研究者
J-GLOBAL ID:200901089116375809   更新日: 2020年01月06日

小林 哲夫

コバヤシ テツオ | KOBAYASHI Tetsuo
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 保存治療系歯学
研究キーワード (5件): 歯周炎 ,  遺伝子多型 ,  関節リウマチ ,  歯周治療 ,  歯周病
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2017 - 2021 新たな歯周炎・リウマチ関連機序の解明-NET誘導性カルバミル化ペプチドの関与-
  • 2014 - 2017 シトルリン化プロファイルによる歯周炎とリウマチの共通発症メカニズムの解明
  • 2016 - 2016 口腔細菌感染による関節リウマチの発症機序の解明
  • 2010 - 2014 ゲノムメチル化プロファイルによる歯周炎とリウマチの共通発症機序の解明
  • 2007 - 2010 歯周炎感受性に関与するFcレセプター遺伝子と情報発現制御メカニズムの解析
全件表示
論文 (64件):
  • The periodontal inflamed surface area is associated with the clinical response to biological disease-modifying antirheumatic drugs in rheumatoid arthritis: A retrospective study. Modern Rheumatology. 2019
  • Effects of tofacitinib on the clinical features of periodontitis in patients with rheumatoid arthritis: two case reports. BMC Rheumatology. 2019. 3. 13
  • Kobayashi T, Kido JI, Ishihara Y, Omori K, Ito S, Matsuura T, Bando T, Wada J, Murasawa A, Nakazono K, Mitani A, Takashiba S, Nagata T, Yoshie H. The KCNQ1 gene polymorphism as a shared genetic risk for rheumatoid arthritis and chronic periodontitis in Japanese adults: A pilot case-control study. Journal of periodontology. 2018. 89. 3. 315-324
  • Kaneko C, Kobayashi T, Ito S, Sugita N, Murasawa A, Nakazono K, Yoshie H. Circulating levels of carbamylated protein and neutrophil extracellular traps are associated with periodontitis severity in patients with rheumatoid arthritis: A pilot case-control study. PloS one. 2018. 13. 2. e0192365
  • Kobayashi T, Ishida K, Yoshie H. Increased expression of interleukin-6 (IL-6) gene transcript in relation to IL-6 promoter hypomethylation in gingival tissue from patients with chronic periodontitis. Archives of oral biology. 2016. 69. 89-94
もっと見る
書籍 (19件):
  • かむこと、のむこと、たべること -咀嚼の科学-
    医歯薬出版 1996
  • 歯周病診断のストラテジー
    医歯薬出版 1999
  • 歯周病のメインテナンス治療
    医歯薬出版 2000
  • 先端医療シリーズ・歯科医学2 歯周病 -新しい治療を求めて-
    先端医療技術研究所 2000
  • 歯周病治療のストラテジー
    医歯薬出版 2002
もっと見る
講演・口頭発表等 (17件):
  • 遺伝子多型と歯周病
    (日本歯周病学会・第1回四国地区臨床研修会 2001)
  • Fcレセプターの遺伝子多型による歯周炎感受性診断
    (第46回秋季日本歯周病学会学術大会 シンポジウム 2003)
  • 歯周炎感受性における免疫グロブリンFc受容体の遺伝子多型と機能の解析
    (第49回春季日本歯周病学会学術大会、日本歯周病学会学術賞記念講演 2006)
  • リウマチと歯周病
    (第34回日本リウマチ・関節外科学会 市民公開講座 2006)
  • 関節リウマチと歯周病
    (第14回新潟リウマチのケア研究会 特別講演 2007)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1981 - 1987 新潟大学歯学部
経歴 (7件):
  • 1989/04 - 2001/03 新潟大学 助手
  • 2001/04 - 2001/10 新潟大学 助手
  • 2001/11 - 2003/09 新潟大学 講師
  • 2003/10 - 2004/11 新潟大学 講師
  • 2004/12 - 2007/03 新潟大学 助教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2015/04 - 現在 日本歯周病学会 教育委員会委員
  • 2002/05 - 現在 日本歯科保存学会 評議員
  • 2002/04 - 現在 日本歯周病学会 評議員
  • 2011/04 - 2015/03 日本歯周病学会 編集委員会委員
受賞 (3件):
  • 2017/06 - 平成29年度日本歯科保存学会学術賞
  • 2008/11 - 第3回日本ラクトフェリン学会フォーラム賞
  • 2005/09 - 第5回日本歯周病学会学術賞
所属学会 (5件):
日本歯科医学教育学会 ,  日本リウマチ学会 ,  国際歯科研究学会日本部会 ,  日本歯科保存学会 ,  日本歯周病学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る