研究者
J-GLOBAL ID:200901088873239797   更新日: 2024年02月01日

彦坂 幸毅

ヒコサカ コウキ | Hikosaka Kouki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.biology.tohoku.ac.jp/lab-www/hikosaka_lab/http://www.biology.tohoku.ac.jp/lab-www/hikosaka_lab/hikosaka/Research2.html
研究分野 (1件): 生態学、環境学
研究キーワード (6件): 窒素利用 ,  順化 ,  地球環境変化 ,  環境応答 ,  光合成 ,  植物生態学
競争的資金等の研究課題 (41件):
  • 1998 - 現在 光合成特性の多様性
  • 1997 - 現在 地球環境変化に対する植物の応答
  • 1989 - 現在 光合成系の環境応答(順化)
  • 2022 - 2026 熱帯林における太陽光誘起クロロフィル蛍光による光合成量の観測とモデル化
  • 2021 - 2026 統合生物圏科学の構築にかかる支援活動
全件表示
論文 (164件):
  • Masahiro Yamakawa, Yusuke Onoda, Hiroko Kurokawa, Michio Oguro, Tohru Nakashizuka, Kouki Hikosaka. Competitive asymmetry in a forest composed of a shade-tolerant species depends on gap formation. Forest Ecology and Management. 2023. 549. 121442-121442
  • Naofumi Yoshida, Shin Ichi Morinaga, Takeshi Wakamiya, Yuu Ishii, Shosei Kubota, Kouki Hikosaka. Does selection occur at the intermediate zone of two insufficiently isolated populations? A whole-genome analysis along an altitudinal gradient. Journal of Plant Research. 2023. 136. 2. 183-199
  • Riichi Oguchi, Kousuke Hanada, Minami Shimizu, Masako Mishio, Hiroshi Ozaki, Kouki Hikosaka. Enhanced growth rate under elevated CO2 conditions was observed for transgenic lines of genes identified by intraspecific variation analyses in Arabidopsis thaliana. PLANT MOLECULAR BIOLOGY. 2022. 110. 4-5. 333-345
  • Takehiro Sasaki, Naohiro I. Ishii, Daichi Makishima, Rui Sutou, Akihito Goto, Yutaka Kawai, Hayami Taniguchi, Kunihiro Okano, Ayumi Matsuo, Alfred Lochner, et al. Plant and microbial community composition jointly determine moorland multifunctionality. JOURNAL OF ECOLOGY. 2022. 110. 10. 2507-2521
  • Daichi Makishima, Naohiro Ishii, Rui Sutoh, Akihito Goto, Yutaka Kawai, Hayami Taniguchi, Kei Uchida, Masaya Shimazaki, Tohru Nakashizuka, Yoshihisa Suyama, et al. Predicting diversity changes in subalpine moorland ecosystems based on geometry of species distributions and realistic area loss. Journal of Vegetation Science. 2022. 33. 5. in press
もっと見る
MISC (72件):
  • 辻 祥子, 上妻 馨梨, 伊福 健太郎, 彦坂 幸毅. 木本植物の光阻害防御機構の種間比較. 日本森林学会大会発表データベース. 2022. 133. 161
  • 吉田直史, 森長真一, 若宮健, 石井悠, 久保田渉誠, 彦坂幸毅. F2個体の形質値分布から見るハクサンハタザオの標高間変異. 日本生態学会大会講演要旨(Web). 2022. 69th
  • 辻 祥子, 上妻 馨梨, 小澤 理香, 伊福 健太郎, 中野 雄司, 石田 厚, 彦坂 幸毅. 強光ストレス下における樹木の色素含有量の変化と光阻害耐性の多種間比較. 日本森林学会大会発表データベース. 2021. 132. 463
  • 野田響, 大政謙次, 彦坂幸毅, 市井和仁, 小林秀樹, 加藤知道, 村岡裕由. 陸域植生SIF/PRIの高分解能観測衛星の開発. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2020. 2020
  • 野田響, 大政謙次, 彦坂幸毅, 市井和仁, 小林秀樹, 加藤知道, 村岡裕由. 陸域植生のSIF・PRIモニタリングのための高空間・波長分解能観測衛星の開発. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2019. 2019
もっと見る
書籍 (12件):
  • 植物の光合成・物質生産の測定とモデリング
    共立出版 2016 ISBN:9784320057524
  • Canopy Photosynthesis: From Basics to Applications
    Springer 2016 ISBN:9789401772914
  • Trees in a changing environment
    Springer 2014 ISBN:9789401790994
  • 身近な雑草の生物学
    朝倉書店 2014 ISBN:9784254420418
  • Terrestrial ecosystems in a changing world
    Springer-Verlag 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (20件):
  • Remote sensing of photosynthesis and stress response in leaves and vegetations
    (The 2022 Northeast Asia Biodiversity Research Center Annual Meeting and International Symposium 2023)
  • 光化学系II光損傷速度のマンガン依存要素と過剰エネルギー要素の定量化の試み
    (日本植物学会第 86 回大会 2022)
  • 森林の炭素貯留速度決定機構の理解に向けて
    (日本生態学会第69回全国大会)
  • 光化学系IIの光損傷速度をマンガン依存要素と過剰エネルギー要素に分割して定量化する
    (東北植物学会第11回大会)
  • 光阻害が起こった葉における光合成・クロロフィル蛍光・光化学反射指数(PRI)
    (日本植物学会第84回大会)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1995 東京大学 理学系研究科 植物学専攻
  • - 1990 東北大学 理学部 生物学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
委員歴 (22件):
  • 2018/04 - 現在 Frontiers in Forests and Global Change Associate Editor
  • 2016/04 - 現在 New Phytologist Advisor
  • 2010/01 - 現在 Plant, Cell and Environment Editorial board
  • 2006/08 - 現在 Oecologia Editorial board
  • 2003/05 - 現在 日本光合成学会 幹事
全件表示
受賞 (4件):
  • 2020/03 - 日本生態学会 日本生態学会賞
  • 2008/03 - 日本生態学会 Ecological Research Award 2008
  • 2007/09 - (社)日本植物学会 Journal of Plant Research Most-cited Paper Award
  • 2006/09 - 社団法人 日本植物学会 日本植物学会奨励賞 窒素利用の観点からの光合成系順化の解析
所属学会 (3件):
日本光合成学会 ,  日本植物学会 ,  日本生態学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る