研究者
J-GLOBAL ID:200901088959536000   更新日: 2020年09月24日

中島 美紀

ナカジマ ミキ | Nakajima Miki
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://www.p.kanazawa-u.ac.jp/~taisha/index.html
研究分野 (5件): 薬理学 ,  薬系衛生、生物化学 ,  薬系衛生、生物化学 ,  薬理学 ,  医療薬学
研究キーワード (9件): RNA編集 ,  マイクロRNA ,  薬物動態 ,  転写後修飾 ,  個人差 ,  薬物代謝 ,  genetic polymorphisms ,  interindividual difference ,  Drug metabolism
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2024 環境中化学物質による気管支喘息症の中心的役割としてのエクソソームとそのmiRNA
  • 2019 - 2022 A-to-I RNA編集およびアデノシンメチル化を介したヒト薬物代謝酵素の発現制御
  • 2019 - 2022 喫煙に応答する異物代謝・解毒酵素のエピトランスクリプトーム制御の解明
  • 2019 - 2021 エピトランスクリプトミクスによる薬物動態制御機構の解明
  • 2009 - 2012 ヒト肝薬物代謝能を制御するmicroRNA:個人差解明のための革新的基盤研究
全件表示
論文 (279件):
  • Masashi Takizawa, Masataka Nakano, Tatsuki Fukami, Miki Nakajima. Decrease in ADAR1 expression by exposure to cigarette smoke enhances susceptibility to oxidative stress. Toxicology letters. 2020. 331. 22-32
  • Takeo Hata, Tetsufumi Kanazawa, Takeshi Hamada, Hiroshi Yoneda, Miki Nakajima, Takahiro Katsumata. The 12-year trend report of antipsychotic usage in a nationwide claims database derived from four million people in Japan. J. Psychiatr. Res. 2020. 127. 28-34
  • Yu Yamaura, Masayuki Kanki, Daisuke Sasaki, Miki Nakajima, Akira Unami. Serum miR-206 as a biomarker for drug-induced skeletal muscle injury in rat. 2020. 45. 8. 503-513
  • Keito Amai, Tatsuki Fukami, Hiroyuki Ichida, Akiko Watanabe, Masataka Nakano, Kengo, Watanabe, Miki Nakajima. Quantitative analysis of mRNA expression levels of aldo-keto-reductase and short-chain dehydrogenase/reductase isoforms in human livers. 2020. in press
  • Weiyi Liu, Masataka Nakano, Takeo Nakanishi, Miki Nakajima, Ikumi Tamai. Post-transcriptional regulation of OATP2B1 transporter by a microRNA, miR-24. 2020. in press
もっと見る
MISC (37件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • 毒性の科学-分子・細胞から人間集団まで
    東京大学出版会 2014
  • Pharmacogenomics and Stratified Medicines
    Elsevir 2014
  • Fifty Years of Cytochrome P450 Research
    Elsevir 2014
  • 薬物代謝学 医療薬学・医薬品開発の基礎として 第3版
    東京化学同人 2010
  • 臨床薬物代謝化学
    廣川書店 2003
もっと見る
講演・口頭発表等 (65件):
  • 転写後修飾A-to-I RNA編集ならびにアデノシンメチル化による薬物代謝酵素発現制御
    (日本薬物動態学会第34回年会 2019)
  • Significance of post-transcriptional regulation of drug-metabolizing enzymes: perspective insight into future pharmacotherapy
    (22nd Microsomal and Drug Oxidation/33rd JSSX, Plenary Lecture 2018)
  • microRNA-SNPs as biomarkers of drug response and toxicity.
    (18th Word Congress of Basic and Clinical Pharmacology 2018)
  • 薬物応答性・医薬品毒性の予測マーカーとしてのmicroRNA
    (昭和大学藤が丘病院セミナー 2018)
  • Roles of hydrolases and aldehyde oxidase in controlling of pharmacokinetics and drug toxicity
    (日本薬物動態学会第32回年会 2017)
もっと見る
学歴 (5件):
  • - 1998 金沢大学
  • - 1994 北海道大学大学院
  • - 1994 北海道大学
  • - 1992 北海道大学 製薬化学科
  • - 1992 北海道大学
学位 (1件):
  • 博士(薬学)
経歴 (7件):
  • 2018/04 - 現在 金沢大学 ナノ生命科学研究所(薬学系兼任) 教授
  • 2014/03 - 2018/03 金沢大学 医薬保健研究域薬学系 教授
  • 2009/04 - 2014/02 金沢大学 医薬保健研究域薬学系 准教授
  • 2007/04 - 2009/03 金沢大学大学院 医学系研究科(薬学部兼任) 准教授
  • 2001/08 - 2007/03 金沢大学大学院 医学系研究科(薬学部兼任) 助教授
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2016/04 - 現在 内閣府食品安全委員会農薬専門調査会幹事会 専門委員
  • 2015/06 - 現在 日本毒性学会 評議員
  • 2015/06 - 現在 エイチ・エー・ビー研究機構 理事
  • 2014/04 - 現在 JaCVAM資料編集委員会 委員
  • 2014/04 - 現在 内閣府食品安全委員会農薬専門調査会 専門委員
全件表示
受賞 (11件):
  • 2019/12 - 金沢大学 はあざみ女性研究者賞(紫花賞) 創薬および医薬品適正使用の推進に貢献する薬物代謝研究
  • 2011 - 日本薬学会 日本薬学会学術振興賞 シトクロムP450と転写因子のマイクロRNAによる発現制御に関する研究
  • 2009 - DMPKベストサイテーション論文賞
  • 2009 - DMPK Best Citation Award
  • 2008 - 米国薬学会 Ebert 賞
全件表示
所属学会 (8件):
American Society for Pharmacology and Experimental Therapeutics ,  日本エイチ・エー・ビー研究機構 ,  日本毒性学会 ,  International Society for the Study of Xenobiotics ,  日本薬物動態学会 ,  日本薬学会 ,  The Japanese Society of Clinicacl Pharmacology and Therapeutics ,  The Japanese Society for the Study of Xenobiotics
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る