研究者
J-GLOBAL ID:200901088917570046   更新日: 2020年01月15日

村岡 慶裕

ムラオカ ヨシヒロ | MURAOKA, Yoshihiro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.f.waseda.jp/y.muraoka/http://www.f.waseda.jp/y.muraoka/
研究分野 (1件): リハビリテーション科学・福祉工学
研究キーワード (1件): 生体計測工学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2014 - 2019 脳卒中片麻痺歩行のための臨床用簡易歩行分析・評価システムの開発
  • 2011 - 2014 顔面神経麻痺治療用埋め込み型随意筋電誘発機能的筋刺激装置の開発
  • 2011 - 2013 聴覚リズムを用いた歩行能力向上プログラムの確立
  • 中枢神経系再構成を目的とした下肢装具併用型電気刺激装置の開発
  • Cybernetic orthosisの開発とニューロ・リハビリテーション
全件表示
論文 (123件):
  • Ryuji Takigawa, Takayo Inayama, Kengo Yamada, Yoshihiro Muraoka, Kazunori Ohkawara. Assessment of daily physical activities with sensors attached to the upper limbs in healthy adults using a manual wheelchair. The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine. 2018. 7. 3. 193-202
  • 岡崎俊太郎,村岡慶裕,鈴木里砂. 嚥下音および舌骨上筋群筋電同時計測による小型低コストバイオフォードバック装置の開発. 総合リハビリテーション. 2018. in. press
  • 鈴木里砂,村岡慶裕. スマートフォンを用いた低コスト筋電図バイオフィードバック装置の開発(第2報)-現行機種への対応-. 総合リハビリテーション. 2017. 45. 11. 1159-1162
  • Okazaki, Shuntaro; Muraoka, Yoshihiro; Suzuki, Risa. Validity and reliability of Leap Motion Controller for assessing grasping and releasing finger movements. Journal of Ergonomic Technology. 2017. 17. 1. 32-42
  • 鈴木里砂,村岡慶裕. Bluetoothオーディオ送受信機によるスマートフォンを用いた低コスト筋電図バイオフィードバック装置の無線化. リハビリテーション連携科学. 2017. 18. 1. 40-43
もっと見る
書籍 (5件):
  • 臨床理学療法マニュアル改訂第2版(黒川幸雄,伊藤元,渡辺京子,長澤弘,横田一彦,江藤文夫編):バイオフィードバック
    南江堂・東京 2007
  • 日本発達心理学会編「発達心理学事典」,氏家達夫ほか:ふれる「介護」
    丸善出版・東京 2013 ISBN:978-4-621-08579-0
  • リハビリテーションのための臨床神経生理学
    中外医学 2015 ISBN:9784498076785
  • II.神経生理各論 2.電気刺激 A電気刺激とは何か?、正門由久、高橋修、村岡慶裕、牛場潤一編、「リハビリテーションに役立つ臨床神経生理学」
    中外医学社、東京 2015
  • II.神経生理各論 2.電気刺激 B電気刺激の使い方、正門由久、高橋修、村岡慶裕、牛場潤一編、「リハビリテーションに役立つ臨床神経生理学」
    中外医学社、東京 2015
講演・口頭発表等 (283件):
  • 対麻痺歩行者用hybrid assistive systemの開発
    (第30回日本パラプレジア医学会、金沢、1995.5 1995)
  • Hand pointing device for functional electrical stimulation
    (the 6th International Conference on Human-Computer Interaction,July 9-14, Yokohama 1995)
  • 手先位置指示装置の開発
    (第4回人間工学会システム連合大会、八王子 1996)
  • 環境制御装置(ECS)のモジュール化
    (第33回日本リハビリテーション医学会学術集会(1996年5月31日-6月1日)、横浜 1996)
  • 同心円電極を用いた経皮的磁気刺激による運動誘発電位の計測
    (第33回日本リハビリテーション医学会学術集会(1996年5月31日-6月1日)、横浜 1996)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1991 - 1995 慶應義塾大学 理工学部 計測工学
  • 1995 - 1997 慶應義塾大学 理工学研究科 生体医工学
  • 1997 - 2000 慶應義塾大学 理工学研究科 生体医工学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (慶應義塾大学)
経歴 (10件):
  • 2000/04 - 2001/03 東京都リハビリテーション病院 リハ工学士
  • 2001/04 - 2002/03 慶應義塾大学 助手
  • 2002/04 - 2004/03 慶應義塾大学 助手
  • 2004/04 - 2007/03 藤田保健衛生大学 助教授
  • 2007/04 - 2008/03 藤田保健衛生大学 准教授
全件表示
所属学会 (14件):
日本リハビリテーション医学会 ,  日本リハビリテーション工学協会 ,  日本臨床神経生理学会 ,  バイオメカニズム学会 ,  日本義肢装具学会 ,  日本バイオフィードバック学会 ,  日本生活支援工学会 ,  ライフサポート学会 ,  慶應医学会 ,  日本生体医工学会 ,  IEEE Japan ,  計測自動制御学会 ,  臨床歩行分析研究会 ,  日本臨床スポーツ医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る