhiro Fujisawa, Junichi Furuta. Case of cryopyrin-associated periodic syndrome who recovered from growth delay by treatment with canakinumab. Journal of Dermatology. 2021. 48. 2. e98-e99
  • 宮本 尚幸, 井澤 和司, 前田 由可子, 西谷 真彦, 仁平 寛士, 本田 吉孝, 柴田 洋史, 田中 孝之, 八角 高裕, 滝田 順子, et al. 自己免疫性肝炎の経過中に多彩な症状を呈し、遺伝学的検査により家族性地中海熱と診断した1例. 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌. 2019. 33. 2. 158-159
  • 宮本 尚幸, 本田 吉孝, 井澤 和司, 前田 由可子, 西谷 真彦, 仁平 寛, 柴田 洋史, 田中 孝之, 八角 高裕, 滝田 順子, et al. 不明熱診療における末梢血1型インターフェロン応答遺伝子群の発現解析の有用性. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2019. 29回. 85-85
  • 中岸 保夫, 西村 明紘, 浜田 佳奈, 岡本 圭祐, 水田 麻雄, 本田 吉孝, 宮本 尚幸, 井澤 和司, 貝藤 裕史, 黒澤 寛史, et al. I型インターフェロン症を疑う9歳の女児症例. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2019. 29回. 98-98
  • 宮本 尚幸, 井澤 和司, 田中 孝之, 前田 由可子, 西谷 真彦, 仁平 寛士, 本田 吉孝, 柴田 洋史, 八角 高裕, 滝田 順子, et al. MEFV V726A/I692del複合ヘテロ接合性変異を認め、自己免疫性肝炎を併発した家族性地中海熱の一例. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2019. 29回. 109-109
もっと見る
講演・口頭発表等 (94件):
  • 感染を契機にバルプロ酸によるFanconi症候群を来たした1歳重症心身障害女児例
    (日本小児科学会雑誌 2018)
  • 高度貧血を呈した乳児消化管アレルギーの1例
    (アレルギー 2018)
  • 自己炎症症候群 不明熱患者における自己炎症症候群11疾患遺伝子の網羅的解析
    (日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018)
  • 自己炎症症候群 インフリキシマブが二次無効となったADA2欠損症の乳児例
    (日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018)
  • 遺伝学を用いたリウマチ性疾患の最適化医療の確立 小児の自己炎症性疾患の遺伝学的分類と最適化医療の確立
    (日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1995 京都大学 内科系専攻
  • - 1987 京都大学 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (京都大学)
経歴 (4件):
  • 2021/01 - 現在 久留米大学医学部 小児科 教授
  • 2019/04 - 2020/12 久留米大学医学部 小児科 准教授
  • 2010/05 - 2019/03 京都大学大学院医学研究科発達小児科学 准教授
  • 2002/05 - 2010/04 京都大学医学部附属病院 助手・助教
所属学会 (10件):
国際自己炎症性疾患学会 ,  ヨーロッパ免疫不全症学会 ,  日本小児感染症学会 ,  日本小児アレルギー学会 ,  日本小児リウマチ学会 ,  日本臨床免疫学会 ,  日本免疫学会 ,  日本アレルギー学会 ,  日本リウマチ学会 ,  日本小児科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る