研究者
J-GLOBAL ID:200901088735557168   更新日: 2020年10月15日

和田 博史

ワダ ヒロシ | Wada Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 園芸科学 ,  作物生産科学 ,  農業環境工学、農業情報工学
研究キーワード (9件): 登熟 ,  受粉 ,  植物生理 ,  シングルセルオミクス ,  セルプレッシャープローブ ,  質量分析 ,  水分生理 ,  ブドウ ,  水稲
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2016 - 2019 オンサイト・セルスペシフィック解析による水稲高温障害・窒素代謝改善効果の機構解明
  • 2016 - 2019 1花粉細胞におけるリアルタイムオミクス解析による高温不稔回避機構の解明
  • 2016 - 2018 匂い成分オンサイト質量分析による水稲害虫トビイロウンカの品種選好・増殖特性の解明
  • 2015 - 2017 気孔応答に着目したオミクス解析による高温不稔メカニズムの解明
  • 2015 - 飼料用米の収量を高位安定化させる生産技術等の開発
全件表示
論文 (44件):
  • Hiroshi Nakano, Ryo Tanaka, Senlin Guan, Midori Okami, Hiroshi Wada, Makoto Hakata, Hideki Ohdan. A weather-adaptive topdressing method to enhance rice yield in southwestern Japan. Agronomy Journal. 2020
  • Hiroshi Nakano, Ryo Tanaka, Hiroshi Wada, Midori Okami, Koji Nakagomi, Makoto Hakata. Breaking rice yield barrier with the ratooning method under changing climatic conditions: a paradigm shift in rice cropping systems in southwestern Japan. Agronomy Journal. 2020. 2020. 1-18
  • Hiroshi Wada, Yuto Hatakeyama, Taiken Nakashima, Hiroshi Nonami, Rosa Erra-Balsells, Makoto Hakata, Keisuke Nakata, Kenzo Hiraoka, Yayoi Onda, Hiroshi Nakano. On-site single pollen metabolomics reveals varietal differences in phosphatidylinositol synthesis under heat stress conditions in rice. Scientific reports. 2020. 10. 1. 2013-2013
  • Kenzo Hiraoka, Osamu Ariyada, Ryo Sekine, Satoshi Ninomiya, Dilshadbek T. Usmanov, Hiroshi Wada, Hiroshi Nonami. Robotic sheath-flow probe electrospray ionization/mass spectrometry (sfPESI/MS): development of a touch sensor for samples in a multiwell plastic plate. Analytical Methods. 2020
  • Blokhina O, Laitinen T, Hatakeyama Y, Delhomme N, Paasela T, Zhao L, Street N, Wada H, Kärkönen A, Fagerstedt K. Ray parenchymal cells contribute to lignification of tracheids in developing xylem of Norway spruce. Plant Physiology. 2019. 181. 4. 1552-1572
もっと見る
MISC (19件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • Adaptation to Climate Change in Agriculture
    Springer, Singapore, https://doi.org/10.1007/978-981-13-9235-1_3 2019
  • 米の外観品質・食味 -最新研究と改善技術-(松江勇次編著)
    養賢堂 2018
講演・口頭発表等 (6件):
  • 米生産における白未熟粒の発生メカニズムについて
    (令和元年度「おいでまい」栽培者研修大会,於「丸亀市綾歌総合文化会館 アイレックス」大ホール(主催:香川県、香川県農業協同組合中央会、香川県農業協同組合、「おいでまい」委員会) 2020)
  • 気候変動下における水稲の安定多収生産に向けて-高温障害対策を中心とする研究開発と今後の課題
    (一般公開シンポジウム「変化する気候に向き合う九州の農業を目指して」,日本農業気象学会75周年記念大会(2018年全国大会) 2018)
  • Nitrogen application reverses heat-induced rice chalkiness: Evidence for organelle rearrangement due to the recovery of protein synthesis in endosperm cells
    (Society for Experimental Biology 2017 Annual Meeting 2017)
  • Development of the on-site live cell metabolomics performable in controlled environment
    (Society for Experimental Biology 2017 Annual Meeting 2017)
  • Mechanisms of foehn-induced chalky ring formation in rice: Use of the on-site cell-specific analytical method and practical applications
    (IRRI-JIRCAS-NARO Symposium 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2000 - 2004 愛媛大学大学院連合農学研究科 博士課程
  • 1998 - 2000 愛媛大学大学院
  • 1994 - 1998 愛媛大学
学位 (1件):
  • 博士(農学) (愛媛大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 愛媛大学大学院 農学研究科 教授
  • 2018/10 - 2020/03 農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター 水田作研究領域 上級研究員
  • 2014/10 - 2018/09 農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター 水田作研究領域 主任研究員
  • 2017/04 - 2018/02 愛媛大学大学院 農学研究科 非常勤講師
  • 2011/10 - 2013/09 農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター 水田作・園芸研究領域 主任研究員
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2009/04 - 現在 日本生物環境工学会 英文誌 Environmental Control in Biology 編集委員
受賞 (1件):
  • 2006 - 米国園芸学会 論文賞
所属学会 (5件):
Society for Experimental Biology ,  日本質量分析学会 ,  American Society of Plant Biologists ,  日本作物学会 ,  日本生物環境工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る