研究者
J-GLOBAL ID:200901088707107777   更新日: 2020年10月25日

長阪 一憲

ナガサカ カズノリ | NAGASAKA KAZUNORI
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.teikyo-hospital.jp/doctor/view.html?key=889
研究分野 (4件): ナノバイオサイエンス ,  腫瘍診断、治療学 ,  産婦人科学 ,  腫瘍診断、治療学
研究キーワード (17件): マイクロ流体力学 ,  がんゲノム医療 ,  ユビキチン・プロテアソーム経路 ,  がん幹細胞 ,  子宮頸がん検診 ,  HPVワクチン ,  卵巣癌 ,  ヒトパピローマウイルス ,  シングルセル解析 ,  Obstetrics and Gynecology ,  MAPK pathway ,  Cell polarity and Cancer ,  Biomaker ,  Proteasome pathway ,  Cervical cancer prevention ,  Human papilloma virus ,  hScrib
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2022 情報通信技術を活用した子宮頸がん予防のヘルスリテラシー向上に関する研究
  • 2019 - 2022 マイクロ流体と集積回路技術によるリキッドバイオプシープラットフォーム開発
  • 2019 - 2022 単一細胞解析による婦人科がん幹細胞ニッチの解明と新規治療法の開発
  • 2016 - 2021 マイクロ流体アプローチによる1細胞トランスクリプトーム解析とその応用展開
  • 2015 - 2018 進行性・転移性卵巣癌におけるPar3複合体の機能解析とEMT阻害剤開発への応用
全件表示
論文 (60件):
  • Machiko Kojima, Kenbun Sone, Katsutoshi Oda, Ryuji Hamamoto, Syuzo Kaneko, Shinya Oki, Asako Kukita, Akira Kawata, Harunori Honjoh, Yoshiko Kawata, et al. The histone methyltransferase SMYD2 is a novel therapeutic target for the induction of apoptosis in ovarian clear cell carcinoma cells. Oncology letters. 2020. 20. 5. 153-153
  • Ayumi Taguchi, Kazunori Nagasaka, Charles Plessy, Hiroe Nakamura, Yoshiko Kawata, Sachi Kato, Kosuke Hashimoto, Takeshi Nagamatsu, Katsutoshi Oda, Iwao Kukimoto, et al. Use of Cap Analysis Gene Expression to detect human papillomavirus promoter activity patterns at different disease stages. Scientific reports. 2020. 10. 1. 17991-17991
  • Yoshiko Kawata, Kazunori Nagasaka, Katsutoshi Oda, Chinami Makii, Makoto Takeuchi, Shinya Oki, Harunori Honjo, Machiko Kojima, Yuko Miyagawa, Ayumi Taguchi, et al. Effect of MDM2 inhibitors in preclinical models of advanced clear cell carcinomas originating from ovaries and kidneys. Cancer science. 2020
  • Ranka Kanda, Yuko Miyagawa, Osamu Wada-Hiraike, Haruko Hiraike, Shiho Fukui, Kazunori Nagasaka, Eiji Ryo, Tomoyuki Fujii, Yutaka Osuga, Takuya Ayabe. Rikkunshito attenuates induction of epithelial-mesenchymal switch via activation of Sirtuin1 in ovarian cancer cells. Endocrine journal. 2020. 67. 4. 379-386
  • Makoto Takeuchi, Michihiro Tanikawa, Kazunori Nagasaka, Katsutoshi Oda, Yoshiko Kawata, Shinya Oki, Chuwa Agapiti, Kenbun Sone, Yuko Miyagawa, Haruko Hiraike, et al. Anti-Tumor Effect of Inhibition of DNA Damage Response Proteins, ATM and ATR, in Endometrial Cancer Cells. Cancers. 2019. 11. 12
もっと見る
MISC (269件):
もっと見る
書籍 (4件):
  • HPV (ヒトパピローマウイルス) 臨床検査ガイド2015 年改訂版
    文光堂. 東京 2015
  • ヒトパピローマウイルスDNA検査 臨床検査ガイド2013-2014.
    文光堂. 東京 2013
  • これだけは知っておきたい検査のポイント-第9集】 腫瘍マーカー 乳腺・婦人科系 CA125,CA130,CA602
    Medicina 2012
  • プリンシプル産科婦人科学 1 婦人科編 第3版 監修 武谷雄二 上妻志郎 藤井知行 大須賀穣
    メジカルビュー社
学歴 (2件):
  • 2004 - 2008 東京大学大学院医学系研究科 生殖腫瘍学
  • 1994 - 2000 愛媛大学 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2020 - 現在 帝京大学医学部 産婦人科学講座 准教授
  • 2017 - 2020 帝京大学医学部 産婦人科学講座 講師
  • 2012 - 2017 東京大学医学部附属病院 女性診療科・産科・女性外科 助教
  • 2008 - 2010 国連機関 国際遺伝子工学バイオテクノロジーセンター(The International Centre for Genetic Engineering and Biotechnology: ICGEB Trieste, Italy) 腫瘍ウイルス学 招聘研究員
受賞 (2件):
  • 2010 - 国際ヒトパピローマウイルス学会 第26回 国際パピローマウイルス学会 学会賞
  • 2007 - 第59回日本産科婦人科学術講演会 優秀演題賞
所属学会 (16件):
米国癌治療学会議(ASCO) ,  米国癌研究会議 (AACR) ,  日本HPV研究会 ,  日本子宮鏡研究会 ,  日本ロボット外科学会 ,  日本人類遺伝学会 ,  日本産婦人科遺伝診療学会 ,  日本家族性腫瘍学会 ,  日本婦人科がん検診学会 ,  国際ヒトパピローマウイルス会議(IPVS) ,  日本産科婦人科内視鏡学会 ,  日本臨床細胞学会 ,  日本婦人科腫瘍学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本癌学会 ,  日本産科婦人科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る