研究者
J-GLOBAL ID:200901088725518997   更新日: 2020年08月31日

安藤 和雄

アンドウ カズオ | Ando Kazuo
所属機関・部署:
論文 (139件):
もっと見る
MISC (21件):
  • 安藤 和雄. Introduction of the workshop,Myanmar Way of Agricultural and Rural Development and GNH as a light ofalternative Development. International Workshop on Myanmar Way of Agricultural and Rural Development (MWARD): Considering the approach of GNH. 2017
  • 安藤 和雄. An Agro-networking society in the eastern Himalayan Highland: A case of Monpa Model of Arunachal Pradesh, India. The 1st Internatiopnal Conference on Asian Highland Natural Resources Management(AsiaHiland). 2015
  • 安藤 和雄. アジアの過疎・離農問題に挑戦する実践型地域研究の取組. 第24回日本熱帯生態学会年次大会(宇都宮). 2014
  • The adoption process of commercial cropping at the China-Lao border area. 2014
  • Connections between agricultural landscape, livelihood and life. 2014
もっと見る
書籍 (47件):
  • 京都大学研究連携基盤グローバル生存基盤展開ユニット 平成28年度 研究成果報告書
    2018
  • 大橋正明他 編「バングラデシュを知るための66章(第3版)」
    明石書店 2017
  • バングラデシュを知るための66章、第3版
    明石書店 2017
  • ブータン-国民の幸せをめざす王国
    創元社 2017
  • 熊谷誠慈 編『ブータン-国民の幸せをめざす王国』
    創元社 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (4件):
  • Introduction of the workshop,Myanmar Way of Agricultural and Rural Development and GNH as a light ofalternative Development
    (International Workshop on Myanmar Way of Agricultural and Rural Development (MWARD): Considering the approach of GNH 2017)
  • 「アジアの農耕文化からみた東ブータン:東南アジア・バングラデシュの農具・作付体系・古代遺跡を中心に」
    (第9回ブータン文化講座 アジアの農耕文化からみた東ブータン 2016)
  • Depopulation and Abandoning Farming Problem as a Global Issue: Bhutanese Scholars’ Comparative Experience in Japan, Summer 2016
    (日本熱帯農業学会第 120回公演会 2016)
  • Agricultural Landuse in Rice Growing Villages in Eastern Bhutan: A Case Study of Radhi Gewog
    (The Proceeding of The 26th Annual Meeting of the Japan Society of Tropical Ecology (JASTE26) in Tsukuba 2016)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る