研究者
J-GLOBAL ID:200901089814179299   更新日: 2020年08月07日

小野 哲雄

オノ テツオ | Ono Tetsuo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://hci-lab.jp/tono/http://chaosweb.complex.eng.hokudai.ac.jp/~tono/index.html
研究分野 (1件): ヒューマンインタフェース、インタラクション
研究キーワード (5件): 認知科学 ,  情報科学 ,  環境知能 ,  ヒューマンロボットインタラクション (HRI) ,  ヒューマンエージェントインタラクション(HAI)
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2022 “ナッジ”エージェント:人をウェルビーイングへと導くエージェントの基礎的研究
  • 2014 - 2019 認知的インタラクションデザイン学:意思疎通のモデル論的理解と人工物設計への応用
  • 2014 - 2016 複数ロボットの共同注視を用いた注意誘導システムの研究
  • 2010 - 2014 ヒューマンエージェントインタラクションによる環境知能の実現
  • 2005 - 2007 メディア間を移動することにより環境に遍在する認知システムの研究
全件表示
論文 (74件):
  • 巻口 誉宗, 高田 英明, 坂本 大介, 小野 哲雄. 両面透過型多層空中像表示技術の提案と実装. 情報処理学会論文誌デジタルコンテンツ(DCON). 2020. 8. 1. 1-10
  • 小野哲雄. 社会的ロボットの行動設計のための指針:ヒューマンロボットインタラクションの立場から. 日本設計工学会. 2019. 54. 11. 711-716
  • Subaru Ouchi, Kazuki Mizumaru, Daisuke Sakamoto, Tetsuo Ono. Should Speech Dialogue System Use Honorific Expression?. Proceedings of the 7th International Conference on Human-Agent Interaction, HAI 2019, Kyoto, Japan, October 06-10, 2019. 2019. 232-233
  • Lei Ma, Daisuke Sakamoto, Tetsuo Ono. Desired Agent Embodiment in Various Smart House Tasks. Proceedings of the 7th International Conference on Human-Agent Interaction, HAI 2019, Kyoto, Japan, October 06-10, 2019. 2019. 324-326
  • Kenji Suzuki, Sakiko Nishi, Daisuke Sakamoto, Tetsuo Ono. SCAN: Indoor Navigation Interface on a User-Scanned Indoor Map. 21st International Conference on Human-Computer Interaction with Mobile Devices and Services (MobileHCI 2019). 2019
もっと見る
MISC (72件):
  • Daisuke Sakamoto, Takayuki Kanda, Tetsuo Ono, Hiroshi Ishiguro, Norihiro Hagita. Androids as a telecommunication medium with a humanlike presence. Geminoid Studies: Science and Technologies for Humanlike Teleoperated Androids. 2018. 39-56
  • Kohei Ogawa, Christoph Bartneck, Daisuke Sakamoto, Takayuki Kanda, Tetsuo Ono, Hiroshi Ishiguro. Can an android persuade you?. Geminoid Studies: Science and Technologies for Humanlike Teleoperated Androids. 2018. 235-247
  • 松村耕平, 尾形正泰, 小野哲雄, 加藤淳, 阪口紗季, 坂本大介, 杉本雅則, 角康之, 中村裕美, 西田健志, 樋口啓太, 安尾萌, 渡邉拓貴. CHI勉強会2017:ネットワーク連携した勉強会とその支援システム. 情報処理学会研究報告(Web). 2017. 2017. HCI-174. Vol.2017-HCI-174,No.13,1-8 (WEB ONLY)
  • 藍圭介, 木村泰知, 棟方渚, 小野哲雄. ゲーミフィケーションを利用した多人数参加型実世界指向インフォーマルコミュニケーション支援システム. エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2015論文集. 2015. 533-537
  • 代蔵巧, 棟方渚, 小野哲雄, 児玉敬, 御子柴憲彦, 山下昌哉. 映像撮影者の情動体験を記録・共有するための映像撮影システム. 電子情報通信学会技術研究報告. 2013. 113. 185(HCS2013 32-49). 73-77
もっと見る
書籍 (5件):
  • マインドインタラクション:AI学者が考える≪ココロ≫のエージェント
    近代科学社 2019
  • 人工知能学大事典
    共立出版 2017
  • ロボット情報学ハンドブック
    ナノオプトニクスエナジー 2010
  • 人とロボットの<間>をデザインする
    2007
  • ロボット工学ハンドブック
    コロナ社 2005
学歴 (1件):
  • 1994 - 1997 北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士後期課程 修了
学位 (1件):
  • 博士 (情報科学) (北陸先端科学技術大学院大学)
委員歴 (15件):
  • 2013 - 2020 認知科学会 常任運営委員
  • 2017 - 2019 電子情報通信学会 クラウドネットワークロボット研究専門委員会 委員長
  • 2014 - 2018 ヒューマンインタフェース学会 理事
  • 2007 - 2018 情報処理学会 代表会員
  • 2018 - 認知科学会 論文誌編集委員
全件表示
受賞 (24件):
  • 2019/10 - 21st International Conference on Human-Computer Interaction with Mobile Devices and Services (MobileHCI '19), Best Demo Award, SCAN: Indoor Navigation Interface on a User-Scanned Indoor Map
  • 2019/03 - The 14th Annual ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction (HRI 2019), Best Paper Nominee, Stop doing it! Approaching Strategy for a Robot to Admonish Pedestrians
  • 2018/12 - 情報処理学会 特選論文 複数ロボットの発話の重なりによって創発する空間の知覚
  • 2017/12 - HAIシンポジウム2017 Outstanding Research Award 複数ロボットの発話の重なりによって創発する空間の知覚
  • 2017/12 - HAIシンポジウム2017 Impressive Poster Award ぬいぐるみロボットを用いた休憩タイミング提示システムの提案
全件表示
所属学会 (5件):
電子情報通信学会 ,  ACM ,  人工知能学会 ,  日本認知科学会 ,  情報処理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る