研究者
J-GLOBAL ID:200901090217075456   更新日: 2020年06月07日

長谷川 和志

ハセガワ カズユキ | KAZUYUKI HASEGAWA
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.ed.kanazawa-u.ac.jp/~kazuhase/
研究分野 (1件): 幾何学
研究キーワード (1件): 部分多様体論、幾何学的変分問題
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2015 - 2018 ツイスタープログラムに基づく四元数ケーラー多様体内の部分多様体の研究
  • 2011 - 2014 四元数ケーラー多様体内の部分多様体のツイスターリフトと四元数複素微分幾何学
  • 2008 - 2011 4次元リーマン多様体内の曲面のツイスターリフトを用いた研究
論文 (14件):
  • 長谷川和志. 四元数多様体への包含的はめこみとその不変量. 研究集会「部分多様体幾何とリー群作用2016」報告集. 2017. 100-107
  • 長谷川和志. ツイスター正則なアファイン曲面と射影不変量. 研究集会「部分多様体幾何とリー群作用2015」報告集. 2015. 49-56
  • K. Hasegawa. Twistor holomorphic affine surfaces and projective invariants. SUT J. Math. 2015. 50. 2. 325-341
  • ツイスターリフトが調和切断となる自己双対アインシュタイン多様体内の種数0 の曲面について. 研究集会「部分多様体幾何とリー群作用2012」報告集. 2012
  • A Lorentzian surface in a four-dimensional manifold of neutral signature and its reflector lift. Journal of Geometry and Symmetry in Physics. 2012. 26. 71-83
もっと見る
講演・口頭発表等 (23件):
  • 四元数多様体への包含的はめこみとその不変量
    (部分多様体の幾何学とその発展 2017)
  • A quaternionic Willmore immersion
    (日本数学会秋季総合分科会幾何学分科会 2016)
  • A quaternionic invariant for an inclusive immersion
    (日本数学会秋季総合分科会幾何学分科会 2016)
  • An inclusive immersion in a quaternionic manifold and its invariants
    (Quaternion differential geometry and related topics 2016)
  • 四元数多様体への包含的はめこみとその不変量
    (部分多様体幾何とリー群作用2016 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 東京理科大学 理学部
  • 東京理科大学 理学研究科
学位 (1件):
  • 博士(理学)
経歴 (4件):
  • 2009/04/01 - 金沢大学人間社会研究域
  • 2007/04/01 - 2009/03/31 東京理科大学理学部 助教
  • 2002/04/01 - 2009/03/31 武蔵工業大学工学部 非常勤講師
  • 2002/04/01 - 2007/03/31 東京理科大学理学部 助手
所属学会 (1件):
日本数学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る