研究者
J-GLOBAL ID:200901088582806384   更新日: 2021年11月10日

諸冨 孝彦

Morotomi Takahiko
研究分野 (2件): 保存治療系歯学 ,  常態系口腔科学
研究キーワード (7件): ストレス ,  分化 ,  再生 ,  歯髄 ,  Ameloblast ,  Regeneration ,  Dental pulp
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2019 - 2022 生物学的活性を有する高含水性ゲル状直接覆髄薬・象牙質-歯髄複合体再生誘導剤の創製
  • 2016 - 2019 生体活性ガラスによる象牙質補填材及び象牙質-歯髄複合体再生用スキャホールドの開発
  • 2013 - 2016 熱ショックタンパク質誘導剤を用いた生物学的覆髄法の確立
  • 2012 - 2015 生体活性ガラスと再生促進因子を応用した根尖部歯周組織再生療法の開発
  • 2010 - 2013 生体内環境を調和する硬組織再建システム
全件表示
論文 (70件):
  • Kazumasa Murata, Ayako Washio, Takahiko Morotomi, Thira Rojasawasthien, Shoichiro Kokabu, Chiaki Kitamura. Physicochemical Properties, Cytocompatibility, and Biocompatibility of a Bioactive Glass Based Retrograde Filling Material. Nanomaterials (Basel, Switzerland). 2021. 11. 7
  • 寺下正道, 西野宇信, 鷲尾絢子, 安永 愛, 髙倉那奈, 諸冨孝彦, 北村知昭. 無髄歯に対するコンポジットレジン直接修復の臨床評価-8症例-. 九州歯科学会雑誌. 2020
  • Inquimbert C, Hirata-Tsuchiya S, Yoshii S, Molinari N, Nogue E, Roy C, Morotomi T, Washio A, Cuisinier F, Tassery H, et al. Concordance study between regular face-to-face dental diagnosis and dental telediagnosis using fluorescence. Journal of Telemedicine and Telecare. 2020
  • 諸冨孝彦, 鷲尾絢子, 吉居慎二, 宮下桂子, 藤元政考, 北村知昭. 臨床基礎教育におけるシナリオベース体験実習による体験先導型学習の効果. 日本歯科医学教育学会雑誌. 2019. 35. 2. 49-57
  • Hanada K, Morotomi T, Washio A, Yada N, Matsuo K, Teshima H, Yokota K, Kitamura C. In vitro and in vivo effects of a novel bioactive glass-based cement used as a direct pulp capping agent. Journal of Biomedical Materials Research: Part B - Applied Biomaterials. 2019. 107B. 1. 161-168
もっと見る
MISC (61件):
  • 大渡凡人, 岩永賢二郎, 片岡正太, 守下昌輝, 森岡政彦, 永松浩, 諸冨孝彦, 吉居慎二, 鷲尾絢子, 中村太志, et al. 本学附属病院診断科受診患者のASA physical statusに関する統計学的検討. 九州歯科学会雑誌(Web). 2021. 75
  • 北村知昭, 諸冨孝彦, 鷲尾絢子. バイオアクティブガラスを応用した新バイオマテリアルによる根管充填-ニシカキャナルシーラーBGの臨床応用ポイント-. 日本歯科評論. 2019. 79. 6. 105-113
  • 鷲尾絢子, 藤元政考, 吉居慎二, 諸冨孝彦, 北村知昭. ニシカキャナルシーラーBGとBGフィルによる根管充填の最適化-シングルポイント根管充填-. デンタルダイヤモンド. 2019. 44. 6. 154-157
  • Washio A, Morotomi T, Yoshii S, Kitamura C. Bioactive glass-based endodontic sealer as a promising root canal filling material without semisolid core materials. Materials. 2019. 12. (23)3967. 1-17
  • Morotomi T, Washio A, Kitamura C. Current and future options for dental pulp therapy. The Japanese Dental Science Review. 2018. 55. 1. 1-7
もっと見る
書籍 (3件):
  • 歯内療法学 第4版
    医歯薬出版 2012
  • 保存修復学専門用語集 日本歯科保存学会編
    医歯薬出版株式会社 2009
  • 必修 臨床研修歯科医ハンドブック
    医歯薬出版株式会社 2006 ISBN:9784263455999
学歴 (2件):
  • 1998 - 2002 九州歯科大学大学院 歯科保存学第1選考
  • 1992 - 1998 九州歯科大学 歯学科
学位 (1件):
  • 博士(歯学) (九州歯科大学)
経歴 (4件):
  • 2014/01 - 現在 九州歯科大学 口腔機能学講座 口腔保存治療学分野 准教授
  • 2009/03 - 2013/12 福岡歯科大学 口腔治療学講座 歯科保存学分野 講師
  • 2007/04 - 2009/02 九州歯科大学 齲蝕歯髄疾患制御学分野 助教
  • 2002/04 - 2007/03 九州歯科大学 歯科保存学第1講座 助手
委員歴 (3件):
  • 2011/10 - 現在 日本歯科保存学会 デンツプライ賞選考委員
  • 2005/04 - 現在 日本歯科保存学会 評議員
  • 2009/04 - 2011/03 日本歯科保存学会 理事長幹事
受賞 (10件):
  • 2020/09 - 日本歯科医学教育学会 第18回日本歯科医学教育学会優秀論文賞
  • 2017/07 - 日本歯内療法学会 日本歯内療法学会 W.T.ワカイ賞
  • 2017/06 - 日本歯科保存学会 松風優秀論文賞
  • 2015/06 - 日本歯科保存学会 日本歯科保存学会学術賞
  • 2015/05 - Asia-Pacific International Conference Best Poster Award Effect of proinflammatory cytokines on the expression of DMP-1 in odontoblast-like cells
全件表示
所属学会 (5件):
日本歯内療法学会 ,  International Association for Dental Reserch ,  歯科基礎医学会 ,  九州歯科学会 ,  日本歯科保存学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る