研究者
J-GLOBAL ID:200901089043688722   更新日: 2021年11月12日

田熊 一敞

タクマ カズヒロ | Takuma Kazuhiro
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 大学院薬学研究科 創成薬学専攻  教授(兼任)
  • 大学院連合小児発達学研究科 小児発達学専攻  教授(兼任)
研究分野 (2件): 薬系衛生、生物化学 ,  神経科学一般
研究キーワード (4件): 発達障害 ,  アルツハイマー病 ,  神経変性疾患 ,  精神疾患
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2004 - 更年期の精神障害の分子機序に関する研究
  • 2004 - 児童青年期の精神疾患の分子機序に関する研究
  • 2004 - 神経変性疾患におけるミトコンドリアの機能的役割に関する研究
  • 2004 - Study on the molecular mechanisms of Mood disorders in menopausal women
  • 2004 - Study on the molecular mechanisms of child and adolescent psychiatric disorders
全件表示
論文 (145件):
  • Kohei Kitagawa, Kensuke Matsumura, Masayuki Baba, Momoka Kondo, Tomoya Takemoto, Kazuki Nagayasu, Yukio Ago, Kaoru Seiriki, Atsuko Hayata-Takano, Atsushi Kasai, et al. Intranasal oxytocin administration ameliorates social behavioral deficits in a POGZWT/Q1038R mouse model of autism spectrum disorder. Molecular brain. 2021. 14. 1. 56-56
  • Chihiro Kawaguchi, Norihito Shintani, Atsuko Hayata-Takano, Michiyoshi Hatanaka, Ai Kuromi, Reiko Nakamura, Yui Yamano, Yusuke Shintani, Katsuya Nagai, Soken Tsuchiya, et al. Lipocalin-type prostaglandin D synthase regulates light-induced phase advance of the central circadian rhythm in mice. Communications Biology. 2020. 3. 1
  • Kensuke Matsumura, Kaoru Seiriki, Shota Okada, Masashi Nagase, Shinya Ayabe, Ikuko Yamada, Tamio Furuse, Hirotoshi Shibuya, Yuka Yasuda, Hidenaga Yamamori, et al. Pathogenic POGZ mutation causes impaired cortical development and reversible autism-like phenotypes. Nature communications. 2020. 11. 1. 859-859
  • Shuto Takeuchi, Takuya Kawanai, Ryosuke Yamauchi, Lu Chen, Tatsunori Miyaoka, Mei Yamada, Satoshi Asano, Atsuko Hayata-Takano, Takanobu Nakazawa, Koji Yano, et al. Activation of the VPAC2 Receptor Impairs Axon Outgrowth and Decreases Dendritic Arborization in Mouse Cortical Neurons by a PKA-Dependent Mechanism. Frontiers in neuroscience. 2020. 14. 521-521
  • Kensuke Matsumura, Masayuki Baba, Kazuki Nagayasu, Kana Yamamoto, Momoka Kondo, Kohei Kitagawa, Tomoya Takemoto, Kaoru Seiriki, Atsushi Kasai, Yukio Ago, et al. Autism-associated protein kinase D2 regulates embryonic cortical neuron development. Biochemical and biophysical research communications. 2019. 519. 3. 626-632
もっと見る
MISC (218件):
もっと見る
Works (4件):
  • 糖尿病、神経変性疾患等の病態発現における抗酸化の創薬的意義に関する研究
    2009 -
  • 創薬を目指した環境要因誘発精神疾患動物でのエピジェネティクス研究
    2009 -
  • SEA0400の中枢作用に関する研究
    2008 -
  • 糖尿病、神経変性疾患等の病態発現における抗酸化の創薬的意義に関する研究
    2008 -
学歴 (3件):
  • - 1996 大阪大学 応用薬学専攻
  • - 1993 大阪大学 応用薬学専攻
  • - 1991 大阪大学 製薬化学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (大阪大学)
経歴 (8件):
  • 2015/04 - 現在 大阪大学大学院 連合小児発達学研究科 教授 (兼任)
  • 2014/07 - 現在 大阪大学大学院 薬学研究科 教授 (兼任)
  • 2014/07 - 現在 大阪大学大学院 歯学研究科 教授
  • 2008/04 - 2014/07 大阪大学大学院 薬学研究科 准教授
  • 2007/04 - 2008/03 金沢大学大学院 自然科学研究科 准教授
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2001 - 日本薬理学会 学術評議員
受賞 (3件):
  • 2006 - 日本薬理学会学術奨励賞
  • 2006 - 日本神経化学会奨励賞
  • 2001 - 日本薬学会近畿支部奨励賞
所属学会 (15件):
国際神経化学会 ,  米国神経科学学会 ,  日本神経精神薬理学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本神経化学会 ,  日本薬学会 ,  日本薬理学会 ,  International Society for Neurochemistry ,  Society for Neuroscience ,  Japanese Society of Neuropsychopharmacology ,  Japan Neuroscience Society ,  The Japanese Society for Neurochemistry ,  The Pharmaceutical Society of Japan ,  The Japanese Pharmacological Society ,  歯科基礎医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る