研究者
J-GLOBAL ID:200901088492221891   更新日: 2019年07月01日

西小森 隆太

ニシコモリ リュウタ | NISHIKOMORI Ryuta
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 小児科学
研究キーワード (5件): 原発性免疫不全症 ,  炎症 ,  アレルギー学 ,  小児科 ,  免疫学
論文 (104件):
  • Boisson B, Honda Y, Ajiro M, Bustamante J, Bendavid M, Gennery AR, Kawasaki Y, Ichishima J, Osawa M, Nihira H, Shiba T, Tanaka T, Chrabieh M, Bigio B, Hur H, Itan Y, Liang Y, Okada S, Izawa K, Nishikomori R, Ohara O, Heike T, Abel L, Puel A, Saito MK, Casanova JL, Hagiwara M, Yasumi T. Rescue of recurrent deep intronic mutation underlying cell type-dependent quantitative NEMO deficiency. The Journal of clinical investigation. 2018
  • Nakaseko H, Iwata N, Izawa K, Shibata H, Yasuoka R, Kohagura T, Abe N, Kawabe S, Nishikomori R. Expanding clinical spectrum of autosomal dominant pyrin-associated autoinflammatory disorder caused by the heterozygous MEFV p.Thr577Asn variant. Rheumatology (Oxford, England). 2018
  • Hiejima E, Shibata H, Yasumi T, Shimodera S, Hori M, Izawa K, Kawai T, Matsuoka M, Kojima Y, Ohara A, Nishikomori R, Ohara O, Heike T. Characterization of a large UNC13D gene duplication in a patient with familial hemophagocytic lymphohistiocytosis type 3. Clinical immunology (Orlando, Fla.). 2018. 191. 63-66
  • Shibata H, Yasumi T, Shimodera S, Hiejima E, Izawa K, Kawai T, Shirakawa R, Wada T, Nishikomori R, Horiuchi H, Ohara O, Ishii E, Heike T. Human CTL-based functional analysis shows the reliability of a munc13-4 protein expression assay for FHL3 diagnosis. Blood. 2018. 131. 18. 2016-2025
  • Kadowaki T, Ohnishi H, Kawamoto N, Hori T, Nishimura K, Kobayashi C, Shigemura T, Ogata S, Inoue Y, Kawai T, Hiejima E, Takagi M, Imai K, Nishikomori R, Ito S, Heike T, Ohara O, Morio T, Fukao T, Kanegane H. Haploinsufficiency of A20 causes autoinflammatory and autoimmune disorders. The Journal of allergy and clinical immunology. 2018. 141. 4. 1485-1488.e11
もっと見る
MISC (417件):
  • 井澤 和司, 西小森 隆太. 【自己炎症疾患の臨床と最新の知見】 自己炎症疾患の病態と遺伝子解析. リウマチ科. 2019. 61. 5. 430-434
  • 井澤 和司, 西小森 隆太. 【自己炎症性疾患における最近の展開】 自己炎症性疾患の診療ガイドライン. 分子リウマチ治療. 2019. 12. 1. 4-6
  • 井澤 和司, 仁平 寛士, 西小森 隆太. 【自己炎症性疾患-病態解明から診療体制の確立まで】 病態解明・治療法確立にむけての新展開 アデノシンデアミナーゼ-2(ADA2)欠損症. 医学のあゆみ. 2018. 267. 9. 713-717
  • 西小森 隆太, 井澤 和司. 【小児疾患の診断治療基準】 (第2部)疾患 アレルギー性疾患、自己免疫・リウマチ性疾患(膠原病) 自己炎症症候群. 小児内科. 2018. 50. 増刊. 314-316
  • 柴田 洋史, 井澤 和司, 西小森 隆太. 【自己炎症性疾患-最新の基礎・臨床知見-】 狭義の自己炎症性疾患 インターロイキンI受容体拮抗分子欠損症、NLRP12関連周期熱症候群、H症候群. 日本臨床. 2018. 76. 10. 1785-1790
もっと見る
講演・口頭発表等 (94件):
  • 若年発症サルコイドーシスへの治療介入時の評価項目としての関節エコーの有用性
    (西日本皮膚科 2014)
  • 新生児期に発症しTORCH症候群との鑑別を要したAicardi-Goutieres症候群の1例
    (日本先天代謝異常学会雑誌 2014)
  • 妊娠中発作が消失した家族性地中海熱の1例
    (日本内科学会関東地方会 2014)
  • MEFV遺伝子変異を認めた非定型家族性地中海熱疑いの1例
    (日本小児科学会雑誌 2014)
  • アナキンラを用いて治療を行った高IgD血症の2例
    (日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2014)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1987 京都大学 医学部 医学科
  • - 1995 京都大学 医学研究科 内科系専攻
学位 (1件):
  • 博士(医学) (京都大学)
経歴 (3件):
  • 2002/05 - 2010/04 京都大学医学部附属病院 助手・助教
  • 2010/05 - 2019/03 京都大学大学院医学研究科発達小児科学 准教授
  • 2019/04 - 現在 久留米大学医学部 准教授
所属学会 (10件):
国際自己炎症性疾患学会 ,  ヨーロッパ免疫不全症学会 ,  日本小児感染症学会 ,  日本小児アレルギー学会 ,  日本小児リウマチ学会 ,  日本臨床免疫学会 ,  日本免疫学会 ,  日本アレルギー学会 ,  日本リウマチ学会 ,  日本小児科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る