研究者
J-GLOBAL ID:200901089373537054   更新日: 2020年10月23日

松野 健治

マツノ ケンジ | Matsuno Kenji
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.bio.sci.osaka-u.ac.jp/bio_web/lab_page/matsuno/index.html
研究分野 (2件): 細胞生物学 ,  発生生物学
研究キーワード (4件): Notch情報伝達系 ,  左右非対称性の形成 ,  Notch signaling ,  Left-right asymmetric development
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2007 - 2017 動物のからだの左右非対称性
  • 2007 - 2017 Notch情報伝達系
  • 2007 - 2017 Left-right asymmetry of animal body
  • 2007 - 2017 Notch signaling
論文 (94件):
もっと見る
MISC (148件):
もっと見る
書籍 (43件):
  • 遺伝子発現制御機構
    東京化学同人 2017
  • 糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック
    エヌ・ティー・エス 2015
  • Glycoscience: Biology and Medicine
    Springer Japan 2014
  • 分子生物学辞典
    みみずく舎 2013
  • Molecular Insect Science
    Springer US 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (63件):
  • Function of a neurogenic gene pecanex in Notch signaling
    (第5回Notch 研究会 2010)
  • A genome-wide RNAi screen to identify the genes regulating vesicular trafficking of Notch in Drosophila melanogaster
    (第5回Notch 研究会 2010)
  • ヒラマキガイを用いた冠輪動物順遺伝子学モデルの創出の試み
    (第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生科学会大会合同大会 2010)
  • ショウジョウバエ杯消化管の左右非対称性形成に関する第2染色体遺伝子の遺伝的スクリーニングによる網羅的同定
    (第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生科学会大会合同大会 2010)
  • Wnt signal plays essential roles in the left-right asymmetric development of the embryonic gut in Drosophila
    (第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生科学会大会合同大会 2010)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1990 早稲田大学 物理学及び応用物理学
  • - 1990 早稲田大学
  • - 1985 早稲田大学 理学科・生物学専修
  • - 1985 早稲田大学
学位 (1件):
  • 理学博士 (早稲田大学)
経歴 (12件):
  • 2012/04/01 - 現在 大阪大学 理学研究科 生物科学専攻 教授
  • 2012/04 - 現在 大阪大学 大学院理学研究科 教授
  • 2012/02 - 現在 大阪大学大学院理学研究科生物科学専攻・教授
  • 2006/04 - 2012/03 東京理科大学基礎工学部生物工学科・教授
  • 1999/04 - 2006/03 東京理科大学基礎工学部生物工学科・助教授
全件表示
所属学会 (4件):
日本糖質学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本発生生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る