研究者
J-GLOBAL ID:200901089864106101   更新日: 2021年02月04日

浜崎 浩子

ハマザキ ヒロコ | HAMAZAKI Hiroko
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): https://www.clas.kitasato-u.ac.jp/bio/personal/hamazaki/index19a.html
研究分野 (2件): 神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (2件): 神経科学一般 ,  Neuroscience
論文 (50件):
もっと見る
MISC (26件):
  • 白石純一, 眞船詩織, 横山貴一, 浜崎浩子, 太田能之. 脳キメラ鶏の胚発達期における器官重量に関する検討. Annual Meeting of Japanese Avian Endocrinology 42th. 2018. 22
  • 白石純一, 友永省三, 浜崎浩子, 太田能之. 脳キメラ鶏における血漿メタボローム解析. 日本家禽学会誌. 2018. 55. (22)
  • 加藤智美, 白石純一, 前川文彦, 浜崎浩子. 遺伝的・内分泌制御の相互作用によりニワトリ初期脳に生み出される性差の探索. 日本比較内分泌学会大会及びシンポジウムプログラム・講演要旨. 2017. 42nd. 47
  • 加藤智美, 白石純一, 浜崎浩子. 遺伝的制御により形成されるニワトリ脳の性的二型の探索. 日本比較内分泌学会大会及びシンポジウムプログラム・講演要旨. 2016. 41st. 64
  • 白石純一, 三上拓海, 友永省三, 浜崎浩子, 太田能之. 脳原基移植操作が「もみじ」と「チャンキー」の器官重量に及ぼす影響. 日本家禽学会誌大会号. 2015. 52. 21
もっと見る
書籍 (6件):
  • 鳥類の性行動とホルモン
    裳華房 2016
  • Neuromedin B
    Academic Press, Elsevier 2015
  • Bombesin-Like Peptide Family
    Academic Press, Elsevier 2015
  • Approaches to the visualization of neural pathways in chick imprinting
    Nova Science Publishers 2008
  • Development of the immune system and self/non-self recognition studied in the avian embryo.
    The avian model in developmental biology : from organism to genes 1990
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1986 - 1989 パリ第13大学大学院 発生生物学
  • 1982 - 1988 上智大学大学院 生物科学
  • 1978 - 1982 早稲田大学 理学科 生物学専修
学位 (2件):
  • 理学博士 (上智大学)
  • 博士(発生生物学) (パリ第13大学)
経歴 (7件):
  • 2009/04 - 現在 北里大学 一般教育部 及び 医療系研究科 教授
  • 2007/04 - 2009/03 東京医科歯科大学 難治疾患研究所 分子神経科学 准教授
  • 1998/11 - 2007/03 東京医科歯科大学 難治疾患研究所 分子神経科学 助教授
  • 1997/04 - 1998/10 東京都精神医学総合研究所 常勤流動研究員
  • 1993/04 - 1997/03 国立精神神経センター 非常勤研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2000 - 守田科学研究奨励賞
所属学会 (5件):
日本比較内分泌学会 ,  日仏生物学会 ,  日本神経科学学会 ,  米国ニューロサイエンス学会(Society for Neuroscience) ,  日本発生生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る