研究者
J-GLOBAL ID:200901089790371525   更新日: 2020年06月02日

中島 民恵子

Nakashima Taeko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 社会福祉学
研究キーワード (1件): 高齢者 認知症ケア 終末期ケア 社会福祉政策 国際比較
論文 (26件):
  • Taeko Nakashima, Yuchi Young, Wan-Hsiang Sue. Do Nursing Home Residents With Dementia Receive Pain Interventions?. American Journal of Alzheimer's Disease & Other Dementias. 2019. 34. 3. 193-198
  • Yuchi Young, Maksim Papenkov, Taeko Nakashima. Who Is Responsible? A Man With Dementia Wanders From Home, Is Hit by a Train, and Dies. Journal of the American Medical Directors Association. 2018. 19. 7. 563-567
  • 澤岡詩野, 渡邉大輔, 中島民恵子, 大上真一. 都市高齢者のボランティア活動継続への意向に関する分析-よこはまシニアボランティアポイント制度登録者における検討. 応用老年学. 2017. 11. 1. 61-70
  • サポートグループリーダーによる認知症家族介護者を支援するサポートグループの継続的実施に向けた一考察~米国アルツハイマー協会ニューヨーク支部の研修を事例に. 社会福祉学第58巻第1号. 2017. 142-152
  • 中島民恵子, 沢村香苗, 山岡淳. 単身要介護高齢者に対するケアマネージャーによる在宅継続支援の実態と課題. 社会保障研究第1巻第1号. 2016. 183-191
もっと見る
書籍 (5件):
  • 最新 介護福祉士養成講座 第13巻 認知症の理解
    中央法規出版 2019
  • 介護保険給付データ分析-自治体による介護行政の推進をめざして
    中央法規出版 2012
  • 大牟田市の挑戦!「認知症の人がその人らしく暮らせるまち」をめざして
    筒井書房 2010
  • 『新・介護福祉士養成講座12 認知症の理解』
    中央法規出版 2010
  • 『介護経営白書2005年版』
    日本医療企画 2005
講演・口頭発表等 (5件):
  • Do nursing home residents with and without dementia receive similar pain intervention for arthritis?
    (GSA 2018 Annual Scientific Meeting, Geronotological Society of America 2018)
  • Review of Japan's Integrated Community Care, Impacts, and Challenges in Supporting Aging in Place
    (21st IAGG World Congress of Gerontology & Geriatrics 2017)
  • Do Nursing Home Residents With Dementia Receive Pain Assessments and Interventions?
    (21st IAGG World Congress of Gerontology & Geriatrics 2017)
  • What Kinds of Group Activities for the Elderly Promote an Interest in More Community Involvement?
    (GSA 2016 Annual Scientific Meeting, Geronotological Society of America 2016)
  • Do advanced Directives Reduce Hospital/ER Transfers Among New York State Nursing Home Residents?
    (GSA 2016 Annual Scientific Meeting, Geronotological Society of America 2016)
学歴 (4件):
  • 2008 - 2008 慶應義塾大学
  • - 2008 慶應義塾大学 政策・メディア研究科
  • - 2004 慶應義塾大学 政策・メディア研究科
  • - 2002 慶應義塾大学 総合政策学部
学位 (1件):
  • 博士(政策・メディア) (慶應義塾大学)
経歴 (7件):
  • 2016/05 - 現在 State University of New York at Albany School of Public Health, Visiting Assistant Professor
  • 2004/04 - 現在 認知症介護研究・研修東京センター 客員研究員
  • 2014/07 - 2018/03 Rutgers University, the State University of New Jersey Department of Economics Adjunct Assistant Professor
  • 2009/04 - 2014/06 一般財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構 主任研究員
  • 2011/09 - 2013/03 淑徳大学総合福祉学部 非常勤講師
全件表示
受賞 (2件):
  • 2011/10 - 日本認知症ケア学会 第12回日本認知症ケア学会大会 石崎賞 重度認知症の人における終末期の医療・介護方針の理想と現実的判断に関する分析
  • 2007/09 - 日本認知症ケア学会 第5回日本認知症ケア学会大会 石崎賞 痴呆性高齢者グループホームのサービス評価結果の活用に関する研究
所属学会 (6件):
日本認知症ケア学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  高齢者虐待防止学会 ,  日本社会福祉学会 ,  日本介護福祉学会 ,  The Gerontological Society of America
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る